聖典
申命記33
戻る 次へ

第33章

1 かみひとモーセはまえにイスラエルの人々ひとびと祝福しゅくふくした。祝福しゅくふく言葉ことばつぎのとおりである。

2 しゅはシナイからこられ、セイルからわれわれにむかってのぼられ、パランのやまからひかりはなたれ、ちよろずの聖者せいじゃなかからこられた。そのみぎにはえるがあった。

3 まことにしゅはそのたみあいされる。すべてしゅ聖別せいべつされたものは、みのうちにある。かれらはあなたのあしもとにして、おしえをうける。

4 モーセはわれわれに律法りっぽうさづけて、ヤコブの会衆かいしゅう所有しょゆうとさせた。

5 たみのかしらたちがあつまり、イスラエルの部族ぶぞくがみなあつまったときしゅはエシュルンのうちにおうとなられた」。

6 「ルベンはきる、にはしない。しかし、その人数にんずうすくなくなるであろう」。

7 ユダについては、こうった、「しゅよ、ユダのこえいて、かれをそのたみみちびきかえしてください。みをもって、かれのためにたたかってください。かれたすけて、てきあたらせてください」。

8 レビについてはった、「あなたのトンミムをレビにあたえてください。ウリムをあなたにつかえるひとあたえてください。かつてあなたはマッサでかれこころみ、メリバのみずのほとりでかれあらそわれた。

9 かれはそのちち、そのははについてった、『わたしはかれらをかえりみない』。かれ自分じぶん兄弟きょうだいをもみとめず、自分じぶん子供こどもをもかえりみなかった。かれらはあなたの言葉ことばにしたがい、あなたの契約けいやくまもったからである。

10 かれらはあなたのおきてをヤコブにおしえ、あなたの律法りっぽうをイスラエルにおしえ、薫香くんこうをあなたのまえそなえ、燔祭はんさい祭壇さいだんうえにささげる。

11 しゅよ、かれちから祝福しゅくふくし、かれのわざをよろこけてください。かれさからうものと、かれにくものとのこしくだいて、がることのできないようにしてください」。

12 ベニヤミンについてはった、「しゅあいされるものかれやすらかにしゅのそばにおり、しゅ終日しゅうじつかれまもり、そのかたあいだにすまいをいとなまれるであろう」。

13 ヨセフについてはった、「どうぞしゅかれ祝福しゅくふくされるように。うえなるてん賜物たまものつゆしたよこたわるふち賜物たまもの

14 によってさんするたっと賜物たまものつきによってしょうずるたっと賜物たまもの

15 いにしえの山々やまやまさんする賜物たまもの、とこしえのおかたっと賜物たまもの

16 とそれにちるたっと賜物たまもの、しばのなかにおられたものめぐみが、ヨセフのあたまのぞみ、その兄弟きょうだいたちのくんたるものあたまいただきにくだるように。

17 かれうしのういごは威厳いげんがあり、そのつの野牛やぎゅうつののよう、これをもって国々くにぐにたみをことごとくたおし、のはてにまでおよぶ。このようなものはエフライムにいくまんとあり、またこのようなものはマナセにいくせんとある」。

18 ゼブルンについてはった、「ゼブルンよ、あなたはそとたのしみをよ。イッサカルよ、あなたは天幕てんまくにいてたのしみをよ。

19 かれらは国々くにぐにたみやままねき、そのところただしい犠牲ぎせいをささげるであろう。かれらはうみとみい、すなかくれたたからるからである」。

20 ガドについてはった、「ガドをおおきくするものは、ほむべきかな。ガドは、ししのようにし、うであたまいただきをかきくであろう。

21 かれ初穂はつほ自分じぶんのためにえらんだ。そこには将軍しょうぐんぶんかれていた。かれたみのかしらたちとともにきて、イスラエルとともしゅ正義せいぎ審判しんぱんとをおこなった」。

22 ダンについてはった、「ダンはししのであって、バシャンからおどりでる」。

23 ナフタリについてはった、「ナフタリよ、あなたはめぐみにたされ、しゅ祝福しゅくふくちて、みずうみとそのみなみ所有しょゆうする」。

24 アセルについてはった、「アセルはらにまさって祝福しゅくふくされる。かれはその兄弟きょうだいたちにあいせられ、そのあしあぶらにひたすことができるように。

25 あなたのかんてつ青銅せいどう、あなたのちからはあなたのとしともつづくであろう」。

26 「エシュルンよ、かみならものはほかにない。あなたをたすけるためにてんり、威光いこうをもってそらとおられる。

27 とこしえにいますかみはあなたのすみかであり、したには永遠えいえんうでがある。てきをあなたのまえからはらって、『ほろぼせ』とわれた。

28 イスラエルはやすらかにみ、ヤコブのいずみ穀物こくもつとぶどうしゅに、ひとりいるであろう。またてんつゆをくだすであろう。

29 イスラエルよ、あなたはしあわせである。だれがあなたのように、しゅすくわれたたみがあるであろうか。しゅはあなたをたすけるたて、あなたの威光いこうのつるぎ、あなたのてきはあなたにへつらいふくし、あなたはかれらのたかところすすむであろう」。