聖典
エゼキエル書20
戻る 次へ

第20章

1 だいねんの五がつに、イスラエルの長老ちょうろうたちのある人々ひとびとが、しゅたずねるためにきて、わたしのまえした。

2 ときしゅ言葉ことばがわたしにのぞんだ、

3 ひとよ、イスラエルの長老ちょうろうたちにげてえ。しゅなるかみはこうわれる、あなたがたがわたしのもとにたのは、わたしになにたずねるためであるか。しゅなるかみわれる、わたしはきている、わたしはあなたがたのたずねにこたえない。

4 あなたはかれらをさばこうとするのか。ひとよ、あなたはかれらをさばこうとするのか。それならかれらの先祖せんぞたちのしたにくむべきことかれらにらせ、

5 かつかれらにえ。しゅなるかみはこうわれる、わたしがイスラエルをえらび、ヤコブのいえ子孫しそんちかい、エジプトのでわたし自身じしんかれらにらせかれらにちかって、わたしはあなたがたのかみしゅであるとった

6 そのにわたしはかれらにちかって、エジプトのからかれらをみちびし、わたしがかれらのためにさぐもとめたちちみつとのながれるぜんなかもっともすばらしいところかせるとった。

7 わたしはかれらにった、あなたがたは、おのおのそのたのしませるにくむべきものをてよ。エジプトの偶像ぐうぞうをもって、そのけがすな。わたしはあなたがたのかみしゅであると。

8 ところがかれらはわたしにそむき、わたしのうことをこうともしなかった。かれらは、おのおのそのたのしませたにくむべきものをてず、またエジプトの偶像ぐうぞうてなかった。それで、わたしはエジプトののうちで、わたしのいきどおりをかれらにそそぎ、わたしのいかりをかれらにらそうとおもった。

9 しかしわたしはわたしののために行動こうどうした。それはエジプトのからかれらをみちびして、周囲しゅういんでいた異邦人いほうじんたちに、わたしのことをらせ、わたしのかれらのまえに、はずかしめられないためである。

10 すなわち、わたしはエジプトのからかれらをみちびして、荒野あらのれてき、

11 わたしのさだめをかれらにさづけ、わたしのおきてをかれらにしめした。これはひとがこれをおこなうことによってきるものである。

12 わたしはまたかれらに安息日あんそくにちあたえて、わたしとかれらとのあいだのしるしとした。これはしゅなるわたしがかれらを聖別せいべつしたことを、かれらにらせるためである。

13 しかしイスラエルのいえ荒野あらのでわたしにそむき、わたしのさだめにあゆまず、ひとがそれをおこなうことによって、きることのできるわたしのおきてをて、おおいにわたしの安息日あんそくにちけがした。そこでわたしは荒野あらので、わたしのいきどおりをかれらのうえそそぎ、これをほろぼそうとおもったが、

14 わたしはわたしののために行動こうどうした。それはわたしがかれらをみちびしてせた異邦人いほうじんまえに、わたしのけがされないためである。

15 ただし、わたしは荒野あらのかれらにちかい、わたしがかれらにあたえたちちみつとのながれるぜんもっともすばらしいに、かれらをみちびかないとった。

16 これはかれらがそのこころ偶像ぐうぞうしたって、わがおきてをて、わがさだめにあゆまず、わが安息日あんそくにちけがしたからである。

17 けれどもわたしはかれらをしみて、かれらをほろぼさず、荒野あらのかれらをやさなかった。

18 わたしはまた荒野あらのかれらのどもたちにった、あなたがたの先祖せんぞさだめにあゆんではならない。そのおきてをまもってはならない。その偶像ぐうぞうをもって、あなたがたのけがしてはならない。

19 しゅなるわたしはあなたがたのかみである。わがさだめにあゆみ、わがおきてをまもってこれをおこない、

20 わが安息日あんそくにち聖別せいべつせよ。これはわたしとあなたがたとのあいだのしるしとなって、しゅなるわたしがあなたがたのかみであることを、あなたがたにらせるためである。

21 しかしそのどもたちはわたしにそむき、わがさだめにあゆまず、ひとがこれをおこなうことによって、きることのできるわたしのおきてをまもおこなわず、わが安息日あんそくにちけがした。そこでわたしはわがいきどおりをかれらのうえそそぎ、荒野あらのかれらにたいし、わがいかりをらそうとおもった。

22 しかしわたしはわがひるがえして、わがのために行動こうどうした。それはわたしがかれらをみちびしてせた異邦人いほうじんまえに、わたしのけがされないためである。

23 ただしわたしは荒野あらのかれらにちかい、わたしは異邦人いほうじんあいだかれらをらし、国々くにぐになかかれらをふりまくとった。

24 これはかれらがわがおきてをおこなわず、わがさだめをて、わが安息日あんそくにちけがし、かれらのにその先祖せんぞ偶像ぐうぞうしたったからである。

25 またわたしはかれらにくないさだめと、それによってきることのできないおきてとをあたえ、

26 そして、かれらのういごになかとおらせるそのそなものによって、かれらをけがし、かれらをおそれさせた。わたしがこれをおこなったのは、わたしがしゅであることを、かれらにらせるためである。

