聖典
詩篇139
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第139篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってうたわせたダビデのうた

1 しゅよ、あなたはわたしをさぐり、わたしをりつくされました。

2 あなたはわがすわるをも、つをもり、とおくからわがおもいをわきまえられます。

3 あなたはわがあゆむをも、すをもさぐし、わがもろもろのみちをことごとくっておられます。

4 わたしのした一言いちごんもないのに、しゅよ、あなたはことごとくそれをられます。

5 あなたはうしろから、まえからわたしをかこみ、わたしのうえにみをおかれます。

6 このような知識ちしきはあまりに不思議ふしぎで、わたしにはおもいもおよびません。これはたかくてたっすることはできません。

7 わたしはどこへって、あなたのみたまをはなれましょうか。わたしはどこへって、あなたのみまえをのがれましょうか。

8 わたしがてんにのぼっても、あなたはそこにおられます。わたしが陰府よみとこもうけても、あなたはそこにおられます。

9 わたしがあけぼののつばさをかってうみのはてにんでも、

10 あなたのみはそのところでわたしをみちびき、あなたのみぎのみはわたしをささえられます。

11 「やみはわたしをおおい、わたしをかこひかりよるとなれ」とわたしがっても、

12 あなたには、やみもくらくはなく、よるひるのようにかがやきます。あなたには、やみもひかりことなることはありません。

13 あなたはわが内臓ないぞうをつくり、わがはは胎内たいないでわたしをてられました。

14 わたしはあなたをほめたたえます。あなたはおそれるべく、くすしきかただからです。あなたのみわざはくすしく、あなたはもっともよくわたしをっておられます。

15 わたしがかくれたところつくられ、ふかところでつづりあわされたとき、わたしのほねはあなたにかくれることがなかった。

16 あなたのは、まだできあがらないわたしのからだをられた。わたしのためにつくられたわがよわいののまだ一にちもなかったとき、そのはことごとくあなたのしょにしるされた。

17 かみよ、あなたのもろもろのみおもいは、なんとわたしにたっといことでしょう。その全体ぜんたいはなんと広大こうだいなことでしょう。

18 わたしがこれをかぞえようとすれば、そのかずすなよりもおおい。わたしがざめるとき、わたしはなおあなたとともにいます。

19 かみよ、どうかしきものころしてください。ながものをわたしからはならせてください。

20 かれらは敵意てきいをもってあなたをあなどり、あなたにさからってたかぶり、あくおこな人々ひとびとです。

21 しゅよ、わたしはあなたをにくものにくみ、あなたにさからっておこものをいとうではありませんか。

22 わたしはまったかれらをにくみ、かれらをわたしのてきおもいます。

23 かみよ、どうか、わたしをさぐって、わがこころり、わたしをこころみて、わがもろもろのおもいをってください。

24 わたしにしきみちのあるかないかをて、わたしをとこしえのみちみちびいてください。