聖典
    エゼキエル書43
    脚注
    Theme

    第43章

    1 そののちかれはわたしをもんみちびいた。もんひがしめんしていた。

    2 そのときよ、イスラエルのかみ栄光えいこうが、ひがしほうからたが、そのひびきは、大水おおみずひびきのようで、はその栄光えいこうかがやいた。

    3 わたしがまぼろしようは、かれがこのまちほろぼしにときに、わたしがまぼろし同様どうようで、これはまたわたしがケバルがわのほとりでまぼろしのようであった。それでわたしはかおせた。

    4 しゅ栄光えいこうが、ひがしほうめんしたもんみちからみやにはいったとき

    5 れいがわたしをげて、内庭うちにわみちびれると、よ、しゅ栄光えいこうみやちた。

    6 そのひとがわたしのかたわらにったとき、わたしはひとりのひとが、みやなかからわたしにかたるのをいた。

    7 かれはわたしにった、「ひとよ、これはわたしのくらいのあるところ、わたしのあしうらところ、わたしが永久えいきゅうにイスラエルの人々ひとびとなかところである。またイスラエルのいえは、たみもそのおうたちも、ふたた姦淫かんいんと、おうたちの死体したいとをもって、わがせいなるけがさない。

    8 かれらはその敷居しきいを、わが敷居しきいのかたわらにもうけ、その門柱もんちゅうを、わが門柱もんちゅうのかたわらにもうけたので、わたしとかれらとのあいだには、わずかにかべがあるのみである。そしてかれらは、そのおかしたにくむべきことをもって、わがせいなるけがしたので、わたしはいかりをもって、これをほろぼした。

    9 いまかれらにめいじて姦淫かんいんと、そのおうたちの死体したいを、わたしからとおのぞかせよ。そうしたら、わたしは永久えいきゅうかれらのなかむ。

    10 ひとよ、みやと、その外形がいけいと、設計せっけいとをイスラエルのいえしめせ。かれらはそのあくじるであろう。

    11 かれらがそのおかしたすべてのことじたら、かれらに、このみやかた設備せつび出口でぐち入口いりぐち、すべての形式けいしき、すべてのおきて、すべての規定きていしめせ。これをかれらのまえき、かれらにそのすべての規定きていと、おきてとをまもおこなわせよ。

    12 みや規定きていはこれである。やまいただき四方しほう地域ちいきはみなもっとせいである。よ、これはみや規定きていである。

    13 祭壇さいだん寸法すんぽうはキュビトですれば、つぎのようである。(そのキュビトは一キュビトとひとはばである。)土台どだいたかさ一キュビト、はば一キュビト、その周囲しゅういふちはんキュビトである。

    14 祭壇さいだんたかさは、つぎのとおりである。地面じめん土台どだいからしたのかさねまで二キュビト、はばは一キュビト、またちいさいかさねからおおきいかさねまで四キュビト、そのはばは一キュビトである。

    15 祭壇さいだんは四キュビトで、祭壇さいだんからたかさ一キュビトのつのが四ほんていた。

    16 ながさ十二キュビト、はば十二キュビトの四角形かくけいである。

    17 そのかさねは四方しほうともながさ十四キュビト、はば十四キュビトの四角形かくけい、その周囲しゅういふちはばはんキュビト、そのだい四方しほう一キュビト、その階段かいだんひがしめんする」。

    18 かれはわたしにった、「ひとよ、しゅなるかみはこうわれる、祭壇さいだんて、そのうえ燔祭はんさいをささげ、これにそそには、つぎのことを祭壇さいだんさだめとせよ。

    19 すなわちしゅなるかみわれる、ザドクの子孫しそんで、わたしにちかつかえるレビびとである祭司さいしには、罪祭ざいさいのために雄牛おうしあたえよ。

    20 またそのをとって、これを祭壇さいだんの四つのつのと、かさねの四すみと、周囲しゅういふちって、祭壇さいだんきよめ、これをあがなえ。

    21 あなたはまた罪祭ざいさいうしをとって、これを聖所せいじょそとみやのうちのさだめられたところけ。

    22 だいにちに、あなたは無傷むきずやぎを、罪祭ざいさいとしてささげよ。すなわち雄牛おうしきよめたように、これで祭壇さいだんきよめよ。

    23 きよめごとをえたなら、無傷むきず雄牛おうしと、れのなか無傷むきず雄羊おひつじとをささげよ。

    24 これをしゅまえってきて、祭司さいしらはそのうえしおをまき、これらを燔祭はんさいとしてしゅにささげよ。

    25 七日なぬかあいだ、あなたは日々ひびやぎを罪祭ざいさいとせよ。また雄牛おうしと、れのなか雄羊おひつじとの無傷むきずのものをととのえ、

    26 七日なぬかあいだかれらは祭壇さいだんをあがない、これをきよめ、これを聖別せいべつしなければならない。

    27 かれらがこれらのたしたとき、八日ようかからのちは、祭司さいしたちは、あなたがたの燔祭はんさいと、酬恩祭しゅうおんさいとを祭壇さいだんうえそなえる。そうすれば、わたしは、あなたがたをけいれると、しゅなるかみわれる」。