サムエル記上5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 ペリシテびとはかみはこをぶんどって、エベネゼルからアシドドにはこんできた。

    2 そしてペリシテびとはそのかみはこってダゴンのみやはこびこみ、ダゴンのかたわらにいた。

    3 アシドドの人々ひとびとが、つぎはやきてると、ダゴンがしゅはこまえに、うつむきにたおれていたので、かれらはダゴンをおこして、それをもとのところいた。

    4 そのつぎあさまたはやきてると、ダゴンはまた、しゅはこまえに、うつむきにたおれていた。そしてダゴンのあたま両手りょうてとはれてはなれ、しきいのうえにあり、ダゴンはただ胴体どうたいだけとなっていた。

    5 それゆえダゴンの祭司さいしたちやダゴンのみやにはいる人々ひとびとは、だれも今日こんにちにいたるまで、アシドドのダゴンのしきいをまない。

    6 そしてしゅはアシドドびとのうえにきびしくのぞみ、しゅ腫物はれものをもってアシドドとその領域りょういき人々ひとびとおそれさせ、またなやまされた。

    7 アシドドの人々ひとびとは、このありさまをった、「イスラエルのかみはこを、われわれのところに、とどめいてはならない。そのかみが、われわれと、われわれのかみダゴンのうえにきびしくのぞむからである」。

    8 そこでかれらはひとをつかわして、ペリシテびとのきみたちをあつめてった、「イスラエルのかみはこをどうしましょう」。かれらはった、「イスラエルのかみはこはガテにうつそう」。人々ひとびとはイスラエルのかみはこをそこにうつした。

    9 かれらがそれをうつすと、しゅがそのまちのぞみ、非常ひじょうさわぎがった。そして老若ろうにゃくわずまち人々ひとびとたれたので、かれらの腫物はれものができた。

    10 そこで人々ひとびとかみはこをエクロンにおくったが、かみはこがエクロンにいたとき、エクロンの人々ひとびとさけんでった、「かれらがイスラエルのかみはこをわれわれのところうつしたのは、われわれとたみほろぼすためである」。

    11 そこでかれらはひとをつかわして、ペリシテびとのきみたちをみなあつめてった、「イスラエルのかみはこおくして、もとのところかえし、われわれとたみほろぼすことのないようにしよう」。おそろしいさわぎが町中まちぢゅうっていたからである。そこにはかみ非常ひじょうにきびしくのぞんでいたので、

    12 なないひと腫物はれものをもってたれ、まちさけびはてんたっした。