聖典
    エゼキエル書46
    脚注
    Theme

    第46章

    1 しゅなるかみは、こうわれる、内庭うちにわにあるひがしきのもんは、はたらきをする六あいだじ、安息日あんそくにちにはこれをひらき、またついたちにはこれをひらけ。

    2 きみたるものは、そとからもんろうをとおってはいり、もんはしらのかたわらにて。そのとき祭司さいしたちは、燔祭はんさい酬恩祭しゅうおんさいとをささげ、かれもん敷居しきいで、礼拝れいはいしてくのである。しかしもん夕暮ゆうぐれまでじてはならない。

    3 くにたみ安息日あんそくにちと、ついたちとに、そのもん入口いりぐちしゅまえ礼拝れいはいをせよ。

    4 きみたるものが、安息日あんそくにちしゅにささげる燔祭はんさいは、六とう無傷むきず小羊こひつじと、一とう無傷むきず雄羊おひつじとである。

    5 また素祭そさい雄羊おひつじのために麦粉むぎこ一エパ、小羊こひつじのための素祭そさいは、そのひとのささげうる程度ていどとし、麦粉むぎこ一エパにあぶら一ヒンをくわえよ。

    6 ついたちには無傷むきず雄牛おうしとう、六とう小羊こひつじおよび一とう雄羊おひつじをささげよ。これらはすべて無傷むきずのものでなければならない。

    7 素祭そさい雄牛おうしのために麦粉むぎこ一エパ、雄羊おひつじのために麦粉むぎこ一エパ、小羊こひつじのためには、そのひとのささげうる程度ていどのものをそなえよ。また麦粉むぎこ一エパにあぶら一ヒンをくわえよ。

    8 きみたるものがはいるときもんろうみちからはいり、またそのみちからよ。

    9 くにたみが、いわしゅまえとき礼拝れいはいのため、きたもんみちからはいるものは、みなみもんみちからき、みなみもんみちからはいるものは、きたもんみちからけ。そのはいったもんみちからは、かえってはならない。まっすぐにすすんで、かなければならない。

    10 かれらがはいるとききみたるものは、かれらとともにはいり、かれらがときかれなければならない。

    11 祭日さいじついわには、素祭そさいとして、わか雄牛おうしのために麦粉むぎこ一エパ、雄羊おひつじのために麦粉むぎこ一エパ、小羊こひつじのためには、そのひとのささげうる程度ていどのものをそなえ、麦粉むぎこ一エパにはあぶら一ヒンをくわえよ。

    12 またきみたるものが、こころからのそなものとして、燔祭はんさいまたは酬恩祭しゅうおんさいしゅにささげるときは、かれのためにひがしめんしたもんひらけ。かれ安息日あんそくにちおこなうように、その燔祭はんさい酬恩祭しゅうおんさいそなえ、そして退出たいしゅつする。その退出たいしゅつのちもんざされる。

    13 かれごとに一さい無傷むきず小羊こひつじ燔祭はんさいとして、しゅにささげなければならない。すなわちあさごとに、これをささげなければならない。

    14 かれあさごとに、素祭そさいをこれにえてささげなければならない。すなわち麦粉むぎこ一エパの六ぶんの一に、これをうるおあぶら一ヒンの三ぶんの一を、素祭そさいとしてしゅにささげなければならない。これは常燔祭じょうはんさいのおきてである。

    15 すなわちあさごとに常燔祭じょうはんさいとして、小羊こひつじ素祭そさいあぶらとをささげなければならない。

    16 しゅなるかみは、こうわれる、きみたるものが、もしそのぎょうから、そののひとりに財産ざいさんあたえるときは、それはそのらのぎょう所有しょゆうとなる。

    17 しかしかれがその奴隷どれいのひとりに、ぎょう一部分いちぶぶんあたえるときは、それはかれ解放かいほうねんまで、そのひとぞくしていて、そののちきみたるひとかえる。かれぎょうは、ただそのらにだけつたわるべきである。

    18 きみたるものはそのたみぎょうって、その財産ざいさんがせないようにしてはならない。かれはただ、自分じぶん財産ざいさんのうちから、そのらにそのぎょうを、あたえなければならない。これはわがたみのひとりでも、その財産ざいさんうしなわないためである」。

    19 こうしてかれはわたしをれて、もんのかたわらの入口いりぐちから、きたきの祭司さいしせいなるしつに、はいらせた。ると、西にしおくほうに一つの場所ばしょがあった。

    20 かれはわたしにった、「これは祭司さいしたちが愆祭けんさいおよび罪祭ざいさいのものを素祭そさいのものをところである。これはそとにわにそれらをたずさて、せいなるべきことを、たみにうつさないためである」。

    21 かれはまたわたしをそとにわし、にわの四すみをとおらせた。よ、にわのこのすみにもにわがあり、またにわのかのすみにもにわがあった。

    22 すなわちにわの四すみにちいさいにわがあり、ながさ四十キュビト、はば三十キュビトで、四つともおなおおきさである。

    23 その四つのちいさいにわ内部ないぶ四方しほうには、いしかべがあり、周囲しゅういかべしたに、ものところもうけてあった。

    24 かれはわたしにった、「これらはみやつかびとたちが、たみのささげる犠牲ぎせいのものを台所だいどころである」。