エステル記3
戻る 次へ

第3章

1 これらのことのち、アハシュエロスおうはアガグびとハンメダタのハマンをおもんじ、これを昇進しょうしんさせて、自分じぶんともにいるすべての大臣だいじんたちのうえにそのせきさだめさせた。

2 おうもんうちにいるおう侍臣じしんたちはみなひざまずいてハマンに敬礼けいれいした。これはおうかれについてこうすることをめいじたからである。しかしモルデカイはひざまずかず、また敬礼けいれいしなかった。

3 そこでおうもんにいるおう侍臣じしんたちはモルデカイにむかって、「あなたはどうしておう命令めいれいにそむくのか」とった。

4 かれらは毎日まいにちモルデカイにこううけれどもきいれなかったので、そのことがゆるされるかどうかをようと、これをハマンにげた。なぜならモルデカイはすでに自分じぶんのユダヤじんであることをかれらにかたったからである。

5 ハマンはモルデカイのひざまずかず、また自分じぶん敬礼けいれいしないのをいかりにたされたが、

6 ただモルデカイだけをころすことをいさぎよしとしなかった。かれらがモルデカイのぞくするたみをハマンにらせたので、ハマンはアハシュエロスのくにのうちにいるすべてのユダヤじん、すなわちモルデカイのぞくするたみをことごとくほろぼそうとはかった。

7 アハシュエロスおうだい十二ねん正月しょうがつすなわちニサンのつきに、ハマンのまえで、十二がつすなわちアダルのつきまで、一にちにちのため、一つきつきのために、プルすなわちくじをげさせた。

8 そしてハマンはアハシュエロスおうった、「おくに各州かくしゅうにいる諸民しょみんのうちに、らされて、わかわかれになっている一つのたみがいます。その法律ほうりつのすべてのたみのものとことなり、またかれらはおう法律ほうりつまもりません。それゆえかれらをゆるしておくことはおうのためになりません。

9 もしおうがよしとされるならば、かれらをほろぼせとみことのりをおきください。そうすればわたしはおうことをつかさどるものたちのぎん一万タラントをはかりわたして、おう金庫きんこれさせましょう」。

10 そこでおうから指輪ゆびわをはずし、アガグびとハンメダタので、ユダヤひとてきであるハマンにわたした。

11 そしておうはハマンにった、「そのぎんはあなたにあたえる。そのたみもまたあなたにあたえるから、よいとおもうようにしなさい」。

12 そこで正月しょうがつの十三にちおう書記官しょきかんあつめられ、おう総督そうとく各州かくしゅう知事ちじおよび諸民しょみんのつかさたちにハマンがめいじたことをことごとくきしるした。すなわち各州かくしゅうおくるものにはその文字もんじもちい、諸民しょみんおくるものにはその言語げんごもちい、おのおのアハシュエロスおうをもってそれをき、おう指輪ゆびわをもってそれにいんした。

13 そして急使きゅうしをもってそのしょおうしょしゅうおくり、十二がつすなわちアダルのつきの十三にちに、一にちのうちにすべてのユダヤひとを、わかものいたもの子供こどもおんなべつなく、ことごとくほろぼし、ころし、やし、かつそのざいうばれとめいじた。

14 この文書ぶんしょうつしをみことのりとして各州かくしゅうつたえ、すべてのたみ公示こうじして、そののためにそなえさせようとした。

15 急使きゅうしおう命令めいれいによりいそいでていった。このみことのり首都しゅとスサで発布はっぷされた。ときおうとハマンはしてさけんでいたが、スサのみやこはあわてまどった。