サムエル記上20
    脚注
    Theme

    第20章

    1 ダビデはラマのナヨテからげてきて、ヨナタンにった、「わたしがなにをし、どのようなわるいことがあり、あなたのちちまえにどんなつみおかしたので、わたしをころそうとされるのでしょうか」。

    2 ヨナタンはかれった、「けっしてころされることはありません。ちちこと大小だいしょうわず、わたしにげないですることはありません。どうしてちちがわたしにそのことかくしましょう。そのようなことはありません」。

    3 しかしダビデはこたえた、「あなたのちちは、わたしがあなたの好意こういをえていることをよくっておられます。それで『ヨナタンがかなしむことのないように、これをらせないでおこう』とおもっておられるのです。しかし、しゅきておられ、あなたのたましいきています。わたしととのあいだは、ただ一です」。

    4 ヨナタンはダビデにった、「あなたがわれることはなんでもします」。

    5 ダビデはヨナタンにった、「あすは、ついたちですから、わたしはおう一緒いっしょ食事しょくじをしなければなりません。しかしわたしをかせて三夕方ゆうがたまで、野原のはらかくれることをゆるしてください。

    6 もしあなたのちちがわたしのことをたずねられるならば、そのときってください、『ダビデはふるさとのまちベツレヘムへいそいでくことをゆるしてくださいと、しきりにわたしにもとめました。そこで全家ぜんかとしまつりがあるからです』。

    7 もしかれが「し」とわれるなら、しもべは安全あんぜんですが、いかられるなら、わたしにがいくわえる決心けっしんでおられるのをってください。

    8 あなたは、しゅまえで、しもべと契約けいやくむすんでくださいました。それでどうぞしもべにいつくしみをほどこしてください。しかし、もしわたしにわるいことがあるならば、あなたみずからわたしをころしてください。どうしてあなたのちちのもとへわたしをいていかなければならないでしょう」。

    9 ヨナタンはった、「そのようなことはけっしてありません。ちちがあなたにがいくわえる決心けっしんをしていることがわたしにわかっているならば、わたしはそれをあなたにげないでおきましょうか」。

    10 ダビデはヨナタンにった、「あなたのちち荒々あらあらしくあなたにこたえられるとき、だれがわたしにげるでしょうか」。

    11 ヨナタンはダビデにった、「さあ、野原のはらていこう」。こうしてふたりは野原のはらった。

    12 そしてヨナタンはダビデにった、「イスラエルのかみしゅが、証人しょうにんです。明日みょうにち明後日みょうごにちいまごろ、わたしがちちこころさぐって、ちちがダビデにたいしていのをながら、ひとをつかわしてあなたにらせないようなことをするでしょうか。

    13 しかし、もしちちがあなたにがいくわえようとおもっているのに、それをあなたにらせず、あなたをがして、安全あんぜんらせないならば、しゅよ、どうぞ幾重いくえにも、このヨナタンをばっしてください。どうぞしゅちちともにおられたように、あなたとともにおられますように。

    14 もしわたしがなおきながらえているならば、しゅのいつくしみをわたしにほどこし、まぬかれさせてください。

    15 またわたしのいえをも、ながくあなたのいつくしみにあずからせてください。しゅがダビデのてきをことごとくのおもてからほろぼされるとき

    16 ヨナタンのをダビデのいえからやさないでください。どうぞしゅがダビデのてきに、あだをかえされるように」。

    17 そしてヨナタンはかさねてダビデにちかわせた。かれあいしたからである。ヨナタンは自分じぶんいのちのようにかれあいしていた。

    18 ヨナタンはダビデにった、「あすはついたちです。あなたのせきがあいているので、どうしたのかとたずねられるでしょう。

    19 には、きびしくたずねられるでしょうから、さきにあなたがかくれた場所ばしょって、こうの石塚いしづかのかたわらにいてください。

    20 わたしはまとるようにして、を三ほん、そのそばにはなちます。

    21 そして、『ってさがしてきなさい』とって子供こどもをつかわしましょう。わたしが子供こどもに、『手前てまえにある。それをってきなさい』とうならば、そのときあなたはきてください。しゅきておられるように、あなたは安全あんぜんで、なに危険きけんがないからです。

