聖典
サムエル記上1
戻る 次へ

サムエルじょう

第1章

1 エフライムの山地さんちのラマタイム・ゾピムに、エルカナというひとがあった。エフライムびとで、エロハムのであった。エロハムはエリウの、エリウはトフの、トフはツフのである。

2 エルカナには、ふたりのつまがあって、ひとりのはハンナといい、ひとりのはペニンナといった。ペニンナにはどもがあったが、ハンナにはどもがなかった。

3 このひととしごとに、そのまちからシロにのぼっていって、万軍ばんぐんしゅはいし、しゅ犠牲ぎせいをささげるのをつねとした。シロには、エリのふたりの、ホフニとピネハスとがいて、しゅつかえる祭司さいしであった。

4 エルカナは、犠牲ぎせいをささげるつまペニンナとそのむすこむすめにはみな、そのまえあたえた。

5 エルカナはハンナをあいしていたが、彼女かのじょには、ただ一つのまえあたえるだけであった。しゅがそのたいざされたからである。

6 また彼女かのじょにくんでいるつまは、ひどく彼女かのじょなやまして、しゅがそのたいざされたことをうらませようとした。

7 こうしてとしれ、としけたが、ハンナがしゅみやのぼるごとに、ペニンナは彼女かのじょなやましたので、ハンナはいてべることもしなかった。

8 おっとエルカナは彼女かのじょった、「ハンナよ、なぜくのか。なぜべないのか。どうしてこころかなしむのか。わたしはあなたにとって十にんどもよりもまさっているではないか」。

9 シロでかれらがいしたのち、ハンナはちあがった。そのとき祭司さいしエリはしゅ神殿しんでんはしらのかたわらのにすわっていた。

10 ハンナはこころふかかなしみ、しゅいのって、はげしくいた。

11 そしてちかいをててった、「万軍ばんぐんしゅよ、まことに、はしためのなやみをかえりみ、わたしをおぼえ、はしためをわすれずに、はしためにおとこたまわりますなら、わたしはその一生いっしょうのあいだしゅにささげ、かみそりをそのあたまにあてません」。

12 彼女かのじょしゅまえながいのっていたので、エリは彼女かのじょくちをとめた。

13 ハンナはこころのうちでものっていたので、くちびるがうごくだけで、こえきこえなかった。それゆえエリは、っているのだとおもって、

14 彼女かのじょった、「いつまでっているのか。いをさましなさい」。

15 しかしハンナはこたえた、「いいえ、わがしゅよ。わたしは不幸ふこうおんなです。ぶどうしゅさけんだのではありません。ただしゅまえこころそそしていたのです。

16 はしためを、わるおんなおもわないでください。つもうれいとなやみのゆえに、わたしはいままでものっていたのです」。

17 そこでエリはこたえた、「安心あんしんしてきなさい。どうかイスラエルのかみがあなたのもとめるねがいをきとどけられるように」。

18 彼女かのじょった、「どうぞ、はしためにも、あなたのまえめぐみをさせてください」。こうして、そのおんなって食事しょくじし、そのかおは、もはやかなしげではなくなった。

19 かれらはあさはやきて、しゅまえ礼拝れいはいし、そして、ラマにあるいえかえってった。エルカナはつまハンナをり、しゅ彼女かのじょかえりみられたので、

20 彼女かのじょはみごもり、そのときめぐってきて、おとこみ、「わたしがこのしゅもとめたからだ」といって、そのをサムエルとづけた。

21 エルカナそのひととその家族かぞくとはみなのぼっていって、としごとの犠牲ぎせいと、ちかいのそなものとをささげた。

22 しかしハンナはのぼってかず、おっとった、「わたしはこの乳離ちばなれしてから、しゅまえれていって、いつまでも、そこにおらせましょう」。

23 おっとエルカナは彼女かのじょった、「あなたがいとおもうようにして、この乳離ちばなれするまでちなさい。ただどうかしゅがそのわれたことを実現じつげんしてくださるように」。こうしてそのおんなはとどまって、そのちちをのませ、乳離ちばなれするのをっていたが、

24 乳離ちばなれしたとき、三さい雄牛おうしとう麦粉むぎこ一エパ、ぶどうしゅのはいったかわぶくろ一つをり、そのれて、シロにあるしゅみやった。そのはなおおさなかった。

25 そしてかれらはそのうしころし、子供こどもをエリのもとへれてった。

26 ハンナはった、「わがきみよ、あなたはきておられます。わたしは、かつてここにって、あなたのまえで、しゅいのったおんなです。

27 このあたえてくださいと、わたしはいのりましたが、しゅはわたしのもとめたねがいをきとどけられました。

28 それゆえ、わたしもこのしゅにささげます。この一生いっしょうのあいだしゅにささげたものです」。そしてかれらはそこでしゅ礼拝れいはいした。