ヨブ記42
    脚注
    Theme

    第42章

    1 そこでヨブはしゅこたえてった、

    2 「わたしはります、あなたはすべてのことをなすことができ、またいかなるおぼしめしでも、あなたにできないことはないことを。

    3 無知むちをもってかみはかりごとをおおうこのものはだれか』。それゆえ、わたしはみずからさとらないことい、みずかららない、はかがたことべました。

    4 け、わたしはかたろう、わたしはあなたにたずねる、わたしにこたえよ』。

    5 わたしはあなたのことみみいていましたが、いまはわたしのであなたを拝見はいけんいたします。

    6 それでわたしはみずからうらみ、ちりはいなかいます」。

    7 しゅはこれらの言葉ことばをヨブにかたられてのち、テマンびとエリパズにわれた、「わたしのいかりはあなたとあなたのふたりのともかってえる。あなたがたが、わたしのしもべヨブのようにただしいことをわたしについてべなかったからである。

    8 それでいま、あなたがたは雄牛おうしとう雄羊おひつじとうって、わたしのしもべヨブのところき、あなたがたのために燔祭はんさいをささげよ。わたしのしもべヨブはあなたがたのためにいのるであろう。わたしはかれいのりけいれるによって、あなたがたのおろかをばっすることをしない。あなたがたはわたしのしもべヨブのようにただしいことをわたしについてべなかったからである」。

    9 そこでテマンびとエリパズ、シュヒびとビルダデ、ナアマびとゾパルはって、しゅかれらにめいじられたようにしたので、しゅはヨブのいのりけいれられた。

    10 ヨブがその友人ゆうじんたちのためにいのったとき、しゅはヨブの繁栄はんえいをもとにかえし、そしてしゅはヨブのすべての財産ざいさんを二ばいされた。

    11 そこでかれのすべての兄弟きょうだい、すべての姉妹しまい、およびかれ旧知きゅうちものどもことごとくかれのもとにて、かれともにそのいえいし、かつしゅかれにくだされたすべてのわざわいについてかれをいたわり、なぐさめ、おのおのぎん一ケシタときん一つをかれおくった。

    12 しゅはヨブのおわりをはじめよりもおおめぐまれた。かれひつじ一万四千とう、らくだ六千とううし一千くびき、ろば一千とうをもった。

    13 またかれおとこにんおんなにんをもった。

    14 かれはそのだい一のむすめをエミマとづけ、だい二をケジアとづけ、だい三をケレン・ハップクとづけた。

    15 全国ぜんこくのうちでヨブのむすめたちほどうつくしいおんなはなかった。ちちはその兄弟きょうだいたちと同様どうようぎょうかれらにもあたえた。

    16 こののち、ヨブは百四十ねんきながらえて、そのとそのまごと四だいまでをた。

    17 ヨブは年老としおい、ちてんだ。