聖典
エゼキエル書48
戻る 次へ

第48章

1 イスラエルの部族ぶぞくつぎのとおりである。きたはてからヘテロンのみちて、ハマテの入口いりぐちいたり、ハマテに相対あいたいするダマスコのきたさかいにあるハザル・エノンにおよび、ひがしほうから西にしほうへのびる地方ちほう、これがダンのぶんである。

2 ダンの領地りょうち沿って、ひがしほうから西にしほうへのびる地方ちほう、これがアセルのぶんである。

3 アセルの領地りょうち沿って、ひがしほうから西にしほうへのびる地方ちほう、これがナフタリのぶんである。

4 ナフタリの領地りょうち沿って、ひがしほうから西にしほうへのびる地方ちほう、これがマナセのぶんである。

5 マナセの領地りょうち沿って、ひがしほうから西にしほうへのびる地方ちほう、これがエフライムのぶんである。

6 エフライムの領地りょうち沿って、ひがしほうから西にしほうへのびる地方ちほう、これがルベンのぶんである。

7 ルベンの領地りょうち沿って、ひがしほうから西にしほうへのびる地方ちほう、これがユダのぶんである。

8 ユダの領地りょうち沿って、ひがしほうから西にしほうへのびる地方ちほうは、あなたがたのささげる献納けんのうとせよ。そのはばは二万五千キュビト、そのひがしほうから西にしほうへのびるながさは、部族ぶぞくの一つのぶんおなじで、聖所せいじょはそのなかにある。

9 すなわちあなたがたのしゅにささげる献納けんのうながさ二万五千キュビト、はば二万キュビトとである。

10 これが祭司さいしへのせいなる献納けんのうである。すなわち祭司さいしぶんは、きたは二万五千キュビト、西にしはば一万キュビト、ひがしはば一万キュビト、みなみながさ二万五千キュビトである。しゅ聖所せいじょはそのなかにある。

11 これはイスラエルの人々ひとびとまよとき、レビびとがまよったようにまよったことはなく、わがつとめまもとおしたザドクの子孫しそんのうちから、聖別せいべつされた祭司さいしぞくする。

12 このようにレビびとのさかい沿って、いとせいなる、すなわちせいなる献納けんのうが、特別とくべつぶんとしてかれらにぞくする。

13 レビびとのぶん祭司さいし所有しょゆうさかい沿って、ながさ二万五千キュビト、はば一万キュビト、すなわち、そのすべてのながさ二万五千キュビト、はば二万キュビトである。

14 かれらはこれをってはならない、また交換こうかんしてはならない、またその大事だいじぶんばなしてはならない。これはしゅぞくするせいなるものだからである。

15 そののこりのすなわちはば五千キュビト、ながさ二万五千キュビトはまちのため、すみかのため、また郊外こうがいのための一般人いっぱんじん地所じしょとせよ。まちはそのなかけ。

16 一般人いっぱんじん地所じしょひろさはつぎのとおりである。すなわちきたほう四千五百キュビト、みなみほう四千五百キュビト、ひがしほう四千五百キュビト、西にしほう四千五百キュビトである。

17 まち郊外こうがいふくむ。郊外こうがいきた二百五十キュビト、みなみ二百五十キュビト、ひがし二百五十キュビト、西にし二百五十キュビトである。

18 せいなる献納けんのう沿っているのこりのながさはひがしへ一万キュビト、西にしへ一万キュビトである。これはせいなる献納けんのう沿っており、その産物さんぶつまちはたらひと食物しょくもつとなる。

19 まちはたらひとは、イスラエルのすべての部族ぶぞくからて、これを耕作こうさくするのである。

20 あなたがたがささげる献納けんのう全体ぜんたいは二万五千キュビト四方しほうである。これはまち所有しょゆうともせいなる献納けんのうである。

21 せいなる献納けんのうまち所有しょゆうとの、こなたかなたののこりのは、きみたるものぞくする。これはせいなる献納けんのうの二万五千キュビトにめんしてひがしさかいいたり、西にしはその二万五千キュビトにめんして西にしさかいいたり、部族ぶぞくぶん沿うもので、きみたるものぞくする。せいなる献納けんのうと、みや聖所せいじょとは、そのなかにある。

22 まち所有しょゆうは、きみたるものぞくする部分ぶぶんなかにあり、そしてきみたるものぶんは、ユダの領地りょうちと、ベニヤミンの領地りょうちとのあいだにある。

23 なおのこりの部族ぶぞくではひがしほうから西にしほういた地方ちほう、これがベニヤミンのぶんである。

24 ベニヤミンの領地りょうち沿って、ひがしほうから西にしほういた地方ちほう、これがシメオンのぶんである。

25 シメオンの領地りょうち沿って、ひがしほうから西にしほういた地方ちほう、これがイッサカルのぶんである。

26 イッサカルの領地りょうち沿って、ひがしほうから西にしほういた地方ちほう、これがゼブルンのぶんである。

27 ゼブルンの領地りょうち沿って、ひがしほうから西にしほういた地方ちほう、これがガドのぶんである。

28 みなみほうはガドの領地りょうち沿って、タマルからメリボテ・カデシのみずいたり、そこからエジプトのかわ沿って大海たいかいいたる。

29 これはあなたがたが、くじをもってイスラエルの部族ぶぞくのうちにけて、ぎょうとすべきである。これがかれらのぶんであると、しゅなるかみわれる。

30 まち出口でぐちつぎのとおりである。きたほうながさは四千五百キュビトである。

31 まちもんはイスラエルの部族ぶぞくにしたがい、三つのもんになっている。すなわちルベンのもん、ユダのもん、レビのもんである。

32 ひがしほうは四千五百キュビトであって、三つのもんがある。すなわちヨセフのもん、ベニヤミンのもん、ダンのもんである。

33 みなみほうは四千五百キュビトであって、三つのもんがある。すなわちシメオンのもん、イッサカルのもん、ゼブルンのもんである。

34 西にしほうは四千五百キュビトであって、三つのもんがある。すなわちガドのもん、アセルのもん、ナフタリのもんである。

35 まち周囲しゅういは一万八千キュビトあり、このからのち、このまちは『しゅそこにいます』とばれる」。