聖典
申命記12
戻る 次へ

第12章

1 これはあなたの先祖せんぞたちのかみしゅ所有しょゆうとしてたまわるで、あなたがたがきながらえているあいだまもおこなわなければならないさだめと、おきてである。

2 あなたがたのはら国々くにぐにたみが、その神々かみがみつかえたところは、たかやまにあるものも、おかにあるものも、あおしたにあるものも、ことごとくこわし、

3 その祭壇さいだんをこぼち、はしらくだき、アシラぞうき、またきざんだ神々かみがみぞうたおして、そのをそのところかららなければならない。

4 ただし、あなたがたのかみしゅにはそのようにしてはならない。

5 あなたがたのかみしゅがそのくために、あなたがたの全部ぜんぶぞくのうちからえらばれる場所ばしょ、すなわちしゅのすまいをたずもとめて、そこにき、

6 あなたがたの燔祭はんさいと、犠牲ぎせいと、十ぶんの一と、ささげものと、誓願せいがんそなものと、自発じはつそなものおよびうしひつじのういごをそこにたずさえてって、

7 そこであなたがたのかみしゅまえべ、あなたがたも、家族かぞくみなろうしてるすべてのものよろこたのしまなければならない。これはあなたのかみしゅめぐみによってるものだからである。

8 そこでは、われわれがきょうここでしているように、めいめいでただしいとおもうようにふるまってはならない。

9 あなたがたはまだ、あなたがたのかみしゅからたまわる安息あんそくぎょうに、はいっていないのである。

10 しかし、あなたがたがヨルダンをわたり、あなたがたのかみしゅぎょうとしてたまわるむようになり、さらにしゅがあなたがたの周囲しゅういてきをことごとくのぞいて、安息あんそくあたえ、あなたがたがやすらかにむようになるとき

11 あなたがたのかみしゅはそのくために、一つの場所ばしょえらばれるであろう。あなたがたはそこにわたしのめいじるものをすべてたずさえてかなければならない。すなわち、あなたがたの燔祭はんさいと、犠牲ぎせいと、十ぶんの一と、ささげものおよびあなたがたがしゅちかったすべての誓願せいがんそなものとをたずさえてかなければならない。

12 そしてあなたがたのむすこ、むすめ、しもべ、はしためとともにあなたがたのかみしゅまえよろこたのしまなければならない。またまちうちにおるレビびととも、そうしなければならない。かれはあなたがたのうちにまえがなく、ぎょうたないからである。

13 つつしんで、すべてあなたがよいとおも場所ばしょで、みだりに燔祭はんさいをささげないようにしなければならない。

14 ただあなたの部族ぶぞくの一つのうちに、しゅえらばれるその場所ばしょで、燔祭はんさいをささげ、またわたしがめいじるすべてのことをしなければならない。

15 しかし、あなたのかみしゅたまわるめぐみにしたがって、すべてこころこのけものを、どのまちででもころして、そのにくべることができる。すなわち、かもしかやじかのにく同様どうようにそれを、けがれたひとも、きよひとも、べることができる。

16 ただし、そのべてはならない。みずのようにそれをそそがなければならない。

17 あなたの穀物こくもつと、ぶどうしゅと、あぶらとの十ぶんの一およびうしひつじのういご、ならびにあなたがてる誓願せいがんそなものと、自発じはつそなものおよびささげものは、まちうちべることはできない。

18 あなたのかみしゅえらばれる場所ばしょで、あなたのかみしゅまえでそれをべなければならない。すなわちあなたのむすこ、むすめ、しもべ、はしため、およびまちうちにおるレビびととともにそれをべ、ろうしてるすべてのものを、あなたのかみしゅまえよろこたのしまなければならない。

19 つつしんで、あなたがきながらえているあいだ、レビびとをてないようにしなければならない。

20 あなたのかみしゅ約束やくそくされたように、あなたの領域りょういきひろくされるとき、あなたはにくべたいとねがって、『わたしはにくべよう』とうであろう。そのとき、あなたはほしいだけにくべることができる。

21 もしあなたのかみしゅがそのくためにえらばれる場所ばしょが、とおはなれているならば、わたしがめいじるように、しゅたまわるうしひつじをほふり、もんうちで、ほしいだけべることができる。

22 かもしかや、じかをべるように、それをべることができる。すなわちけがれたひとも、きよひと一様いちようにそれをべることができる。

23 ただかたつつしんで、そのべないようにしなければならない。いのちだからである。そのいのちにく一緒いっしょべてはならない。

24 あなたはそれをべてはならない。みずのようにそれをそそがなければならない。

25 あなたはそれをべてはならない。こうして、しゅただしいとられることおこなうならば、あなたにものち子孫しそんにも、さいわいがあるであろう。

26 ただあなたのささげるせいなるものと、誓願せいがんものとは、しゅえらばれる場所ばしょたずさえてかなければならない。

27 そして燔祭はんさいをささげるときは、にくとをあなたのかみしゅ祭壇さいだんうえにささげなければならない。犠牲ぎせいをささげるときは、をあなたのかみしゅ祭壇さいだんにそそぎかけ、にくはみずからべることができる。

28 あなたはわたしがめいじるこれらのことを、ことごとくいてまもらなければならない。こうしてあなたのかみしゅいとし、ただしいとされることおこなうならば、あなたにものち子孫しそんにも、ながくさいわいがあるであろう。

29 あなたのかみしゅが、あなたのってはらおうとする国々くにぐにたみを、あなたのまえからほろぼされ、あなたがついにその国々くにぐにて、そのむようになるとき

30 あなたはみずからつつしみ、かれらがあなたのまえからほろぼされたのちかれらにならって、わなにかかってはならない。またかれらの神々かみがみたずもとめて、『これらの国々くにぐにたみはどのようにその神々かみがみつかえたのか、わたしもそのようにしよう』とってはならない。

31 あなたのかみしゅたいしては、そのようにしてはならない。かれらはしゅにくまれるもろもろのむべきことを、その神々かみがみにむかっておこない、むすこ、むすめをさえいて、神々かみがみにささげたからである。

32 あなたがたはわたしがめいじるこのすべてのことまもっておこなわなければならない。これにつけくわえてはならない。またらしてはならない。