聖典
    エゼキエル書9
    脚注
    Theme

    第9章

    1 ときかれはわたしのみみ大声おおごえばわってわれた、「まちばっするものたちよ、おのおのほろぼす武器ぶきをそのってちかよれ」と。

    2 よ、きたかううえもんみちからる六にんものがあった。おのおのそのほろぼす武器ぶきち、かれらのなかのひとりは亜麻あまぬの、そのこしものすみつぼをつけていた。かれらははいってて、青銅せいどう祭壇さいだんのかたわらにった。

    3 ここにイスラエルのかみ栄光えいこうがそのしているケルビムからちあがって、みや敷居しきいにまでいたった。そしてしゅは、亜麻あまぬのて、そのこしものすみつぼをつけているものび、

    4 かれわれた、「まちなか、エルサレムのなかをめぐり、そのなかおこなわれているすべてのにくむべきことにたいしてなげかなしむ人々ひとびとひたいにしるしをつけよ」。

    5 またわたしのいているところものわれた、「かれのあとにしたがまちをめぐって、て。あなたのしみるな。またあわれむな。

    6 老若男女ろうにゃくなんにょをことごとくころせ。しかしにしるしのあるものにはれるな。まずわたしの聖所せいじょからはじめよ」。そこで、かれらはみやまえにいた老人ろうじんからはじめた。

    7 このときしゅかれらにわれた、「みやけがし、死人しにんにわたせ。け」。そこでかれらはって、まちなかった。

    8 さてかれらが人々ひとびところしていたとき、わたしひとりだけがのこされたので、ひれして、さけんでった、「ああしゅなるかみよ、あなたがエルサレムのうえいかりをそそがれるとき、イスラエルののこりのものを、ことごとくほろぼされるのですか」。

    9 しゅはわたしにわれた、「イスラエルとユダのいえつみ非常ひじょうおおきい。くにち、まち不義ふぎちている。かれらはう、『しゅはこのてられた。しゅかえりみられない』。

    10 それゆえ、わたしのかれらをしみず、またあわれまない。かれらのおこなうところを、かれらのこうべにむくいる」。

    11 ときに、かの亜麻あまぬのものすみつぼをこしにつけていたひと報告ほうこくしてった、「わたしはあなたがおめいじになったようにおこないました」。