聖典
    エゼキエル書47
    脚注
    Theme

    第47章

    1 そしてかれはわたしをみや戸口とぐちかえらせた。よ、みずみや敷居しきいしたから、ひがしほうながれていた。みやひがしめんし、そのみずは、したからて、祭壇さいだんみなみにあるみや敷居しきいみなみたんから、ながくだっていた。

    2 かれきたもんみちから、わたしをし、そとをまわって、ひがしかうそともんかせた。よ、みずみなみほうからながていた。

    3 そのひとひがしすすみ、はかりなわをもって一千キュビトをはかり、わたしをわたらせた。するとみずはくるぶしにたっした。

    4 かれがまた一千キュビトをはかって、わたしをわたらせると、みずはひざにたっした。かれがまた一千キュビトをはかって、わたしをわたらせると、みずこしたっした。

    5 かれがまた一千キュビトをはかると、わたないほどのかわになり、みずふかくなって、およげるほどのみずないほどのかわになった。

    6 かれはわたしに「ひとよ、あなたはこれをるか」とった。それから、かれはわたしをかわきし沿ってかえった。

    7 わたしがかえってくると、よ、かわきしのこなたかなたに、はなはだおおくのがあった。

    8 かれはわたしにった、「このみずひがしさかいながれてき、アラバにくだり、そのみずが、よどんだうみにはいると、それはきよくなる。

    9 おおよそこのかわながれるところでは、もろもろのうごものみなき、また、はなはだおおくのうおがいる。これはそのみずがはいると、うみみずきよくするためである。このかわながれるところでは、すべてのものがきている。

    10 すなどるものが、うみのかたわらにち、エンゲデからエン・エグライムまで、あみところとなる。そのうおは、大海たいかいうおのように、その種類しゅるいがはなはだおおい。

    11 ただし、そのさわぬまとはきよめられないで、しおのままでのこる。

    12 かわのかたわら、そのきしのこなたかなたに、食物しょくもつとなる各種かくしゅそだつ。そのれず、そのえず、つきごとにあたらしいがなる。これはそのみず聖所せいじょからながるからである。その食用しょくようきょうせられ、そのくすりとなる」。

    13 しゅなるかみは、こうわれる、「あなたがたがイスラエルの十二の部族ぶぞくに、ぎょうとして土地とちあたえるには、そのさかいつぎのようにさだめなければならない。ヨセフには二つのぶんあたえよ。

    14 あなたがたは、これを公平こうへいけよ。これはわたしが、あなたがたの先祖せんぞあたえるとちかったもので、これはぎょうとして、あなたがたにぞくするものである。

    15 そのさかいはこのとおりである。きた大海たいかいからヘテロンのみちて、ハマテの入口いりぐちおよびゼダデにいたり、

    16 またベロテおよびダマスコとハマテのさかいにあるシブライムにいたり、ハウランのさかいにあるハザル・ハテコンにおよぶ。

    17 そのさかいうみからダマスコのきたさかいにあるハザル・エノンにおよび、きたほうはハマテがそのさかいである。これがきたほうである。

    18 ひがしほうは、ハウランとダマスコのあいだのハザル・エノンから、ギレアデとイスラエルのとのあいだの、ヨルダンに沿い、ひがしうみいたり、タマルにおよぶ。これがひがしほうである。

    19 みなみほうはタマルからメリボテ・カデシのかわおよび、そこからエジプトのかわ沿って大海たいかいいたる。これがみなみほうである。

    20 西にしほうはハマテの入口いりぐちいた大海たいかいさかいとする。これが西にしほうである。

    21 あなたがたはこのように、イスラエルの部族ぶぞくしたがって、このをあなたがたのあいだ分割ぶんかつせよ。

    22 あなたがたは、くじをもって、これをあなたがたのうちにけ、またあなたがたのうちにいて、あなたがたのうちに、んだ寄留きりゅう他国たこくじんのうちにけて、ぎょうとせよ。かれらは、あなたがたには、イスラエルの人々ひとびとのうちの本国ほんごくじん同様どうようである。かれらもあなたがたと一緒いっしょにくじをいて、イスラエルの部族ぶぞくのうちにぎょうるべきである。

    23 他国たこくじんには、そのんでいる部族ぶぞくのうちで、そのぎょうをこれにあたえなければならないと、しゅなるかみわれる。