聖典
    エゼキエル書28
    脚注
    Theme

    第28章

    1 しゅ言葉ことばがわたしにのぞんだ、

    2 ひとよ、ツロのきみえ、しゅなるかみはこうわれる、あなたはこころたかぶってう、『わたしはかみである、神々かみがみにすわって、うみなかにいる』と。しかし、あなたは自分じぶんかみのようにかしこいとおもっても、ひとであって、かみではない。

    3 よ、あなたはダニエルよりもかしこく、すべての秘密ひみつもあなたにはかくれていない。

    4 あなたは知恵ちえさとりとによってとみ金銀きんぎんくらにたくわえた。

    5 あなたはおおいなる貿易ぼうえき知恵ちえによってあなたのとみし、そのとみによってあなたのこころたかぶった。

    6 それゆえ、しゅなるかみはこうわれる、あなたは自分じぶんかみのようにかしこいとおもっているゆえ、

    7 よ、わたしは、もろもろの国民こくみんもっとおそれている異邦人いほうじんをあなたにめこさせる。かれらはつるぎをいて、あなたが知恵ちえをもってうるわしいものにかい、あなたのかがやきをけがし、

    8 あなたをあなれる。あなたはうみなかころされたもののようなげる。

    9 それでもなおあなたは、『自分じぶんかみである』と、あなたをころ人々ひとびとまえうことができるか。あなたは自分じぶんきずつけるものにかかっては、ひとであって、かみではないではないか。

    10 あなたは異邦人いほうじんによって割礼かつれいけないものげる。これはわたしがうのであると、しゅなるかみわれる」。

    11 またしゅ言葉ことばがわたしにのぞんだ、

    12 ひとよ、ツロのおうのためにかなしみのうたをのべて、これにえ。しゅなるかみはこうわれる、あなたは知恵ちえち、のきわみである完全かんぜんしるしである。

    13 あなたはかみそのエデンにあって、もろもろの宝石ほうせきが、あなたをおおっていた。すなわちあかめのう、黄玉おうぎょく青玉せいぎょくかんらんせき緑柱石りょくちゅうせきしまめのう、サファイヤ、ざくろいし、エメラルド。そしてあなたの象眼ぞうがん彫刻ちょうこくきんでなされた。これらはあなたのつくられたに、あなたのためにそなえられた。

    14 わたしはあなたをあぶらそそがれた守護しゅごのケルブと一緒いっしょいた。あなたはかみせいなるやまにいて、いしあいだあるいた。

    15 あなたはつくられたから、あなたのなかあくいだされたまではそのおこないが完全かんぜんであった。

    16 あなたの商売しょうばいさかんになると、あなたのなか暴虐ぼうぎゃくちて、あなたはつみおかした。それゆえ、わたしはあなたをかみやまからけがれたものとしてし、守護しゅごのケルブはあなたをいしあいだからした。

    17 あなたは自分じぶんうつくしさのためにこころたかぶり、そのかがやきのために自分じぶん知恵ちえけがしたゆえに、わたしはあなたをげうち、おうたちのまえいてものとした。

    18 あなたは不正ふせい交易こうえきをしておかしたおおくのつみによってあなたの聖所せいじょけがしたゆえ、わたしはあなたのなかからしてあなたをき、あなたをるすべてのものまえであなたをうえはいとした。

    19 もろもろのたみのうちであなたをものみなあなたについておどろく。あなたはおそるべきおわりをげ、永遠えいえんにうせはてる」。

    20 しゅ言葉ことばがわたしにのぞんだ、

    21 ひとよ、あなたのかおをシドンにけ、これにかって預言よげんして、

    22 え。しゅなるかみはこうわれる、シドンよ、よ、わたしはあなたのてきとなる、わたしはあなたのうちでさかえをあらわす。わたしがシドンのうちにさばきをおこない、そのうちにわたしのせいなることをあらわすときかれらはわたしがしゅであることをる。

    23 わたしは疫病えきびょうをこれにおくり、そのちまたに流血りゅうけつおくる。その四方しほうからこれにのぞむつるぎによってころされるものがそのなかたおれるときかれらはわたしがしゅであることをる。

    24 イスラエルのいえには、もはやすいばらはなく、これをいやしめたその周囲しゅうい人々ひとびとのうちには、くるしめるとげもなくなる。こうしてかれらはわたしがしゅであることをるようになる。

    25 しゅなるかみはこうわれる、わたしがイスラエルのいえものを、そのらされたもろもろのたみなかからあつめ、もろもろの国民こくみんまえで、かれらにわたしのせいなることをあらわすときかれらはわたしが、わがしもべヤコブにあたえたむようになる。

    26 かれらはそこにやすらかにみ、いえて、またぶどうはたけつくる。かつてかれらをいやしめたすべてのとなびとたちにたいして、わたしがさばきをおこなときかれらはやすらかにむ。こうしてかれらは、わたしがかれらのかみしゅであることをる」。