聖典
エゼキエル書41
戻る 次へ

第41章

1 かれがわたしを拝殿はいでんれてって、わきばしらはかると、こなたのはばも六キュビト、かなたのはばも六キュビトあった。

2 そのはばは十キュビト、のわきのかべは、こなたも五キュビト、かなたも五キュビトあった。かれはまた拝殿はいでんながさをはかると四十キュビト、そのはばは二十キュビトあった。

3 かれがまたうちにはいって、わきばしらはかると、それは二キュビトあり、はばは六キュビト、のわきのかべは七キュビトあった。

4 かれはまた拝殿はいでんおくしつながさをはかると二十キュビト、はばも二十キュビトあった。そしてかれはわたしに、これは至聖所しせいじょであるとった。

5 かれみやかべはかると、そのあつさは六キュビトあり、みや周囲しゅうい脇間わきまひろさは、四方しほうおのおの四キュビトあり、

6 脇間わきまは、しつうえしつがあって三かいになり、各階かくかいに三十のしつがある。みや周囲しゅういかべには、脇間わきまをささえる突起とっきがあった。これは脇間わきまが、みやかべそのものによってささえられないためである。

7 脇間わきまは、みや周囲しゅうい各階かくかいにある突起とっきにつれて、かいかさねてうえにいくにしたがってひろくなり、みや外部がいぶ階段かいだんうえつうじ、一かいから三かいへは、二かいをとおってのぼるのである。

8 わたしはまたみや周囲しゅういたかところのあるのをた。脇間わきまもといはかると、六キュビトの一さおあった。

9 脇間わきまそとかべあつさは五キュビト、あきになっているたかところは五キュビトあった。みやたかところと、

10 にわしつあいだには、みや周囲しゅういに、ひろさ二十キュビトのところがあった。

11 脇間わきまは、あきになっているたかところかってひらけ、一つのきたかい、一つのみなみかっていた。そのあきになっているところはばは、周囲しゅうい五キュビトであった。

12 西にしほうみやにわめんした建物たてものは、はば七十キュビト、その建物たてもの周囲しゅういかべあつさは五キュビト、ながさは九十キュビトであった。

13 かれみやはかると、そのながさは百キュビトあり、そのにわ建物たてものと、そのかべながさ百キュビト、

14 またみやひがしめんしたところにわとのはばは百キュビトであった。

15 かれ西にしほうにわめんした建物たてものと、そのかべながさをはかると、かなた、こなたともに百キュビトであった。みや拝殿はいでんと、内部ないぶしつと、そとろうとには、羽目板はめいたがあった。

16 これらの三つのものの周囲しゅういには、すべて引込ひっこわくまどがあり、みや敷居しきいめんして、みや周囲しゅういは、ゆかからまどまで、羽目板はめいたであって、まどには、おおいがあった。

17 うわそらところ内室ないしつそとしつともに、羽目板はめいたであった。内室ないしつおよび拝殿はいでん周囲しゅういのすべてのかべには、おなじように彫刻ちょうこくしてあった。

18 すなわちケルビムと、しゅろとが彫刻ちょうこくしてあった。ケルブとケルブとのあいだに、しゅろがあり、おのおののケルブには、二つのかおがあり、

19 こなたには、しゅろにかって、ひとかおがあり、かなたには、しゅろにかって、わかじしのかおがあり、みや周囲しゅういは、すべてこのように彫刻ちょうこくしてあった。

20 ゆかからうえまで、ケルビムと、しゅろとが、かべ彫刻ちょうこくしてあった。

21 拝殿はいでんばしらは四かくであった。聖所せいじょまえには、祭壇さいだんたものがあった。

22 そのたかさは三キュビト、ながさは二キュビト、はばは二キュビトで、すみと、だいと、かべとは、ともにである。かれはわたしにった、「これはしゅまえにあるつくえである」

23 拝殿はいでん聖所せいじょとには、二つのがあり、

24 そのには、二つのとびらがあった。すなわち二つのひらである。

25 拝殿はいでんには、おのおのにケルビムと、しゅろとが、彫刻ちょうこくしてあって、それはかべ彫刻ちょうこくしたものとおなじである。またそとろうめんして、天蓋てんがいがあり、

26 ろうかべには、こなたかなたに引込ひっこまどと、しゅろとがあった。