申命記29
戻る 次へ

第29章

1 これはしゅがモーセにめいじて、モアブのでイスラエルの人々ひとびとむすばせられた契約けいやく言葉ことばであって、ホレブでかれらとむすばれた契約けいやくのほかのものである。

2 モーセはイスラエルのすべてのひとあつめてった、「あなたがたはしゅがエジプトので、パロと、そのすべての家来けらいと、そのぜんとにせられたすべてのことをまのあたりた。

3 すなわちそのおおきなこころみと、しるしと、おおきな不思議ふしぎとをまのあたりたのである。

4 しかし、今日こんにちまでしゅはあなたがたのこころさとらせず、させず、みみかせられなかった。

5 わたしは四十ねんあいだ、あなたがたをみちびいて荒野あらのとおらせたが、あなたがたのにつけた着物きものふるびず、あしのくつはふるびなかった。

6 あなたがたはまたパンもべず、ぶどうしゅさけまなかった。こうしてあなたがたは、わたしがあなたがたのかみしゅであることをるにいたった。

7 あなたがたがこのところにきたとき、ヘシボンのおうシホンと、バシャンのおうオグがわれわれをむかえてたたかったが、われわれはかれらをやぶって、

8 そのり、これをルベンびとと、ガドびとと、マナセびとのなかばとに、ぎょうとしてあたえた。

9 それゆえ、あなたがたはこの契約けいやく言葉ことばまもって、それをおこなわなければならない。そうすればあなたがたのするすべてのことさかえるであろう。

10 あなたがたはみな、きょう、あなたがたのかみしゅまえっている。すなわちあなたがたの部族ぶぞくのかしらたち、長老ちょうろうたち、つかさたちなど、イスラエルのすべての人々ひとびと

11 あなたがたのちいさいものたちも、つまたちも、宿営しゅくえいのうちに寄留きりゅうしている他国たこくじんも、あなたのために、たきぎをものも、みずをくむものも、みなしゅまえって、

12 あなたのかみしゅが、きょう、あなたとむすばれるあなたのかみしゅ契約けいやくちかいとに、はいろうとしている。

13 これはしゅがさきにあなたに約束やくそくされたように、またあなたの先祖せんぞアブラハム、イサク、ヤコブにちかわれたように、きょう、あなたをてて自分じぶんたみとし、またみずからあなたのかみとなられるためである。

14 わたしはただあなたがたとだけ、この契約けいやくちかいとをむすぶのではない。

15 きょう、ここで、われわれのかみしゅまえにわれわれとともっているものならびに、きょう、ここにわれわれとともにいないものともむすぶのである。

16 われわれがどのようにエジプトのくにんでいたか、どのように国々くにぐにたみなかとおってきたか、それはあなたがたがっている。

17 またあなたがたはいしぎんきんつくったにくむべきもの偶像ぐうぞうとが、かれらのうちにあるのをた。

18 それゆえ、あなたがたのうちに、きょう、そのこころにわれわれのかみしゅはなれてそれらの国民こくみん神々かみがみってつかえるおとこおんな氏族しぞく部族ぶぞくがあってはならない。またあなたがたのうちに、毒草どくそうや、にがよもぎをしょうずるがあってはならない。

19 そのようなひとはこのちかいの言葉ことばいても、こころ自分じぶん祝福しゅくふくして『こころをかたくなにしてあゆんでもわたしには平安へいあんがある』とうであろう。そうすればうるおったものも、かわいたものもひとしくほろびるであろう。

20 しゅはそのようなひとをゆるすことをこのまれない。かえってしゅはそのひといかりとねたみをはっし、この書物しょもつにしるされたすべてののろいをかれうえくわえ、しゅはついにそのひとてんしたからられるであろう。

21 しゅはイスラエルのすべての部族ぶぞくのうちからそのひとべっしてわざわいをくだし、この律法りっぽうしょにしるされた契約けいやくなかのもろもろののろいのようにされるであろう。

22 のちひと、すなわちあなたがたののちにおこるあなたがたの子孫しそんおよびとおくにから外国がいこくじんは、このわざわいしゅがこのにくだされた病気びょうきうであろう。

23 ——ぜん硫黄いおうとなり、しおとなり、つちとなって、たねもまかれず、むすばず、なんのくさしょうじなくなって、むかししゅいかりといきどおりをもってほろぼされたソドム、ゴモラ、アデマ、ゼボイムの破滅はめつのようである。——

24 すなわち、もろもろの国民こくみんうであろう、『なぜ、しゅはこのにこのようなことをされたのか。このはげしいおおいなるいかりはなにゆえか』。

25 そのとき人々ひとびとうであろう、『かれらはその先祖せんぞかみしゅがエジプトのくにからかれらをみちびしてかれらとむすばれた契約けいやくをすて、

26 ってかれらのらない、またさずからない、ほかの神々かみがみつかえて、それをおがんだからである。

27 それゆえしゅはこのにむかっていかりをはっし、この書物しょもつにしるされたもろもろののろいをこれにくだし、

28 そしてしゅいかりと、はげしいいかりとおおいなるいきどおりとをもってかれらをこのからって、ほかのくにげやられた。今日こんにちるとおりである』。

29 かくれたことはわれわれのかみしゅぞくするものである。しかしあらわされたことはながくわれわれとわれわれの子孫しそんぞくし、われわれにこの律法りっぽうのすべての言葉ことばおこなわせるのである。