聖典
    エゼキエル書17
    脚注
    Theme

    第17章

    1 ときしゅ言葉ことばがわたしにのぞんだ、

    2 ひとよ、イスラエルのいえになぞをかけ、たとえをかたって、

    3 え。しゅなるかみがこうわれる、さまざまのいろ羽毛うもうおおち、おおきなつばさと、なが羽根はねとをおおわしがレバノンにて、香柏こうはくのこずえにとまり、

    4 そのわかえだいただきり、これを商業しょうぎょうはこび、商人しょうにんまちいた。

    5 またそのたねをとって、これをえたつちえた。すなわちみずおおところにもってって、やなぎえるようにこれをえた。

    6 これが成長せいちょうして、たけひくく、はびこるぶどうのとなり、えだはわしにかい、はわしのしたにあり、こうしてついにぶどうのとなり、えだばし、した。

    7 ここにまたおおきなつばさと、羽毛うもうおおいほかの一おおわしがあった。よ、このぶどうのは、うるおいをるために、そのをわしにかってまげ、そのえだをわしにかってばした。

    8 これがえだし、むすび、みごとなぶどうのとなるために、わしはこれをえた苗床なえどこからみずおおうつえた。

    9 あなたは、しゅなるかみがこうわれるとえ、これはさかえるであろうか。わしはそのき、そのえだり、その若葉わかばみならさないであろうか。これをそのからあげるには、つようでおおくのたみ必要ひつようとしない。

    10 よ、それがうつえられたら、またさかえるであろうか。東風ひがしかぜがこれをとき、それはれてしまわないであろうか。そのそだった苗床なえどこれないであろうか」。

    11 しゅ言葉ことばがまたわたしにのぞんだ、

    12 反逆はんぎゃくいええ。これらがなんであるかをあなたがたはらないのか。かれらにえ、よ、バビロンのおうがエルサレムにきて、そのおうとつかさとをとらえ、これをバビロンにいてった。

    13 またおう子孫しそんのひとりをとらえて、これと契約けいやくむすび、ちかいをてさせ、またくにのおもだった人々ひとびととらえてった。

    14 これはこのくにいやしくして、みずからつことができないようにし、その契約けいやくまもることによってたせるためである。

    15 しかしかれはバビロンのおうにそむき、使者ししゃをエジプトにおくって、うまおおくのへいとをそこからようとした。かれ成功せいこうするだろうか。このようなことをなすものは、のがれることができようか。

    16 契約けいやくやぶってなおのがれることができようか。しゅなるかみわれる、わたしはきている、かならかれ自分じぶんおうとなしたおうところかれてたちかいをかろんじ、その契約けいやくやぶった相手あいておうのいるバビロンでかれぬ。

    17 おおくのいのちつためにるいきずき、雲梯うんていてるとき、パロはけっしておおいなる軍勢ぐんぜいと、おおくのひととをもって、かれたすけてたたかいをしない。

    18 かれちかいをかろんじ、契約けいやくやぶり、そのあたえてちかいながら、なおこれらのことをしたゆえ、のがれることはできない。

    19 それゆえ、しゅなるかみはこうわれる、わたしはきている、かれがわたしのちかいをかろんじ、わたしの契約けいやくやぶったことを、かならかれのこうべにむくいる。

    20 わたしはわがあみかれうえちかけ、かれをわがわなにとらえて、バビロンにいてき、かれがわたしにむかっておかした反逆はんぎゃくのために、そのところかれをさばく。

    21 かれのすべての軍隊ぐんたいのえりきの兵士へいしみなつるぎにたおれ、のこったもの八方はっぽうらされる。そしてあなたがたはしゅなるわたしが、これをかたったことをるようになる」。

    22 しゅなるかみはこうわれる、「わたしはまた香柏こうはくたかいこずえからしょうえだをとって、これをえ、その若芽わかめいただきからやわらかいみとり、これをたかいすぐれたやまえる。

    23 わたしはイスラエルのたかやまにこれをえる。これはえだし、むすび、みごとな香柏こうはくとなり、そのしたにもろもろの種類しゅるいけものみ、そのえだかげ各種かくしゅとりをつくる。

    24 そしてのすべてのは、しゅなるわたしがたかひくくし、ひくたかくし、みどりらし、みどりにすることをるようになる。しゅであるわたしはこれをかたり、これをするのである」。