エステル記7
戻る 次へ

第7章

1 おうとハマンは王妃おうひエステルの酒宴しゅえんのぞんだ。

2 このふつか酒宴しゅえんおうはまたエステルにった、「王妃おうひエステルよ、あなたのもとめることはなにか。かならかれる。あなたのねがいはなにか。くになかばでもきとどけられる」。

3 王妃おうひエステルはこたえてった、「おうよ、もしわたしがおうまえめぐみを、またおうがもしよしとされるならば、わたしのもとめにしたがってわたしのいのちをわたしにあたえ、またわたしのねがいにしたがってわたしのたみをわたしにあたえてください。

4 わたしとわたしのたみられてほろぼされ、ころされ、やされようとしています。もしわたしたちが男女だんじょ奴隷どれいとしてられただけなら、わたしはだまっていたでしょう。わたしたちの難儀なんぎおう損失そんしつとは比較ひかくにならないからです」。

5 アハシュエロスおう王妃おうひエステルにった、「そんなことをしようとこころにたくらんでいるものはだれか。またどこにいるのか」。

6 エステルはった、「そのあだ、そのてきはこのわるいハマンです」。そこでハマンはおう王妃おうひまえおそれおののいた。

7 おういかって酒宴しゅえんせきち、宮殿きゅうでんそのったが、ハマンはのこって王妃おうひエステルにいのちごいをした。かれおう自分じぶんがいくわえようとさだめたのをたからである。

8 おう宮殿きゅうでんそのから酒宴しゅえん場所ばしょかえってみると、エステルのいたながいすのうえにハマンがしていたので、おうった、「かれはまたわたしのいえで、しかもわたしのまえ王妃おうひをはずかしめようとするのか」。この言葉ことばおうくちからたとき、人々ひとびとは、ハマンのかおをおおった。

9 そのときおうっていたひとりの侍従じじゅうハルボナが「おうのためによいことげたあのモルデカイのためにハマンが用意よういしたたかさ五十キュビトのがハマンのいえっています」とったので、おうは「かれをそれにけよ」とった。

10 そこで人々ひとびとはハマンをモルデカイのためにそなえてあったそのけた。こうしておういかりはやわらいだ。