聖典
申命記5
戻る 次へ

第5章

1 さてモーセはイスラエルのすべてのひとせてった、「イスラエルよ、きょう、わたしがあなたがたのみみかたさだめと、おきてをき、これをまなび、これをまもっておこなえ。

2 われわれのかみしゅはホレブで、われわれと契約けいやくむすばれた。

3 しゅはこの契約けいやくをわれわれの先祖せんぞたちとはむすばず、きょう、ここにきながらえているわれわれすべてのものむすばれた。

4 しゅやまなかから、あなたがたとかおわせてかたられた。

5 そのとき、わたしはしゅとあなたがたとのあいだってしゅ言葉ことばをあなたがたにつたえた。あなたがたはのゆえにおそれてやまのぼることができなかったからである。しゅわれた、

6 『わたしはあなたのかみしゅであって、あなたをエジプトの奴隷どれいいえからみちびしたものである。

7 あなたはわたしのほかになにものをもかみとしてはならない。

8 あなたは自分じぶんのためにきざんだぞうつくってはならない。うえてんにあるもの、したにあるもの、またしたみずなかにあるものの、どのようなかたちをもつくってはならない。

9 それをおがんではならない。またそれにつかえてはならない。あなたのかみしゅであるわたしは、ねたむかみであるから、わたしをにくむものには、ちちつみむくいて三、四だいおよぼし、

10 わたしをあいし、わたしのいましめをまもものにはめぐみをほどこしてせんだいいたるであろう。

11 あなたのかみしゅをみだりにとなえてはならない。しゅはそのをみだりにとなえるものばっしないではおかないであろう。

12 安息日あんそくにちまもってこれをせいとし、あなたのかみしゅがあなたにめいじられたようにせよ。

13 のあいだはたらいて、あなたのすべてのわざをしなければならない。

14 七日なぬかはあなたのかみしゅ安息あんそくであるから、なんのわざをもしてはならない。あなたも、あなたのむすこ、むすめ、しもべ、はしため、うし、ろば、もろもろの家畜かちくも、あなたのもんのうちにおる他国たこくひとおなじである。こうしてあなたのしもべ、はしためを、あなたとおなじようにやすませなければならない。

15 あなたはかつてエジプトの奴隷どれいであったが、あなたのかみしゅつよと、ばしたうでとをもって、そこからあなたをみちびされたことをおぼえなければならない。それゆえ、あなたのかみしゅ安息日あんそくにちまもることをめいじられるのである。

16 あなたのかみしゅめいじられたように、あなたのちちははとをうやまえ。あなたのかみしゅたまわるで、あなたがながいのちたもち、さいわいをることのできるためである。

17 あなたはころしてはならない。

18 あなたは姦淫かんいんしてはならない。

19 あなたはぬすんではならない。

20 あなたは隣人りんじんについて偽証ぎしょうしてはならない。

21 あなたは隣人りんじんつまをむさぼってはならない。また隣人りんじんいえはたけ、しもべ、はしため、うし、ろば、またすべて隣人りんじんのものをほしがってはならない』。

22 しゅはこれらの言葉ことばやまなかくもなかくもなかから、おおいなるこえをもって、あなたがたのぜん会衆かいしゅうにおげになったが、このほかのことはわれず、二まいいしいたにこれをきしるして、わたしにさづけられた。

23 ときやまえていたが、あなたがたが暗黒あんこくのうちからきこえるこえくにおよんで、あなたがたの部族ぶぞくのすべてのかしらと長老ちょうろうたちは、わたしに近寄ちかよって、

24 った、『われわれのかみしゅがその栄光えいこうと、そのおおいなることとを、われわれにしめされて、われわれはなかからるそのこえきました。きょう、われわれはかみひとかたられ、しかもなおそのひときているのをました。

25 われわれはなぜななければならないでしょうか。このおおいなるはわれわれをほろぼそうとしています。もしこのうえなおわれわれのかみしゅこえくならば、われわれはんでしまうでしょう。

26 およそにくなるもののうち、だれが、なかからかたられるけるかみこえを、われわれのようにいてなおきているものがありましょうか。

27 あなたはどうぞちかすすんでって、われわれのかみしゅわれることをみなき、われわれのかみしゅがあなたにおげになることをすべてわれわれにげてください。われわれはいておこないます』。

28 あなたがたがわたしにかたっているときしゅはあなたがたの言葉ことばいて、わたしにわれた、『わたしはこのたみがおまえにかたっている言葉ことばいた。かれらのったことはみない。

29 ただねがわしいことは、かれらがつねにこのようなこころをもってわたしをおそれ、わたしのすべての命令めいれいまもって、かれらもその子孫しそん永久えいきゅうにさいわいをるにいたることである。

30 おまえはってかれらに、「あなたがたはおのおのその天幕てんまくかえれ」とえ。

31 しかし、おまえはこのところでわたしのそばにて。わたしはすべての命令めいれいと、さだめと、おきてとをおまえにしめすであろう。おまえはこれをかれらにおしえ、わたしがかれらにあたえてさせるにおいて、これをおこなわせなければならない』。

32 それゆえ、あなたがたのかみしゅめいじられたとおりに、つつしんでおこなわなければならない。そしてひだりにもみぎにもまがってはならない。

33 あなたがたのかみしゅめいじられたみちあゆまなければならない。そうすればあなたがたはきることができ、かつさいわいをて、あなたがたのにおいて、ながいのちたもつことができるであろう。