聖典
サムエル記上15
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第15章

1 さて、サムエルはサウルにった、「しゅは、わたしをつかわし、あなたにあぶらをそそいで、そのたみイスラエルのおうとされました。それゆえ、いましゅ言葉ことばきなさい。

2 万軍ばんぐんしゅは、こうおおせられる、『わたしは、アマレクがイスラエルにしたこと、すなわちイスラエルがエジプトからのぼってきたとき、その途中とちゅう敵対てきたいしたことについてかれらをばっするであろう。

3 いまってアマレクをち、そのすべてのものほろぼしつくせ。かれらをゆるすな。おとこおんなも、おさ乳飲ちのも、うしひつじも、らくだも、ろばもみなころせ』」。

4 サウルはたみあつめ、テライムで人数にんずう調しらべたところ、歩兵ほへいは二十万、ユダのひとは一万であった。

5 そしてサウルはアマレクのまちって、たにへいせた。

6 サウルはケニびとにった、「さあ、あなたがたはアマレクびとをはなれて、くだっていってください。かれらと一緒いっしょにあなたがたをほろぼすようなことがあってはならない。あなたがたは、イスラエルの人々ひとびとがエジプトからのぼってきたとき親切しんせつにしてくれたのですから」。そこでケニびとはアマレクびとをはなれてった。

7 サウルはアマレクびとをって、ハビラからエジプトのひがしにあるシュルにまでおよんだ。

8 そしてアマレクびとのおうアガグをいけどり、つるぎをもってそのたみをことごとくほろぼした。

9 しかしサウルとたみはアガグをゆるし、またひつじうしもっといもの、えたものならびに小羊こひつじと、すべてのいものをのこし、それらをほろぼしつくすことをこのまず、ただうちのない、つまらないものほろぼしつくした。

10 そのときしゅ言葉ことばがサムエルにのぞんだ、

11 「わたしはサウルをおうとしたことをいる。かれがそむいて、わたしにしたがわず、わたしの言葉ことばおこなわなかったからである」。サムエルはいかって、夜通よどおし、しゅばわった。

12 そしてあさサウルにうため、はやきたが、サムエルにげるひとがあった、「サウルはカルメルにきて、自分じぶんのために戦勝せんしょう記念碑きねんひて、をかえしてすすみ、ギルガルへくだってきました」。

13 サムエルがサウルのもとへると、サウルはかれった、「どうぞ、しゅがあなたを祝福しゅくふくされますように。わたしはしゅ言葉ことば実行じっこうしました」。

14 サムエルはった、「それならば、わたしのみみにはいる、このひつじこえと、わたしのうしこえは、いったい、なんですか」。

15 サウルはった、「人々ひとびとがアマレクびとのところからいてきたのです。たみは、あなたのかみしゅにささげるために、ひつじうしもっといものをのこしたのです。そのほかは、われわれがほろぼしつくしました」。

16 サムエルはサウルにった、「おやめなさい。昨夜さくやしゅがわたしにわれたことを、あなたにげましょう」。サウルはかれった、「ってください」。

17 サムエルはった、「たとい、自分じぶんではちいさいとおもっても、あなたはイスラエルの諸部族しょぶぞくちょうではありませんか。しゅはあなたにあぶらそそいでイスラエルのおうとされた。

18 そしてしゅはあなたに使命しめいさづけ、つかわしてわれた、『って、つみびとなるアマレクびとをほろぼしつくせ。かれらを皆殺みなごろしにするまでたたかえ』。

19 それであるのに、どうしてあなたはしゅこえしたがわないで、ぶんどりものにとびかかり、しゅまえあくをおこなったのですか」。

20 サウルはサムエルにった、「わたしはしゅこえしたがい、しゅがつかわされた使命しめいびてき、アマレクのおうアガグをれてきて、アマレクびとをほろぼしつくしました。

21 しかしたみほろぼしつくすべきもののうちもっといものを、ギルガルで、あなたのかみしゅにささげるため、ぶんどりもののうちからひつじうしりました」。

22 サムエルはった、「しゅはそのみ言葉ことばしたがことよろこばれるように、燔祭はんさい犠牲ぎせいよろこばれるであろうか。よ、したがうことは犠牲ぎせいにまさり、くことは雄羊おひつじ脂肪しぼうにまさる。

23 そむくことはうらないのつみひとしく、強情ごうじょう偶像ぐうぞう礼拝れいはいつみひとしいからである。あなたがしゅのことばをてたので、しゅもまたあなたをてて、おうくらいから退しりぞけられた」。

24 サウルはサムエルにった、「わたしはしゅ命令めいれいとあなたの言葉ことばにそむいてつみおかしました。たみおそれて、そのこえしたがったからです。

25 どうぞ、いまわたしのつみをゆるし、わたしと一緒いっしょかえって、しゅおがませてください」。

26 サムエルはサウルにった、「あなたと一緒いっしょかえりません。あなたがしゅ言葉ことばてたので、しゅもあなたをてて、イスラエルの王位おういから退しりぞけられたからです」。

27 こうしてサムエルがろうとしてをかえしたとき、サウルがサムエルの上着うわぎのすそをとらえたので、それはけた。

28 サムエルはかれった、「しゅはきょう、あなたからイスラエルの王国おうこくき、もっといあなたの隣人りんじんあたえられた。

29 またイスラエルの栄光えいこういつわることもなく、いることもない。かれひとではないからいることはない」。

30 サウルはった、「わたしはつみおかしましたが、どうぞ、たみ長老ちょうろうたち、およびイスラエルのまえで、わたしをたっとび、わたしと一緒いっしょかえって、あなたのかみしゅおがませてください」。

31 そこでサムエルはサウルのあとについてかえった。そしてサウルはしゅおがんだ。

32 ときにサムエルはった、「わたしのところにアマレクびとのおうアガグをいてきなさい」。アガグはうれしそうにサムエルのところにきた。アガグは「くるしみはきっとったのだ」とおもった。

33 サムエルはった、「あなたのつるぎはおおくのおんな子供こどもうしなわせた。そのようにあなたのははおんなのうちでもっと無惨むざん子供こどもうしなものとなるであろう」。サムエルはギルガルでしゅまえに、アガグを寸断すんだんした。

34 そしてサムエルはラマにき、サウルは故郷こきょうのギベアにのぼって、そのいえかえった。

35 サムエルはまで、二とサウルをなかった。しかしサムエルはサウルのためにかなしんだ。またしゅはサウルをイスラエルのおうとしたことをいられた。