エステル記6
戻る 次へ

第6章

1 そのよるおうねむることができなかったので、めいじて日々ひびことをしるした記録きろくしょってこさせ、おうまえませたが、

2 そのなかに、モルデカイがかつておう侍従じじゅうで、おうのへやのまももののうちのビグタナとテレシのふたりが、アハシュエロスおうころそうとねらっていることをげた、としるされているのをいだした。

3 そこでおうった、「このことのために、どんな栄誉えいよ爵位しゃくいをモルデカイにあたえたか」。おうつかえる侍臣じしんたちはった、「なにかれあたえていません」。

4 おうった、「にわにいるのはだれか」。このときハマンはモルデカイのためにもうけたにモルデカイをけることをおうもうげようと王宮おうきゅうそとにわにはいってきていた。

5 おう侍臣じしんたちが「ハマンがにわっています」とおうったので、おうは「ここへ、はいらせよ」とった。

6 やがてハマンがはいってるとおうった、「おう栄誉えいよあたえようとおもひとにはどうしたらよかろうか」。ハマンはこころのうちにった、「おうはわたし以外いがいにだれに栄誉えいよあたえようとおもわれるだろうか」。

7 ハマンはおうった、「おう栄誉えいよあたえようとおもわれるひとのためには、

8 おうられた衣服いふくってこさせ、またおうられたうま、すなわちそのあたま王冠おうかんをいただいたうまをひいてこさせ、

9 その衣服いふくうまとをおうもっとたっと大臣だいじんのひとりのにわたして、おう栄誉えいよあたえようとおもわれるひとにその衣服いふくさせ、またそのひとうませ、まち広場ひろばみちびいてとおらせ、『おう栄誉えいよあたえようとおもひとにはこうするのだ』とそのまえばわらせなさい」。

10 それでおうはハマンにった、「いそいであなたがったように、その衣服いふくうまとをせ、おうもんしているユダヤひとモルデカイにそうしなさい。あなたがったことを一つもいてはならない」。

11 そこでハマンは衣服いふくうまとをせ、モルデカイにその衣服いふくせ、かれうませてまち広場ひろばとおらせ、そのまえばわって、「おう栄誉えいよあたえようとおもひとにはこうするのだ」とった。

12 こうしてモルデカイはおうもんかえってきたが、ハマンはうれなやみ、とうをおおっていそいでいえかえった。

13 そしてハマンは自分じぶんったことをことごとくそのつまゼレシとともだちにげた。するとその知者ちしゃたちおよびつまゼレシはかれった、「あのモルデカイ、すなわちあなたがそのひとまえやぶはじめたものが、もしユダヤじん子孫しそんであるならば、あなたはかれつことはできない。かならかれまえやぶれるでしょう」。

14 かれらがなおハマンとはなしているときおう侍従じじゅうたちがきてハマンをうながし、エステルがもうけた酒宴しゅえんのぞませた。