聖典
    エゼキエル書40
    脚注
    Theme

    第40章

    1 われわれがとらうつされてから二十五ねんみやこやぶられてのち十四ねん、そのねんはじめのつきの十、そのしゅがわたしにのぞみ、わたしをかのところたずさえてった。

    2 すなわちかみまぼろしのうちに、わたしをイスラエルのたずさえてって、非常ひじょうたかやまうえにおろされた。そのやまうえに、わたしと相対あいたいして、一つのまちのような建物たてものがあった。

    3 かみがわたしをそこにたずさえてかれると、よ、ひとりのひとがいた。その姿すがた青銅せいどうかたちのようで、あさのなわと、はかりざおとをってもんっていた。

    4 そのひとはわたしにった、「ひとよ、みみき、わたしがあなたにしめす、すべてのことこころにとめよ。あなたをここにたずさえてたのは、これをあなたにしめすためである。あなたのることを、ことごとくイスラエルのいえげよ」。

    5 よ、みやそと周囲しゅういに、かきがあり、そのひとに六キュビトのはかりざおがあった。そのキュビトは、おのおの一キュビトとひとはばとである。かれが、そのかきのあつさをはかると、一さおあり、たかさも一さおあった。

    6 かれひがしきのもんき、その階段かいだんのぼって、もん敷居しきいはかると、そのあつさは一さおあり、

    7 そのしょながさ一さお、はば一さお、しょと、しょとのあいだは五キュビトあり、うちもんろうのかたわらのもん敷居しきいは一さおあった。

    8 もんろうはかると八キュビトあり、

    9 そのわきばしらは二キュビト、もんろう内側うちがわにあった。

    10 ひがしきのもんしょは、こなたに三つ、かなたに三つあり、三つともおな寸法すんぽうである。わきばしらもまた、こなたかなたともにおな寸法すんぽうである。

    11 もん入口いりぐちひろさをはかると十キュビトあり、もんながさは十三キュビトあった。

    12 しょまえさかいは一キュビト、かなたのさかいも一キュビトで、しょは、こなたかなたともに六キュビトあった。

    13 かれがまたこのしょうらから、かのしょうらまで、もんはかると、入口いりぐちから入口いりぐちまで二十五キュビトあった。

    14 かれがまたろうはかると二十キュビトあり、もんろう周囲しゅういは、すべてにわである。

    15 入口いりぐちもんまえからうちもんろうまえまで五十キュビトあり、

    16 しょと、もん内側うちがわ周囲しゅういわきばしらとにまどがあり、ろう内側うちがわ周囲しゅういにも、同様どうようまどがあり、わきばしらには、しゅろがあった。

    17 かれがまたわたしをそとにわたずされると、よ、にわ周囲しゅういもうけたしつと、敷石しきいしとがあり、敷石しきいしうえに三十のしつがあった。

    18 敷石しきいしもんのわきにあり、もんおなながさで、これはした敷石しきいしである。

    19 かれしたもんうちまえから、内庭うちにわそとまえまでの距離きょりはかると、百キュビトあった。

    20 またかれはわたしにさきだってきたった。よ、そこにそとにわぞくするきたきのもんがあった。かれはそのながさとはばとをはかった。

    21 そのしょが、こなたに三つ、かなたに三つあり、またわきばしらろうとがあった。これらははじめのもんおな寸法すんぽうで、ながさは五十キュビト、はばは二十五キュビトである。

