聖典
    エゼキエル書45
    脚注
    Theme

    第45章

    1 あなたがたは、くじをき、けて、それを所有しょゆうするときには、一部いちぶせいなる地所じしょとしてしゅにささげよ。そのながさは二万五千キュビト、はばは二万キュビトで、その区域くいきはすべてせいなるである。

    2 そのうち聖所せいじょぞくするものは縦横たてよこ五百キュビトずつであって、それは四かくである。また五十キュビトの空地くうちをその周囲しゅういにつくれ。

    3 あなたはこのせいなる地所じしょからながさ二万五千キュビト、はば一万キュビトをはかり、そのなか聖所せいじょ至聖所しせいじょとをもうけよ。

    4 これはくになかせいなるところであって、しゅちかつかえる聖所せいじょつかびとである祭司さいしぞくする。これはかれらのためにはいえてるところ聖所せいじょのためには聖地せいちとなる。

    5 またながさ二万五千キュビト、はば一万キュビトのべつ地所じしょは、みやつかえるレビびとに帰属きぞくし、かれらのまちのための所有しょゆうとする。

    6 聖地せいちとして区別くべつした部分ぶぶん沿い、はば五千キュビト、ながさ二万五千キュビトは、まち所有しょゆうとせよ。これはイスラエル全家ぜんかのものとなる。

    7 またきみたるものぶんは、かの聖地せいちまち所有しょゆうとの、こなたかなたにある。すなわち聖地せいちまち所有しょゆう沿い、西にしひがしかい、部族ぶぞくぶんの一つにおうじて、地所じしょ西にしからひがしさかいいたり、

    8 その所有しょゆう地所じしょはイスラエルのなかにある。わたしのきみたちは、かさねてわたしのたみをしえたげず、部族ぶぞくにしたがってイスラエルのいえ土地とちあたえる。

    9 しゅなるかみは、こうわれる、イスラエルのきみたちよ、暴虐ぼうぎゃく略奪りゃくだつとをやめ、公道こうどう正義せいぎおこなえ。わがたみいたてることをやめよと、しゅなるかみわれる。

    10 あなたがたはただしいはかり、ただしいエパ、ただしいバテをもちいよ。

    11 エパとバテとはどうりょうにせよ。すなわちバテをホメルの十ぶんの一とし、エパもホメルの十ぶんの一とし、すべてホメルによってりょうさだめよ。

    12 一シケルは二十ゲラである。五シケルは五シケル、十シケルは十シケルとせよ。一ミナは五十シケルとせよ。

    13 あなたがたがささげるささげものはこれである。すなわち、一ホメルの小麦こむぎのうちから六ぶんの一エパをささげ、大麦おおむぎ一ホメルのうちから六ぶんの一エパをささげよ。

    14 あぶらは一コルのうちから十ぶんの一バテをささげよ。コルはホメルとおなじく十バテにあたる。

    15 またイスラエルの氏族しぞくから、家畜かちくれ二百につき一とうひつじして、素祭そさい燔祭はんさい酬恩祭しゅうおんさいとし、かれらのために、あがないをなせとしゅなるかみわれる。

    16 くにたみみなこれをイスラエルのきみにささげものとせよ。

    17 また祭日さいじつ、ついたち、安息日あんそくにち、すなわちイスラエルのいえのすべてのいわに、燔祭はんさい素祭そさい灌祭かんさいそなえるのは、きみたるものつとめである。すなわちかれはイスラエルのいえのあがないのために、罪祭ざいさい素祭そさい燔祭はんさい酬恩祭しゅうおんさいをささげなければならない。

    18 しゅなるかみは、こうわれる、正月しょうがつ元日がんじつに、あなたは無傷むきず雄牛おうしって聖所せいじょきよめよ。

    19 祭司さいし罪祭ざいさいけものって、みやはしら祭壇さいだんのかさねの四すみ、および内庭うちにわもんはしられ。

    20 つき七日なぬかに、あなたがたは、過失かしつ無知むちのためにつみおかしたもののために、このようにってみやのためにあがないをなせ。

    21 正月しょうがつの十四に、あなたがたは過越すぎこしまつりいわえ。七日なぬかあいだたねれぬパンをべよ。

    22 そのきみたるものは、自身じしんのため、またくにのすべてのたみのため、雄牛おうしをささげて罪祭ざいさいとし、

    23 いわである七日なぬかあいだは、七とう雄牛おうしと、七とう雄羊おひつじ無傷むきずのものを、七日なぬかあいだ毎日まいにち燔祭はんさいとしてしゅそなえよ。また、やぎを罪祭ざいさいとして日々ひびささげよ。

    24 また素祭そさいとして麦粉むぎこ一エパをかく雄牛おうしのため、一エパをかく雄羊おひつじのためにととのえ、あぶら一ヒンをかくエパにくわえよ。

    25 がつ十五にちいわに、かれ七日なぬかあいだ罪祭ざいさい燔祭はんさい素祭そさいおよびあぶらを、このようにそなえなければならない。