聖典
    エゼキエル書11
    脚注
    Theme

    第11章

    1 ときれいはわたしをあげて、ひがしかうしゅみやひがしもんれてった。よ、そのもん入口いりぐちに二十五にんものがいた。わたしはそのなかにアズルのヤザニヤと、ベナヤのペラテヤをた。ともたみのつかさであった。

    2 するとかれはわたしにわれた、「ひとよ、これらのものはこのまちなかわることかんがえ、わるはかりごとをめぐらす人々ひとびとである。

    3 かれらはう、『いえてるときちかくはない。このまちはなべであり、われわれはにくである』と。

    4 それゆえ、かれらにかって預言よげんせよ。ひとよ、預言よげんせよ」。

    5 ときに、しゅれいがわたしにくだって、わたしにわれた、「しゅはこうわれるとえ、イスラエルのいえよ、かんがえてみよ。わたしはあなたがたのこころにあることどもをっている。

    6 あなたがたはこのまちころされるものし、ころされたものをもってちまたをたした。

    7 それゆえ、しゅなるかみはこうわれる、まちなかにあなたがたがころされたものにくである。このまちはなべである。しかし、あなたがたはそのなかからされる。

    8 あなたがたはつるぎをおそれた。わたしはあなたがたにつるぎをのぞませると、しゅわれる。

    9 またわたしはあなたがたをそのなかからして、他国たこくじんわたし、あなたがたをさばく。

    10 あなたがたはつるぎにたおれる。わたしはあなたがたをイスラエルのさかいでさばく。これによってあなたがたはわたしがしゅであることをるようになる。

    11 このまちはあなたがたにたいしてなべとはならず、あなたがたはそのにくとはならない。わたしはイスラエルのさかいであなたがたをさばく。

    12 これによって、あなたがたはわたしがしゅであることをるようになる。あなたがたはわたしのさだめにあゆまず、またわたしのおきてをおこなわず、かえってその周囲しゅうい他国たこくじんのおきてにしたがっておこなっているからである」。

    13 このようにわたしが預言よげんしていたとき、ベナヤのペラテヤがんだので、わたしはして、大声おおごえさけんでった、「ああしゅなるかみよ、あなたはイスラエルののこりのものをことごとくほろぼそうとされるのですか」。

    14 ときしゅ言葉ことばがわたしにのぞんでった、

    15 ひとよ、あなたの兄弟きょうだい、あなたのとも、あなたの兄弟きょうだいであるとらわれびと、イスラエルの全家ぜんか、エルサレムの住民じゅうみんった、『かれらがしゅからとおはなれた。このはわれわれの所有しょゆうとしてあたえられているのだ』と。

    16 それゆえ、え、『しゅなるかみはこうわれる、たといわたしはかれらをとお他国たこくじんなかうつし、国々くにぐになからしても、かれらのった国々くにぐにで、わたしはしばらくかれらのために聖所せいじょとなる』と。

    17 それゆえ、え、『しゅはこうわれる、わたしはあなたがたをもろもろのたみなかからあつめ、そのらされた国々くにぐにからあつめて、イスラエルのをあなたがたにあたえる』と。

    18 かれらはそのところとき、そのもろもろのいとうべきものと、もろもろのにくむべきものとをそのところからのぞく。

    19 そしてわたしはかれらに一つのこころあたえ、かれらのうちにあたらしいれいさづけ、かれらのにくからいしこころって、にくこころあたえる。

    20 これはかれらがわたしのさだめにあゆみ、わたしのおきてをまもっておこない、そしてかれらがわたしのたみとなり、わたしがかれらのかみとなるためである。

    21 しかしいとうべきもの、にくむべきものをそのこころしたってあゆものには、かれらのおこないにしたがってそのこうべにむくいると、しゅなるかみわれる」。

    22 ときにケルビムはそのつばさをあげた。がそのかたわらにあり、イスラエルのかみ栄光えいこうがそのうえにあった。

    23 しゅ栄光えいこうまちなかからのぼって、まちひがしにあるやまうえちどまった。

    24 そのときれいはわたしをあげ、かみれいによって、まぼろしのうちにわたしをカルデヤのとらわれびとところたずさえてった。そしてわたしがまぼろしはわたしをはなれてのぼった。

    25 そこでわたしはしゅがわたしにしめされたことをことごとくかのとらわれびとげた。