    22 そのまどと、ろうと、しゅろとは、ひがしきのもんにあるものとおな寸法すんぽうである。そして七だん階段かいだんて、それにのぼると、ろう内側うちがわにあった。

    23 内庭うちにわもんきたひがしもんかっていた。かれもんからもんまでをはかると、百キュビトあった。

    24 かれがまたわたしをみなみかせると、よ、みなみきのもんがあった。そのわきばしらろうはかると、ほかおな寸法すんぽうであった。

    25 これと、そのろう周囲しゅういとに、まどのようなまどがあって、そのながさは五十キュビト、はばは二十五キュビトあった。

    26 これをのぼるのに七だん階段かいだんがあり、そのろう内側うちがわにあった。そのわきばしらうえには、こなたに一つ、かなたに一つのしゅろがあった。

    27 内庭うちにわにはみなみきのもんがあり、もんからもんまでみなみほうはかると、百キュビトあった。

    28 かれがわたしをみなみもんから内庭うちにわにはいらせ、みなみもんはかると、さきのものと、おな寸法すんぽうであった。

    29 そのしょと、わきばしらと、ろうとは、のものとおな寸法すんぽうで、そのもんと、ろう周囲しゅういとにはまどがあり、もんながさは五十キュビト、はばは二十五キュビトであった。

    30 周囲しゅういろうがあって、そのながさは二十五キュビト、はばは五キュビトである。

    31 そのろうそとにわめんして、わきばしらうえにしゅろがあり、その階段かいだんは八だんであった。

    32 かれはまたわたしを内庭うちにわひがしほうたずさえてって、もんはかった。それはほかおな寸法すんぽうであった。

    33 そのしょと、わきばしらと、ろうとは、ほかおな寸法すんぽうで、そのもんと、そのろう周囲しゅういとにまどがあり、もんながさは五十キュビト、はばは二十五キュビトである。

    34 そのろうそとにわめんし、そのわきばしらうえには、こなたかなたに、しゅろがあり、その階段かいだんは八だんであった。

    35 かれがまたわたしをきたもんたずさえてって、これをはかると、それはほかおな寸法すんぽうであった。

    36 そのしょと、わきばしらと、ろうとは、ほかおな寸法すんぽうで、その周囲しゅういまどがあり、もんながさは五十キュビト、はばは二十五キュビトである。

    37 そのろうそとにわめんし、そのわきばしらうえには、こなたかなたに、しゅろがあり、その階段かいだんは八だんであった。

    38 もんろうのあるしつがあって、そこは燔祭はんさいものあらところである。

    39 もんろうに、こなたに二つのだい、かなたに二つのだいがあり、そのうえで、燔祭はんさい罪祭ざいさい愆祭けんさいものをほふるのであった。

    40 きたもん入口いりぐちにあるろうそと片側かたがわに、二つのだいがあり、もんろうがわにも、二つのだいがあり、

    41 もんのかたわら、内側うちがわに四つのだい外側そとがわに四つのだいがあって、わせて八つのだいである。そのうえで、犠牲ぎせいものをほふるのである。

    42 そこにまた燔祭はんさいのために四つのいしだいがあり、そのながさは一キュビトはんはばは一キュビトはんたかさは一キュビト、そのうえ燔祭はんさいおよび犠牲ぎせいをほふるうつわくのである。

    43 うち周囲しゅういに、ひとはばくぎちつけてあって、そなものにくは、だいうえかれるのである。

    44 かれはまたわたしを、そとから内庭うちにわれてはいった。よ、内庭うちにわに二つのしつがあり、一つはきたもんのかたわらにあってみなみかい、一つはみなみもんのかたわらにあって、きたかっていた。

    45 かれはわたしにった、このみなみきのしつは、みやまも祭司さいしのためのもの、

    46 またきたきのしつは、祭壇さいだんまも祭司さいしのためのものである。そのひとたちは、レビの子孫しそんのうちのザドクの子孫しそんであって、しゅちかつかえるものたちである。

    47 そしてかれにわはかると、そのながさは百キュビト、はばも百キュビトで四かくである。みやまえには祭壇さいだんがあった。

    48 かれがわたしをみやろうれてって、ろうわきばしらはかると、こなたも五キュビト、かなたも五キュビトであり、もんはばは十四キュビトである。もんかべは、こなたも三キュビト、かなたも三キュビトである。

    49 ろうながさは二十キュビト、はばは十二キュビトであり、十の階段かいだんによってのぼるのである。わきばしら沿って、こなたに一つ、かなたに一つのはしらがあった。