聖典
サムエル記上14
戻る 次へ

第14章

1 ある、サウルのヨナタンは、その武器ぶき若者わかものに「さあ、われわれはこうがわの、ペリシテびとの先陣せんじんわたってこう」とった。しかしヨナタンはちちにはげなかった。

2 サウルはギベアのはずれで、ミグロンにある、ざくろのしたにとどまっていたが、ともにいたたみはおおよそ六百にんであった。

3 またアヒヤはエポデをけてともにいた。アヒヤはアヒトブの、アヒトブはイカボデの兄弟きょうだい、イカボデはピネハスの、ピネハスはシロにおいてしゅ祭司さいしであったエリのである。たみはヨナタンがかけることをらなかった。

4 ヨナタンがペリシテびとの先陣せんじんわたってこうとするわたりには、一方いっぽうけわしいいわがあり、他方たほうにもけわしいいわがあり、一方いっぽうをボゼヅといい、他方たほうをセネといった。

5 いわの一つはミクマシのまえにあってきたにあり、一つはゲバのまえにあってみなみにあった。

6 ヨナタンはその武器ぶき若者わかものった、「さあ、われわれは、この割礼かつれいなきものどもの先陣せんじんわたってこう。しゅがわれわれのためになにおこなわれるであろう。おおくのひとをもってすくうのも、すくないひとをもってすくうのも、しゅにとっては、なんのさまたげもないからである」。

7 武器ぶきものかれった、「あなたののぞみどおりにしなさい。わたしは一緒いっしょにいます。わたしはあなたとおなこころです」。

8 ヨナタンはまたった、「われわれは、あの人々ひとびとところわたっていって、かれらにあらわそう。

9 そして、もしかれらがわれわれに、『こちらからくまでて』とうならば、われわれはそのにとどまり、かれらのところのぼっていかないであろう。

10 しかし、もしかれらが『われわれのところへのぼってこい』とうならば、われわれはのぼってこう。しゅかれらをわれわれのわたされるからである。これをもってしるしとしよう」。

11 こうしてふたりはペリシテびとの先陣せんじんに、そのあらわしたので、ペリシテびとはった、「よ、ヘブルびとが、かくれていたあなからてくる」。

12 先陣せんじん人々ひとびとはヨナタンと、その武器ぶきものさけんでった、「われわれのところにのぼってこい。に、ものせてくれよう」。ヨナタンは、その武器ぶきものった、「わたしのあとについてのぼってきなさい。しゅかれらをイスラエルのわたされたのだ」。

13 そしてヨナタンはよじのぼり、武器ぶきものもそのあとについてのぼった。ペリシテびとはヨナタンのまえたおれた。武器ぶきものも、あとについていってペリシテびとをころした。

14 ヨナタンとその武器ぶきものとが、手始てはじめにころしたものは、おおよそ二十にんであって、このことは一くびきのうしたがやはたけのおおよそ半分はんぶんうちおこなわれた。

15 そして陣営じんえいにいるものにいるもの、およびすべてのたみ恐怖きょうふおそわれ、先陣せんじんのもの、および略奪りゃくだつたいまでも、おそれおののいた。またふるうごき、非常ひじょうおおきな恐怖きょうふとなった。

16 ベニヤミンのギベアにいたサウルの番兵ばんぺいたちがると、ペリシテびとの群衆ぐんしゅうはくずれて右往左往うおうさおうしていた。

17 そのときサウルは、ともにいるたみった、「人数にんずう調しらべて、われわれのうちのだれがったかをよ」。人数にんずう調しらべたところ、ヨナタンとその武器ぶきものとがそこにいなかった。

18 サウルはアヒヤにった、「エポデをここにってきなさい」。そのとき、アヒヤはイスラエルの人々ひとびとまえでエポデをけていたからである。

19 サウルが祭司さいしかたっているあいだにも、ペリシテびとの陣営じんえいさわぎはますますおおきくなったので、サウルは祭司さいしった、「きなさい」。

20 こうしてサウルおよびともにいるたみみなあつまってたたかいにた。ペリシテびとはつるぎをもって同志どうしちしたので、非常ひじょうおおきな混乱こんらんとなった。

21 またさきにペリシテびととともにいて、かれらととも陣営じんえいにきていたヘブルびとたちも、ひるがえってサウルおよびヨナタンとともにいるイスラエルびとにつくようになった。

22 またエフライムの山地さんちかくしていたイスラエルびとたちもみな、ペリシテびとがげるといて、かれらもまたたたかいにて、それを追撃ついげきした。

23 こうしてしゅはそのイスラエルをすくわれた。そしてたたかいはベテアベンにうつった。

24 しかしそのイスラエルの人々ひとびとくるしんだ。これはサウルがたみちかわせて「夕方ゆうがたまで、わたしがてきにあだをかえすまで、食物しょくもつべるものは、のろわれる」とったからである。それゆえたみのうちには、ひとりも食物しょくもつくちにしたものはなかった。

