聖典
    エゼキエル書1
    脚注
    Theme

    エゼキエルしょ

    第1章

    1 だい三十ねんがつに、わたしがケバルがわのほとりで、捕囚ほしゅう人々ひとびとのうちにいたときてんひらけて、かみまぼろした。

    2 これはエホヤキンおうとらうつされただいねんであって、そのつきの五に、

    3 しゅ言葉ことばがケバルがわのほとり、カルデヤびとのでブジの祭司さいしエゼキエルにのぞみ、しゅがそのところかれうえにあった。

    4 わたしがていると、よ、はげしいかぜおおいなるくもきたからて、その周囲しゅういかがやきがあり、たえずしていた。そのなか青銅せいどうのようにかがやくものがあった。

    5 またそのなかから四つのきもののかたちてきた。その様子ようすはこうである。かれらはひと姿すがたをもっていた。

    6 おのおの四つのかおをもち、またそのおのおのに四つのつばさがあった。

    7 そのあしはまっすぐで、あしのうらはうしあしのうらのようであり、みがいた青銅せいどうのようにひかっていた。

    8 その四方しほうに、そのおのおののつばさしたひとがあった。この四つのものはみなかおつばさをもち、

    9 つばさたがいつらなり、ときまわらずに、おのおのかおかうところにまっすぐにすすんだ。

    10 かおかたちは、おのおのその前方ぜんぽうひとかおをもっていた。四つのものみぎほうに、ししのかおをもち、四つのものひだりほううしかおをもち、また四つのものうしろのほうに、わしのかおをもっていた。

    11 かれらのかおはこのようであった。そのつばさたかばされ、その二つはたがいつらなり、の二つをもってからだをおおっていた。

    12 かれらはおのおのそのかおかうところへまっすぐにき、れいくところへかれらもき、そのときまわらない。

    13 このきもののうちにはえるすみのようなものがあり、たいまつのように、きもののなかしている。かがやいて、そのから、いなずまがていた。

    14 きものは、いなずまのひらめきのようにはやしていた。

    15 わたしがきものをていると、きもののかたわら、うえがあった。四つのきものおのおのに、一つずつのである。

    16 もろもろのかたちつくりは、ひかかんらんいしのようである。四つのものはおなかたちで、そのつくりは、あたかも、なかがあるようである。

    17 そのときかれらは四方しほうのいずれかにき、ときまわらない。

    18 四つのにはぶちとがあり、そのぶち周囲しゅういをもってたされていた。

    19 きものがときには、もそのかたわらにき、きものがからあがるときは、もあがる。

    20 れいところにはかれらもき、かれらにともなってあがる。きもののれいなかにあるからである。

    21 かれらがときは、これらもき、かれらがとどまるときは、これらもとどまり、かれらがからあがるときは、もまたこれらとともにあがる。きもののれいなかにあるからである。

    22 きもののあたまうえ水晶すいしょうのようにかがや大空おおぞらかたちがあって、かれらのあたまうえひろがっている。、

    23 大空おおぞらしたにはまっすぐにばしたつばさがあり、たがいに相連あいつらなり、きものはおのおの二つのつばさをもって、からだをおおっている。

    24 そのとき、わたしは大水おおみずこえ全能者ぜんのうしゃこえのようなつばさこえいた。そのこえひびきは大軍たいぐんこえのようで、そのとどまるときつばさをたれる。

    25 またかれらのあたまうえ大空おおぞらからこえがあった。かれらがちとどまるときつばさをおろした。

    26 かれらのあたまうえ大空おおぞらうえに、サファイヤのようなくらいかたちがあった。またそのくらいかたちうえに、ひと姿すがたのようなかたちがあった。

    27 そしてそのこしとみえるところうえほうに、かたちのようなひか青銅せいどういろのものが、これをかこんでいるのをた。わたしはそのこしとみえるところしたほうに、のようなものをた。そしてかれのまわりにかがやきがあった。

    28 そのまわりにあるかがやきのさまは、あめくもおこるにじのようであった。しゅ栄光えいこうかたちのさまは、このようであった。わたしはこれをて、わたしのかおをふせたとき、かたものこえいた。