聖典
    エゼキエル書44
    脚注
    Theme

    第44章

    1 こうして、かれはわたしをれて、聖所せいじょひがしいているそともんかえると、もんじてあった。

    2 かれはわたしにった、「このもんじたままにしておけ、ひらいてはならない。ここからだれもはいってはならない。イスラエルのかみしゅが、ここからはいったのだから、これはじたままにしておけ。

    3 ただきみたるものだけが、このうちし、しゅまえでパンをしょくし、もんろうとおってはいり、またそこからそとよ」。

    4 かれはまたわたしをれて、きたもんみちからみやまえった。わたしがていると、よ、しゅ栄光えいこうしゅみやちた。わたしがひれすと、

    5 しゅはわたしにわれた、「ひとよ、しゅみやのすべてのおきてと、そのすべての規定きていとについて、わたしがあなたにげるすべてのことこころをとめ、そそぎ、みみかたむけよ。またみやにはいることをゆるされているものと、聖所せいじょにはいることのできないものとにこころせよ。

    6 また反逆はんぎゃくいえであるイスラエルのいええ。しゅなるかみは、こうわれる、イスラエルのいえよ、そのにくむべきことをやめよ。

    7 すなわちあなたがたは、わたしの食物しょくもつである脂肪しぼうとがささげられるときこころにもにくにも、割礼かつれいけない異邦人いほうじんれて、わが聖所せいじょにおらせ、これをけがした。また、もろもろのにくむべきものをもって、わが契約けいやくやぶった。

    8 あなたがたは、わがせいなるものまもつとめおこたり、かえって異邦人いほうじんてて、わが聖所せいじょつとめまもらせた。

    9 それゆえ、しゅなるかみは、こうわれる、イスラエルの人々ひとびとのうちにいるすべての異邦人いほうじんのうち、こころにくとに割礼かつれいけないすべてのものは、わが聖所せいじょにはいってはならない。

    10 またレビひとであって、イスラエルがまよったとき偶像ぐうぞうしたい、わたしからまよて、とおはなれたものは、そのつみわなければならない。

    11 すなわちかれらはわが聖所せいじょで、つかびととなり、みやもんまもものとなり、みやつかえるしもべとなり、たみのために、燔祭はんさいおよび犠牲ぎせいのものをころし、かれらのまえってつかえなければならない。

    12 かれらはその偶像ぐうぞうまえたみつかえ、イスラエルのいえにとって、つみのつまずきとなったゆえ、しゅなるかみわれる、わたしはかれらについてちかった。かれらはそのつみわなければならない。

    13 かれらはわたしにちかづき、祭司さいしとして、わたしにつかえることはできない。またわたしのせいなるもの、およびもっとせいなるものに、ちかづいてはならない。かれらはそのおこなったにくむべきことのため、はじわなければならない。

    14 しかしかれらには、みやまもつとめをさせ、そのもろもろのつとめと、みやでなすべきすべてのこととにあたらせる。

    15 しかしザドクの子孫しそんであるレビの祭司さいしたち、すなわちイスラエルの人々ひとびとが、わたしをててまよったときに、わが聖所せいじょつとめまもったものどもは、わたしにつかえるためにちかづき、脂肪しぼうとをわたしにささげるために、わたしのまえてと、しゅなるかみわれる。

    16 すなわちかれらはわが聖所せいじょり、わがだいちかづいてわたしにつかえ、わたしのつとめまもる。

    17 かれらが内庭うちにわもんにはいるときは、あさ衣服いふくなければならない。内庭うちにわもんおよびみやうちで、つとめをなすときは、毛織物けおりものにつけてはならない。

    18 またあたまには亜麻あまぬのかんむりをつけ、こしには亜麻あまぬのはかまをつけなければならない。ただしあせるようなころもにつけてはならない。

    19 かれらはそとにわとき、すなわちそとにわたみせっするときは、つとめをなすとき衣服いふくいでせいなるしつき、ほかの衣服いふくなければならない。これはその衣服いふくをもって、そのせいなることをたみにうつさないためである。

    20 かれらはまたあたまをそってはならない。またかみながくのばしてはならない。そのあたまかみらなければならない。

    21 祭司さいしはすべて内庭うちにわにはいるときは、さけんではならない。

    22 また寡婦かふ、およびされたおんなをめとってはならない。ただイスラエルのいえ血統けっとう処女しょじょ、あるいは祭司さいしつまで、やもめになったものをめとらなければならない。

    23 かれらはわがたみに、せいぞくとの区別くべつおしえ、けがれたものと、きよいものとの区別くべつしめさなければならない。

    24 あらそいのあるときは、さばきのためにち、わがおきてにしたがってさばき、また、わたしのもろもろのまつりときは、かれらはわが律法りっぽうさだめをまもり、わが安息日あんそくにちを、聖別せいべつしなければならない。

    25 死人しにんちかづいて、けがしてはならない。ただちちのため、ははのため、むすこのため、むすめのため、兄弟きょうだいのため、おっとをもたない姉妹しまいのためには、ちかよってけがすこともゆるされる。

    26 このようなひとは、けがれたのち自身じしんのために、七日なぬか期間きかんかぞえよ。そうすればきよまる。

    27 かれ聖所せいじょり、内庭うちにわき、聖所せいじょつとめあたには、罪祭ざいさいをささげなければならないと、しゅなるかみわれる。

    28 かれらにはぎょうはない。わたしがそのぎょうである。あなたがたはイスラエルのなかで、かれらに所有しょゆうあたえてはならない。わたしがかれらの所有しょゆうである。

    29 かれらは素祭そさい罪祭ざいさい愆祭けんさいものべる。すべてイスラエルのうちのささげられたものかれらのものとなる。

    30 すべてのものはつなりの初物はつもの、およびすべてあなたがたのささげるもろもろのささげものは、みな祭司さいしのものとなる。またあなたがたの麦粉むぎこ初物はつもの祭司さいしあたえよ。これはあなたがたのいえが、祝福しゅくふくされるためである。

    31 祭司さいしは、とりでもけものでも、すべて自然しぜんんだもの、またはころされたものをべてはならない。