聖典
    エゼキエル書14
    脚注
    Theme

    第14章

    1 ここにイスラエルの長老ちょうろうのうちのある人々ひとびとが、わたしのところて、わたしのまえした。

    2 ときしゅ言葉ことばが、わたしにのぞんだ、

    3 ひとよ、これらの人々ひとびとは、その偶像ぐうぞうこころなかち、つみおとしいれるところのつまずきを、そのかおまえいている。わたしはどうしてかれらのねがいをいれることができようか。

    4 それゆえかれらにげてえ、しゅなるかみは、こうわれる、イスラエルのいえ人々ひとびとで、その偶像ぐうぞうこころなかち、そのかおまえつみおとしいれるところのつまずくものをきながら、預言者よげんしゃのもとにものには、そのおおくの偶像ぐうぞうのゆえに、しゅなるわたしは、みずからこれにこたえをする。

    5 これはその偶像ぐうぞうのために、すべてわたしをはなれたイスラエルのいえこころを、わたしがとらえるためである。

    6 それゆえイスラエルのいええ、しゅなるかみはこうわれる、あなたがたはいて、あなたがたの偶像ぐうぞうてよ。あなたがたのかおを、そのすべてのにくむべきものからそむけよ。

    7 イスラエルのいえものおよびイスラエルに宿やど外国がいこくじんのだれでも、わたしからはなれ、そのこころ偶像ぐうぞうち、そのかおまえつみおとしいれるところのつまずきをきながら、預言者よげんしゃて、こころのままにわたしにもとめるときは、しゅであるわたしは、みずからこれにこたえをする。

    8 わたしはわたしのかおを、そのひとけ、かれを、しるし、およびことわざとなし、これをわがたみのうちからほろぼす。そのとき、あなたがたはわたしがしゅであることをるようになる。

    9 もし預言者よげんしゃあざむかれて言葉ことばすことがあれば、それはしゅであるわたしが、その預言者よげんしゃあざむいたのである。わたしはかれうえべ、わがたみイスラエルのうちからかれほろぼす。

    10 かれらはそのばつう。その預言者よげんしゃばつは、もとめるものばつ同様どうようである。

    11 これはイスラエルのいえが、かさねてわたしをはなれてまよわず、かさねてそのもろもろのとがによって、おのれをけがさないため、またかれらがわがたみとなり、わたしがかれらのかみとなるためであると、しゅなるかみわれる」。

    12 しゅ言葉ことばが、またわたしにのぞんだ、

    13 ひとよ、もしくにがわたしに、もとりそむいてつみおかし、わたしがそのうえべて、そのつえとたのむパンをくだき、これにききんをおくり、ひとけものとをそのうちからとき

    14 たといそこにノア、ダニエル、ヨブの三にんがいても、かれらはそのによって、ただ自分じぶんいのちすくいうるのみであると、しゅなるかみわれる。

    15 もしわたしがけものにこのとおらせ、これをあらさせ、これをとなし、そのけもののためにそこをとおものがないようにしたなら、

    16 しゅなるかみわれる、わたしはきている、たといこれら三にんものがそのなかにいても、そのむすこむすめすくうことはできない。ただ自分じぶん自身じしんすくいうるのみで、そのとなる。

    17 あるいは、わたしがもし、つるぎをそののぞませ、つるぎよ、このきめぐれとって、ひとけものとをそこからつならば、

    18 しゅなるかみわれる、わたしはきている、たといこれら三にんものがそのなかにいても、そのむすこむすめすくうことはできない。ただ自分じぶん自身じしんすくいうるのみである。

    19 あるいは、わたしがもし、この疫病えきびょうおくり、をもってわがいきどおりをそのうえそそぎ、ひとけものとをそこからつならば、

    20 しゅなるかみわれる、わたしはきている、たといノア、ダニエル、ヨブがそこにいても、かれらはそのむすこむすめすくうことができない。ただそのによって自分じぶんいのちすくいうるのみである。

    21 しゅなるかみはこうわれる、わたしがひとけものとをからつために、つるぎと、ききんと、しきけものと、疫病えきびょうとの四つのきびしいばつをエルサレムにおくときはどうであろうか。

    22 しかし、もしそれがあなたがたにるとき、むすこむすめたちをたすものが、そのなかのこっていて、あなたがたがそのおこないと、わざとをるならば、わたしがエルサレムのうえあたえたすべてのわざわいについてなぐさめられるであろう。

    23 すなわち、あなたがたが、そのおこないと、わざとをときかれらはあなたがたをなぐさめ、あなたがたはわたしがこれにおこなったことは、すべてゆえなくしたのではないことをるようになると、しゅなるかみわれる」。