サムエル記上28
    脚注
    Theme

    第28章

    1 そのころ、ペリシテびとがイスラエルとたたかおうとして、いくさのために軍勢ぐんぜいあつめたので、アキシはダビデにった、「あなたは、しかと承知しょうちしてください。あなたとあなたの従者じゅうしゃたちとは、わたしとともて、軍勢ぐんぜいくわわらなければなりません」。

    2 ダビデはアキシにった、「よろしい、あなたはしもべがなにをするかをられるでしょう」。アキシはダビデにった、「よろしい、あなたを終身しゅうしんわたしの護衛ごえいちょうとしよう」。

    3 さてサムエルはすでにんで、イスラエルのすべてのひとかれのためにかなしみ、そのまちラマにほうむった。またさきにサウルは口寄くちよせやうらなをそのから追放ついほうした。

    4 ペリシテびとがあつまってきてシュネムにじんったので、サウルはイスラエルのすべてのひとあつめて、ギルボアにじんった。

    5 サウルはペリシテびとの軍勢ぐんぜいおそれ、そのこころはいたくおののいた。

    6 そこでサウルはしゅうかがいをたてたが、しゅゆめによっても、ウリムによっても、預言者よげんしゃによってもかれこたえられなかった。

    7 サウルはしもべたちにった、「わたしのために、口寄くちよせのおんなさがしなさい。わたしはってそのおんなたずねよう」。しもべたちはかれった、「よ、エンドルにひとりの口寄くちよせがいます」。

    8 サウルは姿すがたえてほかの着物きものをまとい、ふたりの従者じゅうしゃともなってき、よるあいだに、そのおんなところにきた。そしてサウルはった、「わたしのために口寄くちよせのじゅつって、わたしがあなたにげるひとおこしてください」。

    9 おんなかれった、「あなたはサウルがしたことをごぞんじでしょう。かれ口寄くちよせやうらなをそのくにからほろぼしました。どうしてあなたは、わたしのいのちにわなをかけて、わたしをなせようとするのですか」。

    10 サウルはしゅをさして彼女かのじょちかってった、「しゅきておられる。このことのためにあなたがばつけることはないでしょう」。

    11 おんなった、「あなたのためにだれをおこしましょうか」。サウルはった、「サムエルをおこしてください」。

    12 おんなはサムエルをとき大声おおごえさけんだ。そしてそのおんなはサウルにった、「どうしてあなたはわたしをあざむかれたのですか。あなたはサウルです」。

    13 おう彼女かのじょった、「おそれることはない。あなたにはなにえるのですか」。おんなはサウルにった、「かみのようなかたがからのぼられるのがえます」。

    14 サウルは彼女かのじょった、「そのひとはどんな様子ようすをしていますか」。彼女かのじょった、「ひとりの老人ろうじんがのぼってこられます。そのひと上着うわぎをまとっておられます」。サウルはそのひとがサムエルであるのをり、にひれしてはいした。

    15 サムエルはサウルにった、「なぜ、わたしをおこして、わたしをわずらわすのか」。サウルはった、「わたしは、ひじょうになやんでいます。ペリシテびとがわたしにかっていくさをおこし、かみはわたしをはなれて、預言者よげんしゃによっても、ゆめによっても、もはやわたしにこたえられないのです。それで、わたしのすべきことをるために、あなたをびました」。

    16 サムエルはった、「しゅがあなたをはなれて、あなたのてきとなられたのに、どうしてあなたはわたしにうのですか。

    17 しゅは、わたしによってかたられたとおりにあなたにおこなわれた。しゅ王国おうこくを、あなたのからきはなして、あなたの隣人りんじんであるダビデにあたえられた。

    18 あなたはしゅこえしたがわず、しゅはげしいいかりにしたがって、アマレクびとをほろぼさなかったゆえに、しゅはこのことを、この、あなたにおこなわれたのである。

    19 しゅはまたイスラエルをも、あなたとともに、ペリシテびとのわたされるであろう。あすは、あなたもあなたのらもわたしと一緒いっしょになるであろう。またしゅはイスラエルの軍勢ぐんぜいをもペリシテびとのわたされる」。

    20 そのときサウルは、ただちに、び、たおれ、サムエルの言葉ことばのために、ひじょうにおそれ、またそのちからはうせてしまった。その一にち食物しょくもつをとっていなかったからである。

    21 おんなはサウルのもとにきて、かれのおののいているのをった、「あなたのつかえめは、あなたのこえしたがい、わたしのいのちをかけて、あなたのわれた言葉ことばしたがいました。

    22 それゆえいまあなたも、つかえめのこえしたがい、一口ひとくちのパンをあなたのまえにそなえさせてください。あなたはそれをめしあがってちからをつけ、みちってください」。

    23 ところがサウルはことわってった、「わたしはべません」。しかしかれのしもべたちも、そのおんなもしいてすすめたので、サウルはその言葉ことばきいれ、からきあがり、とこうえにすわった。

    24 そのおんないええたうしがあったので、いそいでそれをほふり、また麦粉むぎこをとり、こねて、たねれぬパンをき、

    25 サウルとそのしもべたちのまえってきたので、かれらはべた。そしてかれらはがって、そのよるのうちにった。