聖典
申命記15
戻る 次へ

第15章

1 あなたは七ねんおわりごとに、ゆるしをおこなわなければならない。

2 そのゆるしのしかたはつぎのとおりである。すべてその隣人りんじんした貸主かしぬしはそれをゆるさなければならない。その隣人りんじんまたは兄弟きょうだいにそれを督促とくそくしてはならない。しゅのゆるしが、ふれしめされたからである。

3 外国がいこくじんにはそれを督促とくそくすることができるが、あなたの兄弟きょうだいしたものはゆるさなければならない。

4 しかしあなたがたのうちにまずしいものはなくなるであろう。(あなたのかみしゅぎょうとしてあたえられるで、あなたを祝福しゅくふくされるからである。)

5 ただ、あなたのかみしゅ言葉ことばしたがって、わたしが、きょう、あなたにめいじることのいましめを、ことごとくまもおこなうとき、そのようになるであろう。

6 あなたのかみしゅ約束やくそくされたようにあなたを祝福しゅくふくされるから、あなたはおおくのくにびとにすようになり、りることはないであろう。またあなたはおおくのくにびとをおさめるようになり、かれらがあなたをおさめることはないであろう。

7 あなたのかみしゅたまわるで、もしあなたの兄弟きょうだいまずしいものがひとりでも、まちうちにおるならば、そのまずしい兄弟きょうだいにむかって、こころをかたくなにしてはならない。またじてはならない。

8 かならかれひらいて、その必要ひつようとするものあたえ、とぼしいのをおぎなわなければならない。

9 あなたはこころ邪念じゃねんおこし、『だいねんのゆるしのとしちかづいた』とって、まずしい兄弟きょうだいたいし、ものしんで、なにあたえないことのないようにつつしまなければならない。そのひとがあなたをしゅうったえるならば、あなたはつみるであろう。

10 あなたはこころからかれあたえなければならない。かれあたえるときしんではならない。あなたのかみしゅはこのことのために、あなたをすべての事業じぎょうと、のすべてのはたらきにおいて祝福しゅくふくされるからである。

11 まずしいものはいつまでもくにのうちにえることがないから、わたしはめいじてう、『あなたはかならくにのうちにいるあなたの兄弟きょうだいとぼしいものと、まずしいものとに、ひらかなければならない』。

12 もしあなたの兄弟きょうだいであるヘブルのおとこ、またはヘブルのおんなが、あなたのところにられてきて、六ねんつかえたならば、だいねんにはかれ自由じゆうあたえてらせなければならない。

13 かれ自由じゆうあたえてらせるときは、かららせてはならない。

14 れと、と、さかぶねのうちからって、しみなくかれあたえなければならない。すなわちあなたのかみしゅがあなたをめぐまれたように、かれあたえなければならない。

15 あなたはかつてエジプトのくに奴隷どれいであったが、あなたのかみしゅがあなたをあがないされたこと記憶きおくしなければならない。このゆえにわたしは、きょう、このことめいじる。

16 しかしそのひとがあなたと、あなたの家族かぞくあいし、あなたと一緒いっしょにいることをのぞみ、『わたしはあなたをはなれてりたくありません』とうならば、

17 あなたは、きりをってかれみみさなければならない。そうすれば、かれはいつまでもあなたの奴隷どれいとなるであろう。おんな奴隷どれいにもそうしなければならない。

18 かれ自由じゆうあたえてらせるときには、こころよらせなければならない。かれが六年間ねんかん賃銀ちんぎん雇人やといにんの二ばいあなたにつかえてはたらいたからである。あなたがそうするならば、あなたのかみしゅはあなたがおこなうすべてのことにあなたを祝福しゅくふくされるであろう。

19 うしひつじおすのういごはみなあなたのかみしゅ聖別せいべつしなければならない。うしのういごをもちいてなんの仕事しごとをもしてはならない。またひつじのういごのってはならない。

20 あなたのかみしゅえらばれるところで、しゅまえにあなたは家族かぞくともとしごとにそれをべなければならない。

21 しかし、そのけものがもしきずのあるもの、すなわちあしなえまたは、めくらなど、すべてわるきずのあるものであるときは、あなたのかみしゅにそれを犠牲ぎせいとしてささげてはならない。

22 まちうちでそれをべなければならない。けがれたひとも、きよひとも、かもしかや、じかと同様どうようにそれをべることができる。

23 ただし、そのべてはならない。みずのようにそれをにそそがなければならない。