    22 しかしわたしがそのともに、『こうにある』とうならば、そのとき、あなたはってきなさい。しゅがあなたをらせられるのです。

    23 あなたとわたしとではなしあったことについては、しゅつねにあなたとわたしとのあいだにおられます」。

    24 そこでダビデは野原のはらかくした。さて、ついたちになったので、おう食事しょくじをするためせきいた。

    25 おうはいつものようにかべりにせきき、ヨナタンはそのかいがわせきき、アブネルはサウルのよこせきいたが、ダビデの場所ばしょにはだれもいなかった。

    26 ところがそのサウルはなにわなかった、「かれなにってけがれたのだろう。きっとけがれたのにちがいない」とおもったからである。

    27 しかし、ふつかすなわち、ついたちのくるも、ダビデの場所ばしょはあいていたので、サウルは、そのヨナタンにった、「どうしてエッサイのは、きのうもきょうも食事しょくじにこないのか」。

    28 ヨナタンはサウルにこたえた、「ダビデは、ベツレヘムへくことをゆるしてくださいと、しきりにわたしにもとめました。

    29 かれいました、『わたしにかせてください。われわれの一族いちぞくまちまつりをするので、あにがわたしにるようにとめいじました。それでもし、あなたのまえめぐみをますならば、どうぞ、わたしにくことをゆるし、兄弟きょうだいたちにわせてください』。それでかれおう食卓しょくたくにこなかったのです」。

    30 そのときサウルはヨナタンにむかっていかりをはっし、かれった、「あなたはこころまがった、そむくおんなんだだ。あなたがエッサイのえらんで、自分じぶんをはずかしめ、またははをはずかしめていることをわたしがらないとおもうのか。

    31 エッサイのがこのきながらえているあいだは、あなたも、あなたの王国おうこくかたっていくことはできない。それゆえいまひとをつかわして、かれをわたしのもとにれてこさせなさい。かれかならななければならない」。

    32 ヨナタンはちちサウルにこたえた、「どうしてかれころされなければならないのですか。かれなにをしたのですか」。

    33 ところがサウルはヨナタンをとうとして、やりをかれかってげたので、ヨナタンはちちがダビデをころそうと、こころめているのをった。

    34 ヨナタンははげしくいかってせきち、そのつきのふつかには食事しょくじをしなかった。ちちがダビデをはずかしめたので、ダビデのためにうれえたからである。

    35 あくるあさ、ヨナタンは、ひとりのちいさい子供こどもれて、ダビデとわせたように野原のはらった。

    36 そしてそのともった、「はしってって、わたしのさがしなさい」。子供こどもはしってあいだに、ヨナタンはかれまえほうはなった。

    37 そして子供こどもが、ヨナタンのはなったのところへったとき、ヨナタンは子供こどものうしろからばわって、「こうにあるではないか」とった。

    38 ヨナタンはまた、そのとものうしろからばわってった、「はやくせよ、いそげ。とどまるな」。そのともひろあつめて主人しゅじんヨナタンのもとにきた。

    39 しかし子供こどもなにらず、ヨナタンとダビデだけがそのことをっていた。

    40 ヨナタンは自分じぶん武器ぶきをそのともわたしてった、「あなたはこれをまちはこんできなさい」。

    41 子供こどもってしまうとダビデは石塚いしづかのかたわらをはなれてちいで、にひれして三敬礼けいれいした。そして、ふたりはたがいくちづけし、たがいいた。やがてダビデはこころいた。

    42 そのときヨナタンはダビデにった、「無事ぶじきなさい。われわれふたりは、『しゅつねにわたしとあなたのあいだにおられ、また、わたしの子孫しそんとあなたの子孫しそんあいだにおられる』とって、しゅをさしてちかったのです」。こうしてダビデはり、ヨナタンはまちにはいった。