27 それゆえひとよ、イスラエルのいえげてえ。しゅなるかみはこうわれる、あなたがたの先祖せんぞはまた、不信ふしんつみおかしてわたしをけがした。

28 わたしがかれらにあたえようとちかったに、かれらをみちびれたときかれらはすべてのたかおかと、すべてのしげったとをて、そのところ犠牲ぎせいをささげ、むべきそなものをささげ、またこうばしいかおりをそのところのぼらせ、そのところ灌祭かんさいそそいだ。

29 (わたしはかれらにった、あなたがたがかようそのたかところはなんであるか。それでその今日こんにちまでバマととなえられている。)

30 それゆえ、イスラエルのいええ。しゅなるかみはこうわれる、あなたがたは、その先祖せんぞのおこないにしたがって、そのけがし、そのにくむべきものをしたうのか。

31 あなたがたは、そのそなものをささげ、そのともなかとおらせて、今日こんにちまですべての偶像ぐうぞうをもって、そのけがすのである。イスラエルのいえよ、わたしは、なおあなたがたにたずねられるべきであろうか。わたしはきている。わたしはけっしてあなたがたにたずねられるはずはないと、しゅなるかみわれる。

32 あなたがたのこころにあること、すなわち『われわれは異邦人いほうじんのようになり、国々くにぐにのもろもろのやからのようになって、いしおがもう』とのかんがえはけっして成就じょうじゅしない。

33 しゅなるかみわれる、わたしはきている、わたしはかならつよべたうでそそがれたいきどおりとをもって、あなたがたをおさめる。

34 わたしはわがつよべたうでそそがれたいきどおりとをもって、あなたがたをもろもろのたみなかからみちびし、そのらされた国々くにぐにからあつめ、

35 もろもろのたみ荒野あらのみちびれ、そのところかおかおとをわせて、あなたがたをさばく。

36 すなわち、エジプトの荒野あらので、あなたがたの先祖せんぞをさばいたように、わたしはあなたがたをさばくと、しゅなるかみわれる。

37 わたしはあなたがたに、むちのしたとおらせ、かぞえてはいらせ、

38 あなたがたのうちから、したがわぬものと、わたしにそむいたものとをかち、その寄留きりゅうしたから、かれらをみちびす。しかしかれらはイスラエルのることはできない。こうしてあなたがたはわたしがしゅであることをるようになる。

39 それで、イスラエルのいえよ、しゅなるかみはこうわれる、あなたがたはわたしにかないなら、いまのちも、おのおのその偶像ぐうぞうってつかえるがよい。しかしふたたそなもの偶像ぐうぞうとをもって、わたしのせいなるけがしてはならない。

40 しゅなるかみわれる、わたしのせいなるやま、イスラエルのたかやまうえで、イスラエルの全家ぜんかはそので、ことごとくわたしにつかえる。そのところでわたしはよろこんでかれらをけいれ、あなたがたのささげもの最上さいじょうそなものとを、そのせいなるささげものとももとめる。

41 わたしがあなたがたをもろもろのたみなかからみちびし、かつてあなたがたをらした国々くにぐにからあつめるとき、こうばしいかおりとして、あなたがたをよろこんでけいれる。そしてわたしは異邦人いほうじんまえで、あなたがたのなかに、わたしのせいなることをあらわす。

42 こうしてわたしがあなたがたを、イスラエルの、すなわちあなたがたの先祖せんぞたちにあたえるとちかったに、はいらせるとき、あなたがたはわたしがしゅであることをるようになる。

43 またそのところであなたがたは、そのけがしたあなたがたのおこないと、すべてのわざとをおもし、みずからおこなったすべての悪事あくじのために、自分じぶんみきらうようになる。

44 イスラエルのいえよ、わたしがあなたがたのしきおこないによらず、またそのくされたわざによらず、わたしののために、あなたがたをあつかとき、あなたがたはわたしがしゅであることをるのであると、しゅなるかみわれる」。

45 しゅ言葉ことばがまたわたしにのぞんだ、

46 ひとよ、かおみなみけ、みなみかってかたり、ネゲブのもりたいして預言よげんせよ。

47 すなわちネゲブのもりえ、しゅ言葉ことばけ、しゅなるかみはこうわれる、よ、わたしはあなたのうちにやす。そのはあなたのうちのすべての青木あおきと、すべてのほろぼし、そのえるほのおされることがなく、みなみからきたまで、すべてののおもては、これがためにける。

48 すべてにくなるものは、しゅなるわたしがこれをいたことをる。そのされない」。

49 そこでわたしはった、「ああしゅなるかみよ、かれらはわたしについてこうかたっています、『かれはたとえをもってかたものではないか』と」。