聖典
申命記14
戻る 次へ

第14章

1 あなたがたはあなたがたのかみしゅ子供こどもである。んだひとのために自分じぶんきずをつけてはならない。またひたいかみをそってはならない。

2 あなたはあなたのかみしゅせいなるたみだからである。しゅのおもてのすべてのたみのうちからあなたをえらんで、自分じぶんたからたみとされた。

3 むべきものは、どんなものでもべてはならない。

4 あなたがたのべることができるけものつぎのとおりである。すなわちうしひつじ、やぎ、

5 じか、かもしか、こじか、やぎ、くじか、おおじか、野羊やぎなど、

6 けもののうち、すべて、ひずめのわかれたもの、ひずめが二つにれたもので、反芻はんすうするものはべることができる。

7 ただし、反芻はんすうするものと、ひずめのわかれたもののうち、つぎのものはべてはならない。すなわち、らくだ、うさぎ、およびいわだぬき、これらは反芻はんすうするけれども、ひずめがわかれていないからけがれたものである。

8 またぶた、これは、ひずめがわかれているけれども、反芻はんすうしないから、けがれたものである。そのにくべてはならない。またその死体したいれてはならない。

9 みずなかにいるすべてのもののうち、つぎのものはべることができる。すなわち、すべて、ひれと、うろこのあるものは、べることができる。

10 すべて、ひれと、うろこのないものは、べてはならない。これはけがれたものである。

11 すべてきよとりべることができる。

12 ただし、つぎのものはべてはならない。すなわち、はげわし、ひげはげわし、みさご、

13 くろとび、はやぶさ、とびのるい

14 各種かくしゅのからすのるい

15 だちょう、よるたか、かもめ、たかのるい

16 ふくろう、みみずく、むらさきばん、

17 ペリカン、はげたか、う、

18 こうのとり、さぎのるい。やつがしら、こうもり。

19 またすべてはねがあってうものはけがれたものである。それをべてはならない。

20 すべてつばさのあるきよいものはべることができる。

21 すべて自然しぜんんだものはべてはならない。まちうちにおる寄留きりゅう他国たこくじんに、それをあたえてべさせることができる。またそれを外国がいこくじんってもよい。あなたはあなたのかみしゅせいなるたみだからである。やぎをそのははちちてはならない。

22 あなたは毎年まいとしはたけたねをまいてるすべての産物さんぶつの十ぶんの一をかならけなければならない。

23 そしてあなたのかみしゅまえ、すなわちしゅがそのくためにえらばれる場所ばしょで、穀物こくもつと、ぶどうしゅと、あぶらとの十ぶんの一と、うしひつじのういごをべ、こうしてつねにあなたのかみしゅおそれることをまなばなければならない。

24 ただし、そのみちがあまりにとおく、あなたのかみしゅがそのくためにえらばれる場所ばしょが、非常ひじょうとおはなれていて、あなたのかみしゅがあなたをめぐまれるとき、それをたずさえてくことができないならば、

25 あなたはそのものかねえ、そのかねつつんでり、あなたのかみしゅえらばれる場所ばしょき、

26 そのかねをすべてあなたのこのものえなければならない。すなわちうしひつじ、ぶどうしゅさけなど、すべてあなたのほっするものえ、そのところであなたのかみしゅまえでそれをべ、家族かぞくともたのしまなければならない。

27 まちうちにおるレビびとをててはならない。かれはあなたがたのうちにぶんがなく、ぎょうたないものだからである。

28 ねんおわりごとに、そのとし産物さんぶつの十ぶんの一を、ことごとくして、まちうちにたくわえ、

29 あなたがたのうちにまえがなく、ぎょうたないレビびと、およびまちうちにおる寄留きりゅう他国たこくじんと、孤児こじと、寡婦かふんで、それをべさせ、満足まんぞくさせなければならない。そうすれば、あなたのかみしゅはあなたがおこなうすべてのことにあなたを祝福しゅくふくされるであろう。