聖典
    エゼキエル書32
    脚注
    Theme

    第32章

    1 だい十二ねんの十二がつにちに、しゅ言葉ことばがわたしにのぞんだ、

    2 ひとよ、エジプトのおうパロのために、かなしみのうたをのべて、これにえ、あなたは自分じぶんをもろもろの国民こくみんのうちのししであるとかんがえているが、あなたはうみなかりゅうのようなものである。あなたはかわなかに、はねき、あしみずをかきまぜ、かわにごす。

    3 しゅなるかみはこうわれる、わたしはおおくのたみ集団しゅうだんをもって、わたしのあみをあなたにげかけ、あなたをあみきあげる。

    4 わたしはあなたをて、おもてげうち、そらのすべてのとりをあなたのうえにとまらせ、ぜんけものにあなたをあたえてかせる。

    5 わたしはあなたのにく山々やまやまて、あなたの死体したいたにたす。

    6 わたしはあなたのながれるで、うるおし、山々やまやまにまでおよぼす。谷川たにがわはあなたの死体したいちる。

    7 わたしはあなたをほろぼすときそらをおおい、ほしくらくし、くもをおおい、つきひかりはなたせない。

    8 わたしはそらかがやひかりを、ことごとくあなたのうえくらくし、あなたのくにをやみとするとしゅなるかみう。

    9 わたしはもろもろの国民こくみん、あなたのらない国々くにぐになかに、あなたをとらうつときおおくのたみこころいたませる。

    10 わたしはあなたについて、おおくのたみおどろかせる。そのおうたちは、わたしがわたしのつるぎを、かれらのまえるうとき、あなたのことでおののく。あなたのたおれるには、かれらはおのおの自分じぶんいのちおもって、えずふるえる。

    11 しゅなるかみはこうわれる、バビロンのおうのつるぎはあなたにのぞむ。

    12 わたしはあなたの民衆みんしゅう勇士ゆうしのつるぎにたおれさせる。かれらはみな、もろもろの国民こくみんなかで、もっとおそれられているものたちである。かれらはエジプトのほこりつ、エジプトの民衆みんしゅうみなほろぼされる。

    13 わたしはその家畜かちくをことごとく、おおくのみずのかたわらからほろぼす。ひとあしふたたびこれをにごさず、家畜かちくのひずめもこれをみださない。

    14 そのときわたしはそのみずきよくし、その川々かわがわあぶらのようにながれさせると、しゅなるかみう。

    15 わたしはエジプトのくにあらし、そのくにちるものが、ことごとくられるとき、わたしがそのなかものをことごとくときかれらはわたしがしゅであることをる。

    16 これはかなしみのうたである。人々ひとびとはこれをうたい、もろもろのくにむすめたちはこれをうたう。すなわちエジプトと、そのすべての民衆みんしゅうとのために、これをうたうのであると、しゅなるかみわれる」。

    17 だい十二ねんの一がつ十五にちに、しゅ言葉ことばがわたしにのぞんだ、

    18 ひとよ、エジプトの民衆みんしゅうのためになげき、これとおおいなる国々くにぐにむすめらとを、したくにくだし、あなくだったもののところにいたらせよ。

    19 『あなたのはだれにまさっているか。くだって、割礼かつれいけないものともせよ』。

    20 かれらはつるぎにころされるもののうちにたおれる。その民衆みんしゅうはこれとともせる。

    21 勇士ゆうし首領しゅりょうはそのたすともに、陰府よみなかからかれらにう、『割礼かつれいけないもの、つるぎにころされたものくだってしている』と。

    22 アッスリヤとその仲間なかまとはそのところにおり、そのはかはこれをかこむ。かれらはみなころされたもの、またつるぎにたおれたものである。

    23 かれらのはかあなおくもうけられ、その仲間なかまはそのはか周囲しゅういにあり、これはみなころされたもの、つるぎにたおれたものけるものおそれをおこしたものである。

    24 そのところにエラムがおり、その民衆みんしゅうみな、そのはか周囲しゅういにおる。かれらはみなころされたもの、つるぎにたおれたもの割礼かつれいけないで、したくにくだったものけるものに、おそれをおこしたもので、あなくだものともに、はじうのである。

    25 かれらはそのすべての民衆みんしゅうともに、ころされたものなかとこき、そのはかはこれをかこむ。これはみな割礼かつれいけないもの、つるぎにころされたものけるものおそれをおこしたもので、あなくだものともはじう。かれらはころされたものなかかれている。

    26 そのところにメセクとトバル、およびすべての民衆みんしゅうがおる。そのはかはこれをかこむ。かれらはみな割礼かつれいけないもので、つるぎでころされたものである。けるものおそれをおこしたからである。

    27 かれらはむかしたおれた勇士ゆうしともさない。これらの勇士ゆうしは、武具ぶぐって陰府よみくだり、つるぎをまくらとし、そのたてほねうえにある。これは勇士ゆうしおそれが、けるものにあったからである。

    28 あなたは割礼かつれいけないもののうちに、つるぎでころされたものともよこたわる。

    29 そのところにエドムとそのおうたちと、そのすべてのきみたちがおる。かれらはそのちからつにもかかわらず、かのつるぎでころされたものともよこたえられ、割礼かつれいけないものおよびあなくだものともしている。

    30 そのところきたきみたち、およびシドンびとがみなおる。かれらは自分じぶんちからによっておそれをおこしたので、ころされたものともはじけて、くだってったものである。かれらはつるぎでころされたものともに、割礼かつれいけずにし、あなくだものともはじう。

    31 パロはかれらをとき、そのすべての民衆みんしゅうについてなぐさめられる。パロとそのすべての軍勢ぐんぜいとは、つるぎでころされると、しゅなるかみわれる。

    32 かれけるものくにおそれをひろげた。それゆえ、パロとすべての民衆みんしゅうとは、割礼かつれいけないもののうちにあって、つるぎでころされたものともすと、しゅなるかみわれる」。