25 ところで、たみがみなもりなかにはいると、のおもてにみつがあった。

26 たみもりにはいったときみつのしたたっているのをた。しかしだれもそれをってくちにつけるものがなかった。たみちかいをおそれたからである。

27 しかしヨナタンは、ちちたみちかわせたことをかなかったので、べてつえのさきみつばちのひたし、ってくちにつけた。するとかれがはっきりした。

28 そのときたみのひとりがった、「あなたのちちは、かたくたみちかわせて『きょう、食物しょくもつべるものは、のろわれる』とわれました。それでたみつかれているのです」。

29 ヨナタンはった、「ちちくになやませました。ごらんなさい。このみつをすこしなめたばかりで、わたしのがこんなに、はっきりしたではありませんか。

30 まして、たみがきょうてきからぶんどったものを、じゅうぶんべていたならば、さらにおおくのペリシテびとをころしていたでしょうに」。

31 そのイスラエルびとは、ペリシテびとをって、ミクマシからアヤロンにおよんだ。そしてたみは、ひじょうにつかれたので、

32 ぶんどりものに、はせかかって、ひつじうしうしって、それをうえころし、のままでそれをべた。

33 人々ひとびとはサウルにった、「たみのままでべて、しゅつみおかしています」。サウルはった、「あなたがたはそむいている。このところへ、わたしのもとにおおきないしをころがしてきなさい」。

34 サウルはまたった、「あなたがたはわかれて、たみなかにはいって、かれらにいなさい、『おのおのうしまたは、ひつじいてきてここでほふってべなさい。のままでべて、しゅつみおかしてはならない』」。そこでたみみな、そのよる、おのおのうしいてきて、それを、そのところでほふった。

35 こうしてサウルはしゅに一つの祭壇さいだんきずいた。これはサウルがしゅのためにきずいた最初さいしょ祭壇さいだんである。

36 サウルはった、「われわれはよるのうちにペリシテびとをってくだり、夜明よあけまでかれらをかすめて、ひとりものこらぬようにしよう」。人々ひとびとった、「いとおもわれることを、なんでもしてください」。しかし祭司さいしった、「われわれは、ここで、かみたずねましょう」。

37 そこでサウルはかみうかがった、「わたしはペリシテびとをってくだるべきでしょうか。あなたはかれらをイスラエルのわたされるでしょうか」。しかしかみはそのこたえられなかった。

38 そこでサウルはった、「たみちょうたちよ、みなこのところちかよりなさい。あなたがたは、よくきわめて、きょうのこのつみきたわけをらなければならない。

39 イスラエルをすくしゅきておられる。たとい、それがわたしのヨナタンであっても、かならななければならない」。しかしたみのうちにはひとりも、これにこたえるものがいなかった。

40 サウルはイスラエルのすべてのひとった、「あなたがたはこうがわにいなさい。わたしとわたしのヨナタンはこちらがわにいましょう」。たみはサウルにった、「いとおもわれることをしてください」。

41 そこでサウルはった、「イスラエルのかみしゅよ、あなたはきょう、なにゆえしもべにこたえられなかったのですか。もしこのつみがわたしにあるか、またはわたしのヨナタンにあるのでしたら、イスラエルのかみしゅよ、ウリムをおあたえください。しかし、もしこのつみが、あなたのたみイスラエルにあるのでしたらトンミムをおあたえください」。こうしてヨナタンとサウルとが、くじにあたり、たみはのがれた。

42 サウルはった、「わたしか、わたしのヨナタンかをめるために、くじをきなさい」。くじはヨナタンにあたった。

43 サウルはヨナタンにった、「あなたがしたことを、わたしにいなさい」。ヨナタンはった、「わたしはたしかににあったつえのさきすこしばかりのみつをつけて、なめました。わたしはここにいます。覚悟かくごしています」。

44 サウルはった、「かみがわたしをいくえにもばっしてくださるように。ヨナタンよ、あなたはかならななければならない」。

45 そのときたみはサウルにった、「イスラエルのうちにこのおおいなる勝利しょうりをもたらしたヨナタンがななければならないのですか。けっしてそうではありません。しゅきておられます。ヨナタンのかみ一すじもおとしてはなりません。かれかみともにきょうはたらいたのです」。こうしてたみはヨナタンをすくったのでかれまぬかれた。

46 サウルはペリシテびとをうことをやめてきあげ、ペリシテびとはそのくにかえった。

47 サウルはイスラエルのおうとなって、周囲しゅういのもろもろのてき、すなわちモアブ、アンモンの人々ひとびと、エドム、ゾバのおうたちおよびペリシテびととたたかい、すべてかうところ勝利しょうりた。

48 サウルはいさましくはたらき、アマレクびとをって、イスラエルびとを略奪者りゃくだつしゃからすくした。

49 さて、サウルのむすこたちはヨナタン、エスイ、およびマルキシュアである。ふたりのむすめつぎのとおりである。すなわちあねはメラブ、いもうとはミカルである。

50 サウルのつまはアヒノアムといい、アヒマアズのむすめである。またぐんちょうはアブネルといい、サウルのおじネルのである。

51 サウルのちちキシとアブネルのちちネルとは、アビエルのである。

52 サウルの一生いっしょうあいだ、ペリシテびととはげしいたたかいがあった。サウルはちからつよひと勇気ゆうきのあるひとるごとに、それをしかかえた。