聖典
    エゼキエル書10
    脚注
    Theme

    第10章

    1 ときにわたしはていたが、よ、ケルビムのあたまうえ大空おおぞらに、サファイヤのようなものが王座おうざかたちをして、そのうえあらわれた。

    2 かれ亜麻あまぬのたそのひとわれた、「ケルビムのしたまわくるまあいだにはいり、ケルビムのあいだから炭火すみびをとってあなたのたし、これを町中まちぢゅうにまきらせ」。そしてかれはわたしのまえではいった。

    3 このひとがはいったとき、ケルビムはみや南側みなみがわっていた。またくもはその内庭うちにわたしていた。

    4 しゅ栄光えいこうはケルビムのうえからみや敷居しきいうえにあがり、みやくもち、にわしゅ栄光えいこうかがやきでたされた。

    5 ときにケルビムのつばさおと大能たいのうかみかたられるこえのようにそとにわにまできこえた。

    6 かれ亜麻あまぬのているひとに、「まわくるまあいだ、ケルビムのあいだかられ」。とめいじたとき、そのひとははいって、のかたわらにった。

    7 ひとりのケルブはそのをケルビムのあいだからべて、ケルビムのあいだにあるり、亜麻あまぬのひといた。するとかれはこれをってった。

    8 ケルビムはそのつばさしたひとのようなかたちのものをっているようにえた。

    9 わたしがていると、よ、ケルビムのかたわらに四つのがあり、一つのはひとりのケルブのかたわらに、のケルブのかたわらにあった。のさまは、ひかかんらんいしのようであった。

    10 そのさまは四つともおなかたちで、あたかもなかがあるようであった。

    11 そのとき四方しほうのどこへでもく。そのときまわらない。ただ先頭せんとうくところにしたがい、そのときまわることをしない。

    12 そのふち、その、およびには、まわりにちていた。—そのは四つともこれをっていた。

    13 そのはわたしのいているところで、「まわ」とばれた。

    14 そのおのおのには四つのかおがあった。だい一のかおはケルブのかおだいかおひとかおだい三はししのかおだい四はわしのかおであった。

    15 そのときケルビムはのぼった。これがケバルがわでわたしがきものである。

    16 ケルビムのときもそのかたわらにき、ケルビムがつばさをあげてからびあがるときは、もそのかたわらをはなれない。

    17 そのちどまるときは、ちどまり、そののぼるときは、ともにのぼる。きもののれいがそのなかにあるからである。

    18 ときしゅ栄光えいこうみや敷居しきいからって、ケルビムのうえった。

    19 するとケルビムはつばさをあげて、わたしのまえで、からのぼった。そのときもまたこれとともにあり、しゅみやひがしもん入口いりぐちところってまった。イスラエルのかみ栄光えいこうがそのうえにあった。

    20 これがすなわちわたしがケバルがわのほとりで、イスラエルのかみしたたかのきものである。わたしはそれがケルビムであることをっていた。

    21 これにはおのおの四つのかおがあり、おのおの四つのつばさがあり、またひとのようなものがそのつばさしたにあった。

    22 そのかおかたちは、ケバルがわのほとりでわたしがたそのままのかおである。おのおのそのまえほうにまっすぐにった。