聖典
    エゼキエル書8
    脚注
    Theme

    第8章

    1 だいねんの六がつにわたしがわたしのいえし、ユダの長老ちょうろうたちがわたしのまえしていたとき、しゅなるかみがわたしのうえくだった。

    2 わたしはていると、よ、ひとのようなかたちがあって、そのこしとみられるところからしたのようにえ、こしからうえひか青銅せいどうのようにかがやいてえた。

    3 かれのようなものをべて、わたしのかみをつかんだ。そしてれいがわたしをてんあいだきあげ、かみまぼろしのうちにわたしをエルサレムにたずさえてき、きたかった内庭うちにわもん入口いりぐちいたらせた。そこには、ねたみをひきおこすねたみの偶像ぐうぞうがあった。

    4 よ、そこに、わたしがかの平野へいやまぼろしのようなイスラエルのかみ栄光えいこうがあらわれた。

    5 ときかれはわたしにわれた、「ひとよ、をあげてきたほうをのぞめ」。そこでわたしがをあげてきたほうをのぞむと、よ、祭壇さいだんもんきたにあたって、その入口いりぐちに、このねたみの偶像ぐうぞうがあった。

    6 かれはまたわたしにわれた、「ひとよ、あなたはかれらのしていること、すなわちイスラエルのいえがここでしているおおいなるにくむべきことをるか。これはわたしを聖所せいじょからとおざけるものである。しかしあなたは、さらにおおいなるにくむべきことをるだろう」。

    7 そしてかれはわたしをにわもんかせた。わたしがると、よ、かべに一つのあながあった。

    8 かれはわたしにわれた、「ひとよ、かべあなをあけよ」。そこでわたしがかべあなをあけると、よ、一つのがあった。

    9 かれはわたしにわれた、「はいって、かれらがここでなすところしきにくむべきことをよ」。

    10 そこでわたしがはいってると、もろもろのうものと、にくむべきけものかたち、およびイスラエルのいえのもろもろの偶像ぐうぞうが、まわりのかべえがいてあった。

    11 またイスラエルのいえ長老ちょうろう七十にんが、そのまえっていた。シャパンのヤザニヤも、かれらのなかっていた。おのおの香炉こうろち、そしてそのこうけむりくものようにのぼった。

    12 ときかれはわたしにわれた、「ひとよ、イスラエルのいえ長老ちょうろうたちがくらところおこなこと、すなわちおのおのその偶像ぐうぞうしつおこなことるか。かれらはう、『しゅはわれわれをられない。しゅはこのてられた』と」。

    13 またわたしにわれた、「あなたはさらにかれらがなすおおいなるにくむべきことをる」。

    14 そしてかれはわたしをれてしゅいえきたもん入口いりぐちった。よ、そこにおんなたちがすわって、タンムズのためにいていた。

    15 そのときかれはわたしにわれた、「ひとよ、あなたはこれをたか。これよりもさらにおおいなるにくむべきことをるだろう」。

    16 かれはまたわたしをれて、しゅいえ内庭うちにわにはいった。よ、しゅみや入口いりぐちに、ろう祭壇さいだんとのあいだに二十五にんばかりのひとが、しゅみやにその背中せなかけ、かおひがしけ、ひがしかって太陽たいようおがんでいた。

    17 ときかれはわたしにわれた、「ひとよ、あなたはこれをたか。ユダのいえにとって、かれらがここでしているこれらのにくむべきわざはかるいことであるか。かれらはこの暴虐ぼうぎゃくたし、さらにわたしをいからせる。よ、かれらはそのはなえだく。

    18 それゆえ、わたしもいきどおってことおこなう。わたしのかれらをしみず、またあわれまない。たといかれらがわたしのみみ大声おおごえばわっても、わたしはかれらのうことをかない」。