エステル記10
戻る 次へ

第10章

1 アハシュエロスおうはそのくにおよびうみ沿った国々くにぐににみつぎをした。

2 かれ権力けんりょく勢力せいりょくによるすべての事業じぎょう、およびおうがモルデカイをたか地位ちいにのぼらせたことくわしいはなしはメデアとペルシャのおうたちの日誌にっししょにしるされているではないか。

3 ユダヤじんモルデカイはアハシュエロスおうものとなり、ユダヤじんなかにあっておおいなるものとなり、そのおおくの兄弟きょうだいよろこばれた。かれはそのたみ幸福こうふくもとめ、すべての国民こくみん平和へいわべたからである。