聖典
    エゼキエル書42
    脚注
    Theme

    第42章

    1 かれはわたしをきたほう内庭うちにわし、にわかったきたほう建物たてものたいするしつみちびいた。

    2 北側きたがわにある建物たてものながさは百キュビト、はばは五十キュビトである。

    3 二十キュビトの内庭うちにわつづいて、そとにわ敷石しきいしめんし、三かいになった廊下ろうかがあった。

    4 またしつまえはば十キュビト、ながさ百キュビトの通路つうろがあった。そのきたかっていた。

    5 その建物たてものうえしつは、したしつなかしつよりもせまかった。それは廊下ろうかのために、場所ばしょったためである。

    6 これらは三かいであって、そとにわはしらのようなはしらたなかった。それでうえしつは、したおよびなかしつよりもせまいのである。

    7 しつそと沿ってかきがあり、それはしつかってそとにわいたる。そのながさは五十キュビト、

    8 そとにわしつながさも五十キュビトあった。みやめんするところは百キュビトであった。

    9 これらのしつしたそとにわからこれにはいるように、東側ひがしがわ入口いりぐちがあった。

    10 外側そとがわのかきは、そとにわはじまっている。みなみほうで、にわ建物たてものとのまえに、しつがあった。

    11 きたきのしつ同様どうように、そのまえ通路つうろがあり、そのながさもはば同様どうようで、その出口でぐちもその配置はいちもその同様どうようである。

    12 みなみしつしたに、人々ひとびと通路つうろにはいるひがし入口いりぐちがあり、これにたいしてへだてのかきがあった。

    13 ときかれはわたしにった、「にわめんしたきたしつと、みなみしつとは、せいなるしつであって、しゅちかつかえる祭司さいしたちが、もっとせいなるものをべる場所ばしょである。その場所ばしょかれらは、もっとせいなるもの、すなわち素祭そさい罪祭ざいさい愆祭けんさいのものをかなければならない。その場所ばしょせいだからである。

    14 祭司さいしたちが、聖所せいじょにはいったときは、そこからそとにわてはならない。かれらはつとめをおこな衣服いふくを、そのところかなければならない。これはせいだからである。かれらは民衆みんしゅうぞくする場所ばしょちかづくまえに、衣服いふくけなければならない」。

    15 かれらはみやにわ内部ないぶはかえると、ひがしきのもんみちから、わたしをして、みや周囲しゅういはかった。

    16 かれはかりざおで、東側ひがしがわはかると、はかりざおで五百キュビトあり、

    17 またてんじて、北側きたがわはかると、はかりざおで五百キュビトあり、

    18 またてんじて、南側みなみがわはかると、はかりざおで五百キュビトあり、

    19 またてんじて、西側にしがわはかると、はかりざおで五百キュビトあった。

    20 このように、四方しほうはかったが、その周囲しゅういに、ながさ五百キュビト、はば五百キュビトのかきがあって、聖所せいじょと、ぞくところとのへだてをなしていた。