聖典
詩篇111
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第111篇

1 しゅをほめたたえよ。わたしはただしいもののつどい、および公会こうかいで、こころをつくしてしゅ感謝かんしゃする。

2 しゅのみわざは偉大いだいである。すべてそのみわざをよろこものによってたずきわめられる。

3 そのみわざは栄光えいこう威厳いげんとにち、そのはとこしえに、うせることがない。

4 しゅはそのくすしきみわざを記念きねんさせられた。しゅめぐみふかく、あわれみにちていられる。

5 しゅはおのれをおそれるもの食物しょくもつあたえ、その契約けいやくをとこしえにこころにとめられる。

6 しゅはもろもろの国民くにたみ所領しょりょうをそのたみあたえて、みわざのちからをこれにあらわされた。

7 そのみのわざは真実しんじつかつ公正こうせいであり、すべてのさとしはたしかである。

8 これらは世々よよかぎりなくかたち、真実しんじつ正直しょうじきとをもってなされた。

9 しゅはそのたみにあがないをほどこし、その契約けいやくをとこしえにてられた。そのみせいにして、おそれおおい。

10 しゅおそれることは知恵ちえのはじめである。これをおこなものはみなさとりをる。しゅほまれは、とこしえに、うせることはない。