聖典
    エゼキエル書13
    脚注
    Theme

    第13章

    1 しゅ言葉ことばがわたしにのぞんだ、

    2 ひとよ、イスラエルの預言者よげんしゃたちにかって預言よげんせよ。すなわち自分じぶんこころのままに預言よげんする人々ひとびとかって、預言よげんしてえ、『あなたがたはしゅ言葉ことばけ』。

    3 しゅなるかみはこうわれる、なにもないで、自分じぶんれいしたがおろかな預言者よげんしゃたちはわざわいだ。

    4 イスラエルよ、あなたの預言者よげんしゃたちは、あとにいるきつねのようだ。

    5 あなたがたはしゅたたかいにつため、やぶくちにのぼらず、またイスラエルのいえのためにいしがきをきずこうともしない。

    6 かれらは虚偽きょぎい、いつわりをうらなった。かれらはしゅかれらをつかわさないのに『しゅわれる』とい、なおその言葉ことば成就じょうじゅすることを期待きたいする。

    7 あなたがたはむなしいまぼろしいつわりのうらないをかたり、わたしがわないのに『しゅわれる』とったではないか」。

    8 それゆえ、しゅなるかみはこうわれる、「あなたがたはむなしいことをかたり、いつわりのものるゆえ、わたしはあなたがたをばっするとしゅなるかみわれる。

    9 わたしのは、むなしいまぼろしいつわりのうらないを預言者よげんしゃ敵対てきたいする。かれらはわがたみかいのぞまず、イスラエルのいえせきにしるされず、イスラエルのに、はいることができない。そしてあなたがたはわたしがしゅなるかみであることをるようになる。

    10 かれらはわがたみまどわし、平和へいわがないのに『平和へいわ』とい、またたみへいきずとき、これらの預言者よげんしゃたちはみずしっくいをもってこれをる。

    11 それゆえ、みずしっくいをものどもに『これはかならずくずれる』とえ。これに大雨おおあめそそぎ、ひょうがり、あらしがく。

    12 そしてへいがくずれるとき人々ひとびとはあなたがたにかって、『あなたがたがったみずしっくいはどこにあるか』とわないであろうか。

    13 それゆえ、しゅなるかみはこうわれる、わたしはわがいきどおりをもって大風おおかぜおこし、わがいかりをもって大雨おおあめそそがせ、いきどおりをもってひょうをらせて、これをほろぼす。

    14 またわたしはあなたがたがみずしっくいをもってったへいをこわして、これをたおし、そのもといをあらわす。これがたおれるとき、あなたがたはそのなかほろびる。そしてあなたがたは、わたしがしゅであることをるようになる。

    15 こうしてわたしが、そのへいと、これをみずしっくいでったものとのうえに、わたしのいきどおりをらしつくして、あなたがたにう、へいはなくなり、これをったものもなくなる。

    16 これがすなわち平和へいわがないのに平和へいわまぼろし、エルサレムについて預言よげんしたイスラエルの預言者よげんしゃであると、しゅなるかみわれる。

    17 ひとよ、こころのままに預言よげんするあなたのたみむすめたちにたいして、あなたのかおけ、かれらにかって預言よげんして、

    18 え、しゅなるかみはこうわれる、節々ふしぶしうらないひもをいつけ、もろもろのおおきさのひとあたまに、かぶりものつくりかぶせて、たましいをかりろうとするおんなはわざわいだ。あなたがたは、わがたみたましいをかりって、あなたがたの利益りえきのために、たましいかしおこうとするのか。

    19 あなたがたはすこしばかりの大麦おおむぎのため、すこしばかりのパンのために、わがたみのうちに、わたしをけがし、かのいつわりをきいれるわがたみいつわりをべて、んではならないものなせ、きていてはならないものかす。

    20 それゆえ、しゅなるかみはこうわれる、よ、わたしはあなたがたがもちいて、たましいをかりるところのうらないひもをうばい、あなたがたのうでからうらないひもをって、あなたがたがかりるところのたましいを、とりのようにはなちやる。

    21 わたしはまたあなたがたの、かぶりものき、わがたみをあなたがたのからすくう。かれらはふたたびあなたがたの獲物えものとはならない。そしてあなたがたはわたしがしゅであることをるようになる。

    22 あなたがたはいつわりをもってただしいものこころなやました。わたしはこれをなやまさなかった。またあなたがたは悪人あくにんが、そのいのちすくうために、そのしきみちからはなれようとするとき、それをしないようにすすめる。

    23 それゆえ、あなたがたはかさねてむなしいまぼろしることができず、うらないをすることができないようになる。わたしはわがたみを、あなたがたのからすくす。そのとき、あなたがたはわたしがしゅであることをるようになる」。