エステル記5
戻る 次へ

第5章

1 にエステルは王妃おうひふく王宮おうきゅう内庭うちにわはいり、おう広間ひろまにむかってった。おう王宮おうきゅう玉座ぎょくざして王宮おうきゅう入口いりぐちにむかっていたが、

2 王妃おうひエステルがにわっているのを彼女かのじょめぐみをしめし、そのにあるきんしゃくをエステルのほうばしたので、エステルはすすみよってそのしゃくあたまにさわった。

3 おう彼女かのじょった、「王妃おうひエステルよ、なにもとめるのか。あなたのねがいはなにか。くになかばでもあなたにあたえよう」。

4 エステルはった、「もしおうがよしとされるならば、きょうわたしがおうのためにもうけた酒宴しゅえんに、ハマンとご一緒いっしょにおのぞみください」。

5 そこでおうは「ハマンをはやれてきて、エステルのうようにせよ」とい、やがておうとハマンはエステルのもうけた酒宴しゅえんのぞんだ。

6 酒宴しゅえんときおうはエステルにった、「あなたのもとめることはなにか。かならかれる。あなたのねがいはなにか。くになかばでもきとどけられる」。

7 エステルはこたえてった、「わたしのもとめ、わたしのねがいはこれです。

8 もしわたしがおうまえめぐみを、またおうがもしわたしのもとめをゆるし、わたしのねがいをきとどけるのをよしとされるならば、ハマンとご一緒いっしょに、あすまた、わたしがもうけようとする酒宴しゅえんに、おのぞみください。わたしはあすおうのお言葉ことばどおりにいたしましょう」。

9 こうしてハマンはそのこころよろこたのしんでてきたが、ハマンはモルデカイがおうもんにいて、自分じぶんにむかってちあがりもせず、また身動みうごきもしないのをたので、モルデカイにたいいかりにたされた。

10 しかしハマンはしのんでいえかえり、ひとをやってそのともだちおよびつまゼレシをんでこさせ、

11 そしてハマンはそのとみ栄華えいがと、そのむすこたちのおおいことと、すべておう自分じぶんおもんじられたこと、またおう大臣だいじんおよび侍臣じしんたちにまさって自分じぶん昇進しょうしんさせられたことをかれらにかたった。

12 ハマンはまたった、「王妃おうひエステルは酒宴しゅえんもうけたが、わたしのほかはだれもおうともにこれにのぞませなかった。あすもまたわたしはおうとも王妃おうひまねかれている。

13 しかしユダヤひとモルデカイがおうもんしているのをあいだは、これらのこともわたしにはたのしくない」。

14 そのときつまゼレシとすべてのともかれった、「たかさ五十キュビトのてさせ、あすのあさ、モルデカイをそのうえけるようにおうもうげなさい。そしておう一緒いっしょたのしんでその酒宴しゅえんにおいでなさい」。ハマンはこのことをよしとして、そのてさせた。