聖典
    エゼキエル書7
    脚注
    Theme

    第7章

    1 しゅ言葉ことばがまたわたしにのぞんだ、

    2 ひとよ、イスラエルのおわりについてしゅはこうわれる、このくに四方しほうさかいおわりがた。

    3 いま、あなたのおわりがた。わたしはわがいかりをあなたにらし、あなたのおこないにしたがって、あなたをさばき、あなたのもろもろのにくむべきもののためにあなたをばっする。

    4 わたしのはあなたをしみず、またあなたをあわれまない。わたしはあなたのおこないのためにあなたをばっする。あなたのにくむべきことがあなたのうちにある。これによって、あなたがたはわたしがしゅであることをるようになる。

    5 しゅなるかみはこうわれる、わざわいつづいておこる。よ、わざわいる。

    6 おわりがる。そのおわりがる。それがって、あなたにのぞむ。よ、それがる。

    7 このものよ、あなたの最後さいご運命うんめいがあなたにた。ときた。ちかづいた。混乱こんらんで、山々やまやまきこえるよろこびのではない。

    8 いまわたしは、すみやかにわたしのいきどおりをあなたのうえそそぎ、わたしのいかりをあなたにらしつくし、あなたのおこないにしたがってあなたをさばき、あなたのもろもろのにくむべきことのためにあなたをばっする。

    9 わたしのはあなたをしみず、またあなたをあわれまない。わたしはあなたのおこないのためにあなたをばっする。あなたのにくむべきことがあなたのうちにある。これによって、あなたがたは、しゅであるわたしがあなたをつことをるようになる。

    10 よ、そのを。またよ、かのた。あなたの最後さいご運命うんめいた。不義ふぎはなき、たかぶりはした。

    11 暴虐ぼうぎゃくはつのってあくのつえとなった。かれらもその群衆ぐんしゅうも、そのとみえ、またかれらの名声めいせいえてなにのこらなくなる。

    12 ときた。ちかづいた。ものよろこぶな。ものかなしむな。いかりがすべての群衆ぐんしゅううえのぞむからだ。

    13 ものはたといきていても、そのったものにかえることはない。いかりがそのすべての民衆みんしゅううえにあるからだ。それはもとにかえらない。その不義ふぎのために、だれもいのちまっとうすることはできない。

    14 人々ひとびとがラッパをいてそなえをしてもたたかいにものはない。それはわたしのいかりがそのすべての群衆ぐんしゅううえにあるからだ。

    15 そとにはつるぎがあり、うちには疫病えきびょうとききんがある。はたけにいるものはつるぎにに、まちにいるものはききんと疫病えきびょうほろぼされる。

    16 そのうちの、のがれるもの谷間たにまのはとのように山々やまやまって、おのおのみなそのつみのためにかなしむ。

    17 両手りょうてともよわくなり、りょうひざともみずのようによわくなる。

    18 かれらは荒布あらぬのにまとい、おそれがかれらをおおい、すべてのかおにははじがあらわれ、すべてのあたまかみをそりおとす。

    19 かれらはそのぎんをちまたにて、そのきんはあくたのようになる。しゅいかりのには金銀きんぎんかれらをすくうことはできない。それらはかれらのえを満足まんぞくさせることができない、またそのはらたすことができない。それはかれらの不義ふぎのつまずきであったからだ。

    20 かれらはそのうつくしいかざものたかぶりのためにもちい、またこれをもってそのにくむべき偶像ぐうぞうむべきものつくった。それゆえわたしはこれをかれらにたいしてけがれたものとする。

    21 わたしはこれを外国がいこくじんわたしてうばわせ、悪人あくにんわたしてかすめさせる。かれらはこれをけがす。

    22 わたしはかれらからかおをそむけて、かれらにわたしの聖所せいじょけがさせる。強盗ごうとうがこれにはいってけがし、

    23 またとする。この流血りゅうけつのとがにち、このまち暴虐ぼうぎゃくちているゆえ、

    24 わたしは国々くにぐにのうちのわるものどもをまねいて、かれらのいえをかすめさせる。わたしはつよものたかぶりをやめさせる。またかれらの聖所せいじょけがされる。

    25 ほろびがるとき、かれらは平安へいあんもとめてもられない。

    26 わざわいわざわいかさなりきたり、らせにらせがあいつぐ。そのときかれらは預言者よげんしゃまぼろしもとめる。しかし律法りっぽう祭司さいしのうちにえ、はかりごとは長老ちょうろうのうちにえる。

    27 おうかなしみ、つかさはのぞみをうしない、そのたみはおののきによってこわばる。わたしはかれらのおこないにしたがってかれらをあつかい、そのさばきにしたがってかれらをさばく。そしてかれらはわたしがしゅであることをるようになる」。