サムエル記上2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 ハンナはいのってった、「わたしのこころしゅによってよろこび、わたしのちからしゅによってつよめられた、わたしのくちてきをあざわらう、あなたのすくいによってわたしはたのしむからである。

    2 しゅのようにせいなるものはない、あなたのほかには、だれもない、われわれのかみのようないわはない。

    3 あなたがたはかさねて高慢こうまんかたってはならない、たかぶりの言葉ことばくちにすることをやめよ。しゅはすべてをかみであって、もろもろのおこないはしゅによってはかられる。

    4 勇士ゆうしゆみれ、よわものちからびる。

    5 りたものしょくのためにやとわれ、えたものは、もはやえることがない。うまずめは七にんみ、おおくのをもつおんな孤独こどくとなる。

    6 しゅころし、またかし、陰府よみにくだし、またうえげられる。

    7 しゅまずしくし、またませ、ひくくし、またたかくされる。

    8 まずしいものを、ちりのなかからちあがらせ、とぼしいものを、あくたのなかからげて、王侯おうこうともにすわらせ、栄誉えいよくらいがせられる。はしらしゅのものであって、そのはしらうえに、世界せかいをすえられたからである。

    9 しゅはその聖徒せいとたちのあしまもられる、しかしわるいものどもは暗黒あんこくのうちにほろびる。ひとちからをもってつことができないからである。

    10 しゅあらそうものは粉々こなごなくだかれるであろう、しゅかれらにむかっててんからかみなりをとどろかし、のはてまでもさばき、おうちからあたえ、あぶらそそがれたものちからつよくされるであろう」。

    11 エルカナはラマにあるいえかえったが、おさ祭司さいしエリのまえにいてしゅつかえた。

    12 さて、エリのらは、よこしまな人々ひとびとで、しゅおそれなかった。

    13 たみのささげものについての祭司さいしのならわしはこうである。ひと犠牲ぎせいをささげるとき、そのにくあいだに、祭司さいしのしもべは、みつまたのにくしをってきて、

    14 それをかま、またはなべ、またはおおがま、またははちきいれ、にくしのげるものは祭司さいしがみな自分じぶんのものとした。かれらはシロで、そこにるすべてのイスラエルのひとに、このようにした。

    15 人々ひとびと脂肪しぼうまえにもまた、祭司さいしのしもべがきて、犠牲ぎせいをささげるひとうのであった、「祭司さいしのためににくあたえよ。祭司さいしはあなたからにくけない。なまにくがよい」。

    16 そのひとが、「まず脂肪しぼうかせましょう。そののちほしいだけってください」とうと、しもべは、「いや、いまもらいたい。くれないなら、わたしはちからづくで、それをろう」とう。

    17 このように、その若者わかものたちのつみは、しゅまえ非常ひじょうおおきかった。この人々ひとびとしゅそなものかろんじたからである。

    18 サムエルはまだおさなく、亜麻あまぬののエポデをけて、しゅまえつかえていた。

    19 ははかれのためにちいさい上着うわぎつくり、としごとに、おっとともにそのとし犠牲ぎせいをささげるためにのぼとき、それをってきた。

    20 エリはいつもエルカナとそのつま祝福しゅくふくしてった、「このおんなしゅにささげたもののかわりに、しゅがこのおんなによってあなたにあたえられるように」。そしてかれらはそのいえかえるのをつねとした。

    21 こうしてしゅがハンナをかえりみられたので、ハンナはみごもって、三にんおとことふたりのおんなんだ。わらべサムエルはしゅまえそだった。

    22 エリはひじょうにとしをとった。そしてそのらがイスラエルの人々ひとびとにしたいろいろのことをき、また会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちつとめていたおんなたちとたことをいて、

    23 かれらにった、「なにゆえ、そのようなことをするのか。わたしはこのすべてのたみから、あなたがたのわるいおこないのことをく。

    24 わがらよ、それはいけない。わたしのく、しゅたみいふらしている風説ふうせつくない。

    25 もしひとひとたいしてつみおかすならば、かみ仲裁ちゅうさいされるであろう。しかしひとしゅたいしてつみおかすならば、だれが、そのとりなしをすることができようか」。しかしかれらはちちうことにみみかたむけようともしなかった。しゅかれらをころそうとされたからである。

    26 わらべサムエルはそだっていき、しゅにも、人々ひとびとにも、ますますあいせられた。

    27 このとき、ひとりのかみひとが、エリのもとにきてった、「しゅはかくおおせられる、『あなたの先祖せんぞいえがエジプトでパロのいえ奴隷どれいであったとき、わたしはその先祖せんぞいえみずからをあらわした。

    28 そしてイスラエルのすべての部族ぶぞくのうちからそれをえらして、わたしの祭司さいしとし、わたしの祭壇さいだんのぼって、こうをたかせ、わたしのまえでエポデをけさせ、また、イスラエルの人々ひとびと火祭かさいをことごとくあなたの先祖せんぞいえあたえた。

    29 それにどうしてあなたがたは、わたしがめいじた犠牲ぎせいそなものをむさぼりのをもってるのか。またなにゆえ、わたしよりも自分じぶんらをたっとび、わたしのたみイスラエルのささげるもろもろのそなものの、もっと部分ぶぶんをもって自分じぶんやすのか』。

    30 それゆえイスラエルのかみしゅおおせられる、『わたしはかつて、「あなたのいえとあなたのちちいえとは、永久えいきゅうにわたしのまえあゆむであろう」とった』。しかしいましゅおおせられる、『けっしてそうはしない。わたしをたっとものを、わたしはたっとび、わたしをいやしめるものは、かろんぜられるであろう。

    31 よ、るであろう。その、わたしはあなたのちからと、あなたのちちいえちからち、あなたのいえ年老としおいたものをなくするであろう。

    32 そのとき、あなたはわざわいのうちにあって、イスラエルにあたえられるもろもろの繁栄はんえいを、ねたみるであろう。あなたのいえには永久えいきゅう年老としおいたものがいなくなるであろう。

    33 しかしあなたの一族いちぞくのひとりを、わたしの祭壇さいだんからたないであろう。かれのこされてそのきはらし、こころいためるであろう。またあなたのいえうまるものは、みなつるぎにぬであろう。

    34 あなたのふたりのホフニとピネハスのおこることが、あなたのためにそのしるしとなるであろう。すなわちそのふたりはともおなぬであろう。

    35 わたしは自分じぶんのために、ひとりの忠実ちゅうじつ祭司さいしおこす。そのひとはわたしのこころおもいとにしたがっておこなうであろう。わたしはそのいえ確立かくりつしよう。そのひとはわたしがあぶらそそいだものまえにつねにあゆむであろう。

    36 そしてあなたのいえのこっている人々ひとびとはみなきて、かれに一まいぎんと一のパンをもとめ、「どうぞ、わたしを祭司さいししょくの一つににんじ、一口ひとくちのパンでもべることができるようにしてください」とうであろう』」。