聖典
申命記3
戻る 次へ

第3章

1 そしてわれわれはをめぐらして、バシャンのみちのぼってったが、バシャンのおうオグは、われわれをむかとうとして、そのたみをことごとくひきい、てきてエデレイでたたかった。

2 ときしゅはわたしにわれた、『かれおそれてはならない。わたしはかれと、そのすべてのたみと、そのをおまえのわたしている。おまえはヘシボンにんでいたアモリびとのおうシホンにしたように、かれにするであろう』。

3 こうしてわれわれのかみしゅはバシャンのおうオグと、そのすべてのたみを、われわれのわたされたので、われわれはこれをころして、ひとりをものこさなかった。

4 そのとき、われわれはかれ町々まちまちを、ことごとくった。われわれがらなかったまちは一つもなかった。ったまちは六十。アルゴブのぜん地方ちほうであって、バシャンにおけるオグのくにである。

5 これらはみなたかいしがきがあり、もんがあり、かんのある堅固けんごまちであった。このほかにいしがきのないまちは、非常ひじょうおおかった。

6 われわれはヘシボンのおうシホンにしたように、これらをまったほろぼし、そのすべてのまちおとこおんなおよび子供こどもをことごとくほろぼした。

7 ただし、そのすべての家畜かちくと、その町々まちまちからのぶんどりものとは、われわれが自分じぶんものとした。

8 そのときわれわれはヨルダンのこうがわにいるアモリびとのふたりのおうから、アルノンがわからヘルモンざんまでのった。

9 (シドンびとはヘルモンをシリオンとび、アモリびとはこれをセニルとんでいる。)

10 すなわち高原こうげんのすべてのまち、ギレアデのぜん、バシャンのぜん、サルカおよびエデレイまで、バシャンにあるオグのくに町々まちまちをことごとくった。

11 (バシャンのおうオグはレパイムのただひとりの生存者せいぞんしゃであった。かれ寝台しんだいてつ寝台しんだいであった。これはいまなおアンモンびとのラバにあるではないか。これは普通ふつうのキュビトしゃくで、ながきゅうキュビト、はば四キュビトである。)

12 そのときわれわれは、このた。そしてわたしはアルノンがわのほとりのアロエルからはじまると、ギレアデの山地さんちなかばと、その町々まちまちとは、ルベンびとと、ガドびととにあたえた。

13 わたしはまたギレアデののこりのと、オグのくにであったバシャンのぜんとは、マナセのはん部族ぶぞくあたえた。すなわちアルゴブのぜん地方ちほうである。(そのバシャンのぜんはレパイムのくにとなえられる。

14 マナセのヤイルは、アルゴブのぜん地方ちほうって、ゲシュルびとと、マアカびとのさかいにまでたっし、自分じぶんにしたがって、バシャンをハボテ・ヤイルとづけた。この今日こんにちにまでおよんでいる。)

15 またわたしはマキルにはギレアデをあたえた。

16 ルベンびとと、ガドびととには、ギレアデからアルノンがわまでをあたえ、そのかわのまんなかをもってさかいとし、またアンモンびとのさかいであるヤボクがわにまでたっせしめた。

17 またヨルダンをさかいとして、キンネレテからアラバのうみすなわちしおうみまで、アラバをこれにあたえて、ひがしほうピスガのふもとにたっせしめた。

18 そのときわたしはあなたがたにめいじてった、『あなたがたのかみしゅはこのをあなたがたにあたえて、これをさせられるから、あなたがた勇士ゆうしはみな武装ぶそうして、兄弟きょうだいであるイスラエルの人々ひとびと先立さきだって、わたってかなければならない。

19 ただし、あなたがたのつまと、子供こどもと、家畜かちくとは、わたしがあたえた町々まちまちにとどまらなければならない。(わたしはあなたがたがおおくの家畜かちくっているのをっている。)

20 しゅがすでにあなたがたにあたえられたように、あなたがたの兄弟きょうだいにも安息あんそくあたえられて、かれらもまたヨルダンのこうがわで、あなたがたのかみしゅあたえられるるようになったならば、あなたがたはおのおのわたしがあなたがたにあたえた領地りょうちかえることができる』。

21 そのときわたしはヨシュアにめいじてった、『あなたのはあなたがたのかみしゅがこのふたりのおうおこなわれたすべてのことをた。しゅはまたあなたがわたってくもろもろのくににも、おなじようにおこなわれるであろう。

22 かれらをおそれてはならない。あなたがたのかみしゅがあなたがたのためにたたかわれるからである』。

23 そのときわたしはしゅねがってった、

24 しゅなるかみよ、あなたのおおいなることと、あなたのつよとを、たったいま、しもべにしめはじめられました。てんにもにも、あなたのようなわざをなし、あなたのようなちからあるわざのできるかみが、ほかにありましょうか。

25 どうぞ、わたしにヨルダンをわたってかせ、そのこうがわ、あの山地さんち、およびレバノンをることのできるようにしてください』。

26 しかししゅはあなたがたのゆえにわたしをいかり、わたしにかれなかった。そしてしゅはわたしにわれた、『おまえはもはやりている。このことについては、かさねてわたしにってはならない。

27 おまえはピスガのいただきのぼり、をあげて西にしきたみなみひがしのぞよ。おまえはこのヨルダンをわたることができないからである。

28 しかし、おまえはヨシュアにめいじ、かれはげまし、かれつよくせよ。かれはこのたみ先立さきだってわたってき、かれらにおまえのがせるであろう』。

29 こうしてわれわれはベテペオルにたいするたににとどまっていた。