サムエル記上6
    脚注
    Theme

    第6章

    1 しゅはこは七かげつあいだペリシテびとのにあった。

    2 ペリシテびとは、祭司さいしうらなんでった、「イスラエルのかみはこをどうしましょうか。どのようにして、それをもとのところおくかえせばよいかげてください」。

    3 かれらはった、「イスラエルのかみはこおくかえときには、それをむなしくかえしてはならない。かならかれにとがのそなものをもってつぐないをしなければならない。そうすれば、あなたがたはいやされ、またかれがなぜあなたがたをはなれないかをることができるであろう」。

    4 人々ひとびとった、「われわれがつぐなうとがのそなものにはなにをしましょうか」。かれらはこたえた、「ペリシテびとのきみたちのかずにしたがって、きん腫物はれもの五つときんのねずみ五つである。あなたがたすべてと、きみたちにのぞんだわざわいは一つだからである。

    5 それゆえ、あなたがたの腫物はれものぞうと、あらすねずみのぞうつくり、イスラエルのかみ栄光えいこうするならば、たぶんかれは、あなたがた、およびあなたがたの神々かみがみと、あなたがたのに、そのくわえることをかるくされるであろう。

    6 なにゆえ、あなたがたはエジプトびととパロがそのこころをかたくなにしたように、自分じぶんこころをかたくなにするのか。かみかれらをなやましたので、かれらはたみかせ、たみったではないか。

    7 それゆえいまあたらしいくるまりょうつくり、まだくびきをけたことのない乳牛にゅうぎゅうとうをとり、そのうしくるまにつなぎ、そのおのおののうし乳牛にゅうぎゅうからはなしていえかえり、

    8 しゅはこをとって、それをそのくるませ、あなたがたがとがのそなものとしてかれつぐなきんつくものを一つのはこにおさめてそのかたわらにき、それをおくってらせなさい。

    9 そしてていて、それが自分じぶん領地りょうちみちを、ベテシメシへのぼるならば、このおおいなるわざわいを、われわれにくだしたのはかれである。しかし、そうしないときは、われわれをったのはかれではなく、そのこと偶然ぐうぜんであったことをるであろう」。

    10 人々ひとびとはそのようにした。すなわち、かれらは二とう乳牛にゅうぎゅうをとって、これをくるまにつなぎ、そのおのおののうしいえじこめ、

    11 しゅはこ、およびきんのねずみと、腫物はれものぞうをおさめたはことをくるませた。

    12 すると雌牛めうしはまっすぐにベテシメシの方向ほうこうへ、ひとすじに大路おおじあゆみ、きながらすすんでいって、みぎにもひだりにもまがらなかった。ペリシテびとのきみたちは、ベテシメシのさかいまでそのあとについていった。

    13 ときにベテシメシの人々ひとびとたに小麦こむぎれていたが、をあげて、そのはこ、それをむかえてよろこんだ。

    14 くるまはベテシメシびとヨシュアのはたけにはいって、そこにとどまった。そのところおおきないしがあった。人々ひとびとくるまり、その雌牛めうし燔祭はんさいとしてしゅにささげた。

    15 レビびとはしゅはこと、そのかたわらの、きんつくものをおさめたはこりおろし、それを大石おおいしうえいた。そしてベテシメシの人々ひとびとは、そのしゅ燔祭はんさいそなえ、犠牲ぎせいをささげた。

    16 ペリシテびとの五にんきみたちはこれをて、その、エクロンにかえった。

    17 ペリシテびとが、とがのそなものとして、しゅつぐないをしたきん腫物はれものは、つぎのとおりである。すなわちアシドドのために一つ、ガザのために一つ、アシケロンのために一つ、ガテのために一つ、エクロンのために一つであった。

    18 またきんのねずみは、城壁じょうへきをめぐらしたまちから城壁じょうへきのない村里むらざとにいたるまで、すべて五にんきみたちにぞくするペリシテびとのまちかずにしたがってつくった。しゅはこをおろしたところのかたわらにあった大石おおいしは、今日こんにちにいたるまで、ベテシメシびとヨシュアのはたけにあって、あかしとなっている。

    19 ベテシメシの人々ひとびとしゅはこなかたものがあったので、しゅはこれをたれた。すなわちたみのうち七十にんたれた。しゅたみっておおくのものころされたので、たみはなげきかなしんだ。

    20 ベテシメシの人々ひとびとった、「だれが、このせいなるかみしゅまえつことができようか。しゅはわれわれをはなれてだれのところのぼってかれたらよいのか」。

    21 そしてかれらは、使者ししゃをキリアテ・ヤリムの人々ひとびとにつかわしてった、「ペリシテびとがしゅはこかえしたから、くだってきて、それをあなたがたのところたずさのぼってください」。