聖典
    エゼキエル書19
    脚注
    Theme

    第19章

    1 あなたはイスラエルのきみたちのためにかなしみのうたをのべて

    2 え、あなたのはははししのうちにあって、どんなじしであったろう。彼女かのじょわかいししのうちにしてじしをやしなった。

    3 彼女かのじょじしの一つをそだてたが、それはわかいししとなって、獲物えものをとることをまなび、ひとべた。

    4 国々くにぐにひとかれたいしてさけごえをあげ、おとあなでこれをとらえ、かぎでこれをエジプトのいてった。

    5 じしは自分じぶんおもいがやぶれ、そののぞみをうしなったのをたので、ほかのじしをとって、これをわかじしとした。

    6 かれはししのうちにし、わかいししとなって、獲物えものをとることをまなび、ひとべた。

    7 かれはその要害ようがいあらし、その町々まちまちほろぼした。そのほえるこえによって、そのとそのなかちるものとはみなおそれた。

    8 そこで国々くにぐにひとかれたいして四方しほうにわなをもうけ、かれあみちかけ、おとあなかれとらえた。

    9 かれらはかぎをもって、これをかごにれ、これをバビロンのおうのもとにれてき、これをおりのなかれて、ふたたびそのこえをイスラエルの山々やまやまきこえさせないようにした。

    10 あなたのははみずのほとりにうつえられたぶどうはたけのぶどうののようで、みずおおいためにみのりがよく、えだがはびこった。

    11 そのつよみききみたるもののつえとなった。それはしげみのなかたかくそびえ、おおくのえだをつけてたかえた。

    12 しかしこのぶどうのいきどおりによってかれ、げうたれ、東風ひがしかぜがそれをらし、そのはもぎられ、そのつよみきれて、ほろぼされた。

    13 いまこれは荒野あらのに、かわいた、みずのないうつえられ、

    14 がそのみきからて、そのえだとをほろぼしたので、つよみきで、きみたるもののつえとなるべきものはそこにない。これがかなしみの言葉ことば、またかなしみのうたとなった。