エステル記8
戻る 次へ

第8章

1 そのアハシュエロスおうは、ユダヤじんてきハマンのいえ王妃おうひエステルにあたえた。モルデカイはおうまえにきた。これはエステルが自分じぶんとモルデカイがどんな関係かんけいものであるかをげたからである。

2 おうはハマンからかえした自分じぶん指輪ゆびわをはずして、モルデカイにあたえた。エステルはモルデカイにハマンのいえ管理かんりさせた。

3 エステルはふたたおうまえそうし、そのあしもとにひれして、アガグびとハマンの陰謀いんぼうすなわちかれがユダヤじんたいしてくわだてたその計画けいかくのぞくことをなみだながらにもとめた。

4 おうはエステルにむかってきんしゃくべたので、エステルはおこしておうまえち、

5 そしてった、「もしおうがよしとされ、わたしがおうまえめぐみを、またこのことおうまえただしいとえ、かつわたしがおうにかなうならば、アガグびとハンメダタのハマンがおうしょしゅうにいるユダヤじんほろぼそうとはかっておくったしょむねかせてください。

6 どうしてわたしは、わたしのたみのぞもうとするわざわいを、だまってていることができましょうか。どうしてわたしの同族どうぞくほろびるのを、だまってていることができましょうか」。

7 アハシュエロスおう王妃おうひエステルとユダヤじんモルデカイにった、「ハマンがユダヤじんころそうとしたので、わたしはハマンのいえをエステルにあたえ、またハマンをけさせた。

8 あなたがたは自分じぶんたちのおもうままにおうをもってユダヤじんについてのしょをつくり、おう指輪ゆびわをもってそれにいんすがよい。おうをもってき、おう指輪ゆびわをもっていんしたしょはだれもすことができない」。

9 そのときおう書記官しょきかんあつめられた。それは三がつすなわちシワンのつきの二十三にちであった。そしてインドからエチオピヤまでの百二十七しゅうにいる総督そうとくしょしゅう知事ちじおよび大臣だいじんたちに、モルデカイがユダヤじんについてめいじたとおりにおくった。すなわち各州かくしゅうにはその文字もじもちい、かく民族みんぞくにはその言語げんごもちいておくり、ユダヤじんおくるものにはその文字もじ言語げんごとをもちいた。

10 そのしょはアハシュエロスおうをもってかれ、おう指輪ゆびわをもっていんし、おう御用ごよううまとして、そのうまやにそだった早馬はやうま急使きゅうしによっておくられた。

11 そのなかで、おうはすべてのまちにいるユダヤじんに、かれらがあいあつまって自分じぶんたちの生命せいめい保護ほごし、自分じぶんたちをおそおうとする諸国しょこくしょしゅうのすべての武装ぶそうしたたみを、その妻子さいしもろともにほろぼし、ころし、やし、かつそのざいうばることをゆるした。

12 ただしこのことをアハシュエロスおうしょしゅうにおいて、十二がつすなわちアダルのつきの十三にちに、一にちのうちにおこなうことをめいじた。

13 このいたものうつしをみことのりとして各州かくしゅうつたえ、すべてのたみ公示こうじして、ユダヤじんに、そののためにそなえして、そのてきにあだをかえさせようとした。

14 おう御用ごよううまである早馬はやうまった急使きゅうしは、おうめいによっていそがされ、せきたてられてった。このみことのり首都しゅとスサでされた。

15 モルデカイはあおしろちょうふくおおきなきんかんむりをいただき、紫色むらさきいろほそぬの上着うわぎをまとっておうまえからった。スサの町中まちぢゅうこえをあげてよろこんだ。

16 ユダヤじんにはひかりよろこびとたのしみとほまれがあった。

17 いずれのしゅうでも、いずれのまちでも、すべておう命令めいれいみことのり伝達でんたつされたところでは、ユダヤじんよろこたのしみ、酒宴しゅえんひらいてこの祝日しゅくじつとした。そしてこのくにたみのうちおおくのものがユダヤじんとなった。これはユダヤじんおそれるこころかれらのうちにったからである。