聖典
詩篇3
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第3篇

ダビデがそのアブサロムをけてのがれたときのうた

1 しゅよ、わたしにてきするもののいかにおおいことでしょう。わたしにさからってものおおく、

2 かれにはかみたすけがない」と、わたしについてものおおいのです。〔セラ

3 しかししゅよ、あなたはわたしをかこたて、わがさかえ、わたしのあたまを、もたげてくださるかたです。

4 わたしがこえをあげてしゅばわると、しゅせいなるやまからわたしにこたえられる。〔セラ

5 わたしはふしてねむり、またをさます。しゅがわたしをささえられるからだ。

6 わたしをかこんでかまえるちよろずのたみをもわたしはおそれない。

7 しゅよ、おちください。わがかみよ、わたしをおすくいください。あなたはわたしのすべてのてきのほおをち、しきものられるのです。

8 すくいしゅのものです。どうかあなたの祝福しゅくふくがあなたのたみうえにありますように。〔セラ