聖典
    エゼキエル書22
    脚注
    Theme

    第22章

    1 またしゅ言葉ことばがわたしにのぞんでった、

    2 ひとよ、あなたはさばくのか。ながすこのまちをさばくのか。それならこのまちにそのもろもろのにくむべきことしめして、

    3 え。しゅなるかみはこうわれる、自分じぶんのうちにながして、その刑罰けいばつときをまねき、偶像ぐうぞうつくってそのけがまちよ、

    4 あなたはそのながしたによってつみ、そのつくった偶像ぐうぞうによってけがれ、あなたのちかづかせ、あなたのねんさだめのときはきた。それゆえわたしはあなたをもろもろの国民こくみんのあざけりとなし、万国ばんこく物笑ものわらいとする。

    5 あなたにちかものも、とおものも、けがれと、混乱こんらんちているあなたをあざける。

    6 よ、あなたのうちのイスラエルのきみたちは、おのおのそのちからにしたがって、ながそうとしている。

    7 父母ふぼはあなたのうちでいやしめられ、寄留者きりゅうしゃはあなたのうちで虐待ぎゃくたいをうけ、みなしごと、やもめとはあなたのうちでなやまされている。

    8 あなたはわたしのせいなるものをいやしめ、わたしの安息日あんそくにちけがした。

    9 ひとをののしってながそうとするものは、あなたのうちにおり、人々ひとびとはあなたのうちで、やまうえ食事しょくじをし、あなたのうちで、みだらなおこないをし、

    10 あなたのうちで、ちちはだかあらわし、あなたのうちで、けがれのうちにあるおんなおかす。

    11 またあなたのうちに、そのとなりつまにくむべきことおこなものがあり、淫行いんこうをもって、そのよめけがものがあり、自分じぶんちちむすめである自分じぶん姉妹しまいおかものがあり、

    12 またながそうとして、あなたのうちで、まいないをものがある。あなたは利息りそく高利こうりとをり、しえたげによって、あなたのとなびとのものをかすめ、そしてわたしをわすれてしまったと、しゅなるかみわれる。

    13 それゆえよ、あなたが不正ふせいこと、およびあなたのうちにある流血りゅうけつことたいして、わたしはちならす。

    14 わたしがあなたをめるには、あなたの勇気ゆうきは、これにようか。またあなたのつよくありようか。しゅなるわたしはこれを宣言せんげんし、これをなす。

    15 わたしはあなたを、もろもろの国民こくみんのうちにらし、国々くにぐにあいだにまき、そしてあなたからけがれをのぞく。

    16 わたしはあなたによって、もろもろの国民こくみんまえけがされる。そしてあなたはわたしがしゅであることをる」。

    17 しゅ言葉ことばがまたわたしにのぞんだ、

    18 ひとよ、イスラエルのいえはわたしにたいして、かなかすとなった。かれらはすべてなかぎん青銅せいどう、すず、てつなまりのかなかすとなった。

    19 それゆえ、しゅなるかみはこうわれる、あなたがたはみなかなかすとなったゆえ、よ、わたしはあなたがたをエルサレムのなかあつめる。

    20 ひとぎん青銅せいどうてつなまり、すずなどをなかあつめ、これにきかけてかすように、わたしはいかりといきどおりとをもって、あなたがたをあつれてかす。

    21 すなわち、わたしはあなたがたをあつめ、わたしのいかりのを、あなたがたにきかける。あなたがたはそのなかける。

    22 ぎんなかけるように、あなたがたもそのなかける。そしてあなたがたはしゅなるわたしが、あなたがたのうえに、わたしのいかりをそそいだことをるようになる」。

    23 しゅ言葉ことばがまたわたしにのぞんだ、

    24 ひとよ、これにえ、あなたはいかりのきよめられず、またあめらないである。

    25 そのなかきみたちは、獲物えものくほえるししのようなもので、かれらは人々ひとびとほろぼし、たからたっとものとをり、そのうちに、やもめのかずをふやす。

    26 その祭司さいしたちはわが律法りっぽうおかし、せいなるものけがした。かれらはせいなるものけがれたものとを区別くべつせず、きよくないものきよものとのちがいをおしえず、わが安息日あんそくにち無視むしし、こうしてわたしはかれらのあいだけがされている。

    27 そのなかにいるきみたちは、獲物えものくおおかみのようで、ながし、不正ふせいるために人々ひとびとほろぼす。

    28 その預言者よげんしゃたちは、みずしっくいでこれをり、いつわりのまぼろしかれらにいつわりをうらない、しゅかたらないのに『しゅなるかみはこうわれる』とう。

    29 くにたみはしえたげをおこない、うばうことをなし、とぼしいものまずしいものとをかすめ、不法ふほう他国たこくじんをしえたぐ。

    30 わたしは、くにのためにいしがきをきずき、わたしのまえにあって、やぶくちち、わたしにこれをほろぼさせないようにするものを、かれらのうちにたずねたがられなかった。

    31 それゆえ、わたしはわがいかりをかれらのうえそそぎ、わがいきどおりのをもってかれらをほろぼし、かれらのおこないを、そのこうべにむくいたと、しゅなるかみわれる」。