聖典
    エゼキエル書2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 かれはわたしにわれた、「ひとよ、ちあがれ、わたしはあなたにかたろう」。

    2 そしてかれがわたしにかたられたときれいがわたしのうちにり、わたしをちあがらせた。そしてかれのわたしにかたられるのをいた。

    3 かれはわたしにわれた、「ひとよ、わたしはあなたをイスラエルのたみ、すなわちわたしにそむいた反逆はんぎゃくたみにつかわす。かれらもその先祖せんぞも、わたしにそむいて今日こんにちおよんでいる。

    4 かれらは厚顔こうがん強情ごうじょうものたちである。わたしはあなたをかれらにつかわす。あなたはかれらに『しゅなるかみはこうわれる』といなさい。

    5 かれらはいても、こばんでも、(かれらは反逆はんぎゃくいえだから)かれらのなか預言者よげんしゃがいたことをるだろう。

    6 ひとよ、かれらをおそれてはならない。かれらの言葉ことばをもおそれてはならない。たといあざみといばらがあなたと一緒いっしょにあっても、またあなたが、さそりのなかんでも、かれらの言葉ことばおそれてはならない。かれらのかおをはばかってはならない。かれらは反逆はんぎゃくいえである。

    7 かれらがいても、こばんでも、あなたはただわたしの言葉ことばかれらにかたらなければならない。かれらは反逆はんぎゃくいえだから。

    8 ひとよ、わたしがあなたにかたるところをきなさい。反逆はんぎゃくいえのようにそむいてはならない。あなたのくちひらいて、わたしがあたえるものをべなさい」。

    9 このときわたしがると、よ、わたしのほうべたがあった。またよ、なか巻物まきものがあった。

    10 かれがわたしのまえにこれをひらくと、そのおもてにもうらにも文字もじいてあった。そのかれていることはかなしみと、なげきと、わざわい言葉ことばであった。