聖典
エゼキエル書12
戻る 次へ

第12章

1 しゅ言葉ことばがわたしにのぞんだ、

2 ひとよ、あなたは反逆はんぎゃくいえなかにいる。かれらはがあるがず、みみがあるがかず、かれらは反逆はんぎゃくいえである。

3 それゆえ、ひとよ、捕囚ほしゅう荷物にもつととのえ、かれらのまえひるのうちにうつれ、かれらのまえであなたのところからところうつれ。かれらは反逆はんぎゃくいえであるが、あるいはかれらはかえりみるところがあろう。

4 あなたは、捕囚ほしゅう荷物にもつのようなあなたの荷物にもつを、かれらのまえひるのうちにせ。そして捕囚ほしゅうくべき人々ひとびとのように、かれらのまえゆうべのうちにけ。

5 すなわちかれらのまえかべあなをあけ、そこからけ。

6 あなたはかれらのまえでその荷物にもつかたい、やみのうちにそれをはこせ。あなたのかおをおおってるな。わたしはあなたをしるしとなして、イスラエルのいえしめすのだ」。

7 そこでわたしはめいじられたようにし、捕囚ほしゅう荷物にもつのような荷物にもつひるのうちにし、ゆうべにはわたしのかべあなをあけ、やみのうちにかれらのまえで、これをかたってはこした。

8 つぎあさしゅ言葉ことばがわたしにのぞんだ、

9 ひとよ、反逆はんぎゃくいえであるイスラエルのいえは、あなたにかって、『なにをしているのか』とわなかったか。

10 あなたはかれらにいなさい、『しゅなるかみはこうわれる、この託宣たくせんはエルサレムのきみ、およびそのなかにあるイスラエルの全家ぜんかにかかわるものである』と。

11 またいなさい、『わたしはあなたがたのしるしである。わたしがしたとおりにかれらもされる。かれらはとりこにされてうつされる』と。

12 かれらのうちのきみは、やみのうちにその荷物にもつかたせてく。かれかべあなをあけて、そこからく。かれかおをおおって、自分じぶんでこのない。

13 わたしはわたしのあみかれうえちかける。かれはわたしのわなにかかる。わたしはかれをカルデヤびとののバビロンにいてく。しかしかれはそれをないで、そこでぬであろう。

14 またすべてかれ周囲しゅういにいてかれたすけるものおよびかれ軍隊ぐんたいを、わたしは四方しほうらし、つるぎをいてそのあとをう。

15 わたしがかれらをしょ国民こくみんなからし、国々くにぐににまきらすとき、かれらはわたしがしゅであることをる。

16 ただし、わたしはかれらのうちに、わずかのもののこして、つるぎと、ききんと、疫病えきびょうまぬかれさせ、かれらがおこなったもろもろのにくむべきことを、かれらがくにびとのなか告白こくはくさせよう。そしてかれらはわたしがしゅであることをるようになる」。

17 しゅ言葉ことばがまたわたしにのぞんだ、

18 ひとよ、ふるえてあなたのパンをべ、おののきとおそれとをもってみずめ。

19 そしてこのたみについてえ、しゅなるかみはイスラエルののエルサレムのたみについてこうわれる、かれらはおそれをもってそのパンをべ、おどろきをもってそのみずむようになる。これはそのが、すべてそのなかもの暴虐ぼうぎゃくのためにおとろえ、となるからである。

20 ひとんでいた町々まちまちれはて、荒塚あらつかとなる。そしてあなたがたは、わたしがしゅであることをるようになる」。

21 しゅ言葉ことばがわたしにのぞんだ、

22 ひとよ、イスラエルのについて、あなたがたが『び、すべてのまぼろしはむなしくなった』という、このことわざはなんであるか。

23 それゆえ、かれらにえ、『しゅなるかみはこうわれる、わたしはこのことわざをやめさせ、かれらがふたたびイスラエルで、これをことわざとしないようにする』と。しかし、あなたはかれらにえ、『とすべてのまぼろしげんとはちかづいた』と。

24 イスラエルのいえのうちには、もはやむなしいまぼろしも、いつわりのうらないもなくなる。

25 しかししゅなるわたしは、わがかたるべきことをかたり、それはかなら成就じょうじゅする。けっしてびることはない。ああ、反逆はんぎゃくいえよ、あなたのにわたしはこれをかたり、これを成就じょうじゅすると、しゅなるかみわれる」。

26 しゅ言葉ことばがまたわたしにのぞんだ、

27 ひとよ、よ、イスラエルのいえう、『かれまぼろしは、なおおおくののちことである。かれ預言よげんすることはとおのちときのことである』と。

28 それゆえ、かれらにえ、しゅなるかみはこうわれる、わたしの言葉ことばはもはやびない。わたしのかた言葉ことば成就じょうじゅすると、しゅなるかみわれる」。